「心をひとつに、愛は無限に、わたしはここに」  -ここに還ることをあなたは知っている-

あなたがあなたに届けてください。
思いで全てが繋がりひとつになる。
命はあなたの為にある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みんな知識から入ろうとしてしまう

2016-09-15 08:51:16 | 17いつも側にいる言...
敦賀での武将会議は、あれで良かったのか? というような内容でありましたが、歴史知らない者同士で集まるものじゃないよなってもんでした。
ぜひ、歴女とか詳しい人と語らいたいもんです。



「いつも側にいる言霊師-まき-」です。
いつも側にいます。いるけど、いることに気づいてもらえないものです。
それでも側にいます。いついかなる時も離れたことはありません。
待っていてわかる時は、関わる人が「気づいた」から、その恩恵で気づいているに過ぎません。
自発的に気づきに繋げられるといいけれど、みんな「やって〜」と頼むの好きです。
その結果、肉体を失うことになるかも知れないけれど、それも願い通りだからどこに進んでも苦はありません。




敦賀1週間の滞在が終わりました。
ポケモンGOをしまくりました。
遊びほうけてみるってのも面白いものですよね。
全く意味がないことをする。
そう、意味がない。
遊びほど意味がないものはない。
楽しい、面白い、ってはもちろんあるから「意味ある」とするのは自由だけれどね。


でも、そうしたものに対して「苛立ち」や「事故」などが伴う世界を創り上げる自分の心ってどこに住んでいるのかね。


わたしの目にも、ニュースとしていたたまれないものは届きます。
因果関係のエネルギーを読み解こうと思えば読み解けますし、読んだところで物事が大きすぎて、個人的な問題じゃないことも多々あるので、放置しています。


全体性の問題は、全体として気づいていく必要があるからです。


手の届かないことを口にしても仕方がないので、手の届くこと、特に自身の心に関しては出来ることはいくらでも残っているのでそこにアプローチしていきます。


敦賀の美人セラピスト、阿瀬井香織とガッツリセッションして粗方のブロックは外しまくりました。
彼女の凄いところは、指摘されたら、その場で気持ちを差し替えることが出来るということ。


表裏構造などでも、心を開くことがどれだけ困難か? って体験ワークで、彼女だけその場で心開いて見せて、みんなの前で泣き出す姿を晒しました。
泣くとも思わずにやって、結果、泣き出した。というものです。
そう、やれる人は、先のことなど考えていません。予測しません。
いきなり全霊かけて挑みます。
全霊とまでは行きませんでしたが、開かずの扉をいくつか開いたのは確かなこと。



こうした自身の心を、指摘されたその場、エゴを見つけたその瞬間に次元シフトするタイミングが訪れていることに気づいているか否かということです。


次元上昇でも次元シフトでも何でもネーミングはいいんですけどね。



「心を拓いていきましょう」って呼びかけで、心を拓けたら、世話ないです。
「許していきましょう」って言われて、許せたら悩まないものです。


「やる気あるのか?」と突っ込まれて、「はい、あります」って返事しながら、その返事が自身で「嘘ついている」って自覚ある者に、次元の扉は開くわけがない。
 
 
わたしを慕い、尊敬し、師としたところで、「変わる気のない奴」はいくらでもいます。
慕いきれぬ心を見つけ出し、尊敬したくない側面を割り切らずに我がものとし、師匠という言葉で誤魔化す自身の心の闇が見えなければ、何も掴めやしない。
 
 
 
まだ、教わろうとしている。

 
どこかで、救われようとしている。
 

自身の嫌悪感や、不快感は「あるのが正しい」と信じて疑わないでいる。
それが執着した心のフィルターであり、色眼鏡だとするなら、それを外した世界など感じられないことぐらい知性で捉えることさえ怠っているものに、何も伝えようがないことさえ届かない。

 
 

「気持ちを乗せる」ことが出来るか出来ないか。
湧き上がる嫌悪感や不快感に乗ることが出来るかどうか。
まぁ、色々ワークはあるが、エゴからエゴを見ている観察状態から抜け出せないからね。
その客観視が絶望的な手法で、覚醒を阻み続けるものだと気づかないと、どうにもならん。



何度言っても、伝わらないものは伝わらない。
わたしのエゴがなくなると、実はもっと伝わらないしね。
 
 

とまぁ、敦賀の最終日に大きな覚醒が訪れて、またまた世界が変わりました。
何をもってしても、体感して行くしか道はないってことがわかりました。



知識は全くなくていいとは言わない。けれど、どの知識も我がものとしていなければ意味はなく、その知識を越えた体験に繋げられる意志がなければ、これまた意味がない。
言葉は相対して矛盾をはらむもの。

はじめに、全てがある。


数字で1〜9とあるから、1→2→3→4....と思うが、最初から全部ある。
あるものを並べているに過ぎない。次ではない。それぞれが全てだ。
それを体感してわからないことには、理論や法則を身につけたところで、心は自由になることはない。



此岸から彼岸に渡る橋はない。
それに気づきなさい。



「三十三宇宙の言霊師/真霊正(ことたまし)-まき- 隣人と共に見つめる今」
Skype&LINEでも遠隔セッション受け付けています。
「green★garden」まきファン用ブログ。
 ↑
続きアップしました。乳がんについてです。

拠点は広島ですが、全国出張承っています。
気軽にご相談ください。
出張先の詳細が知りたい方はご連絡ください。


ホームページでユーザー登録して頂いた方にはセッション枠でキャンセルが出た場合や次の講座予定のお知らせを一斉メールで送らせて頂いております。

「あんたなんかいらない」と9回、手のひらを見つめながら唱えてみてください♡
無意味に責められる念をはじき返し、与えた人に送り返す力が授かります。

 ↓






『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 願いが叶う | トップ | 表裏構造は受ける人によって違う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

17いつも側にいる言...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。