「心をひとつに、愛は無限に、わたしはここに」  -ここに還ることをあなたは知っている-

あなたがあなたに届けてください。
思いで全てが繋がりひとつになる。
命はあなたの為にある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうじゃないだろう般若心経.11 菩提薩埵2

2016-11-07 10:32:49 | 空海ワールド
PCMアドバンス、素晴らしかったわ。
さらにマスターコースと続く辺りが憎すぎる。
でもまぁ、これで大体のことには触れられたから、あとはわたしなりに構造を解析……するのか?
いやまぁ、独自メソッドの開発していけそうだから、そっちの参考にはなるかもね。


「空海の世界を知る言霊師-まき-」です。
みんな、底辺をとても大事にするよね。
分かりやすく、簡単に、誰でもってな具合に。
けれど、それによる弊害は考えているかな?
知性=抽象的なものだとするなら、一人ひとりが受け止め方が違って構わない教育スタイルでなければ、画一的な教えに従わせるとバカを量産してしまうことになるんだよね。
自分の考えで動くことが出来ない人のことね。
賢く見えても、イレギュラーには対応出来ないってこと。
そして肩書きや年齢という立場を武器に、より正しいものを貶めることが許される世界を構築してしまうの。
それもまた道だけどさ。



底辺には、底辺に向けてのメソッドがあり、関わり方、アプローチ方法があるよね。
そんなものは見向きもせずに、ただ独自の道をひた走って今のわたしがいるので、世の中に出回っているルールブックは、あまり興味がない。
その中でもPCMというコミュニケーションツールは非常に面白かった。
何よりエネルギーが高い!!
でなければ興味持ちようがないけどね。
知性的な質を放つメソッドなんてないよ。ホント!!
具体的になっちゃダメなんだって。
自身で考える力、感じる力、与える力、養う力、受け入れる力が育たないから!!



そんな訳で、高知の表裏構造とかとか、その内新しい体験ワーク型メソッドを通して、素人さんにも触れられるワークを開発していきます。
楽しみにね。



今日の般若心経の一節は「菩提薩埵(ぼだいさった)」です。
般若心経の全体の現代語訳はあるものの、一節ごとの現代語訳はあまり見ないので、わたしなりに紐解いています。
これがまた凄いんだ。
11回目の今回はって感じですけど、順番じゃないあたりが面白いよね。
最初からじゃないの。


これまでの教育って、誰かが翻訳して、それを見て学んで、使うって図式でしょ?
その翻訳がそもそも間違いってことだってあるから、やはり自分で教えを見出せると良いんだよね。
あなたの世界で、あなたなりに、みんなに受け入れられるレベルでさ。


とまぁ、こんな事言っても、わたしだってサラリーマン時代を振り返ると、こんなことする気もなかったし、出来るとも思っていなかったけどね。それでも、「自分で答えを創り出してみなさい」なんて教えに触れられたら、ちょっとワクワクしたかもしれないね。


表裏構造の講座では、11面観音よろしく、11パターンの意識の違いを使い分けるワークがあって、表現が11段活用的に変わるのね。
こういうの体験すると、意識の高い低いがわかるし、言葉や心遣いがどんな風に変わるかわかるから良いんだよね。


そう、だから、こうした翻訳作業も11パターンで見せることだって出来るってものなのね。やらんけど。
それはもう、「心を開きましょう」という雑な読み解き方を展開させたやり方を見せたら十分でしょ?


何を言いたいかと言えば、人の心はこのように使えば、こんなことも出来るよ。誰にだってね! ってことを見せたいの。



菩提薩埵
1.悩みなどないと言うのなら、どうしてここに居るのか自問してみなさい。話を聴きに来ているのは興味本位という言い訳を除いても、迷い彷徨う心がなければ、このような場所に足を運んだりはしません。自分の姿を見ることはとても怖いことです。恐怖に向き合える心が養われているなら、自分の心をあるがまま話して知らせることも出来ます。何よりも他人に対しての不快感を持つ事がなくなります。その上、他人に対して不快感を望まれれば、取り除くことさえ出来ます。それが出来る人なのかどうか自問してみれば、至っていないことがわかります。あれやこれやと、自分の知識を盾に人の話を聴こうとしないのであるなら、自分がここにいる理由を自身で納得できるように話してみなさい。何もわかっていない自分の心がわかります。


2.なるほど! と感心を持つに至るなら、気づいたことを人に伝えて周りなさい。それをしていないのであるなら、何も気づけていないのと同じだと知ることです。あなたにとって深い気づきをもたらす教えに触れられたなら、周りの人にも話してみることです。案外、みんな知っていることかも知れません。知らなかったのは自分だけだと知ることが怖いのです。だから、聴いた話しを伝えようとはしないのです。それが道を間違える元となります。培ってきた知識をさらけ出すことは、自分が大きな間違いをしていることへの宣言にも近い決意を示すことになります。とても怖い体験です。怖いから逃げ出します。そしてみんながよく知っている話しや、自分の言葉ではなく他人の言葉を借りて話し始めて、自分を消していきます。あなたに届けられた「なるほど!」と思えたものも、あなたに届いていないことが伝えない姿から見て取れます。


3.自分がわかったことを人に伝えて、伝わらないことを人のせいにしないことです。自分は上手く行く。だから出来ている。その教えや解釈は正しいと感じるものですが、そうではないってことです。どれだけ深い学びを重ねたとしても、相手が尋ねているにも関わらず、あなたの話が伝わらないことそのものが、あなたにとっての学びだと気づけないほど浅い学びしかしていないのです。自分を偽る限り、この教えすら耳に届きません。学ぼうとしていない者に、伝える術はありません。学ぼうとしていない者に、届ける言葉も真言もなく、本人が行く先で困ったことが起きていると直面し、それを困ったと自覚出来ない限り改められません。それほど、心は自分に嘘をつくものです。この教えに触れ、我が道を行くと考えた者に、この教えは届かないことが証明されたのです。わかる者は、共に歩きます。


4.優しさに触れられて、心動かされた体験があるならわかるものです。真の教えに触れるなら、理屈抜きで感じてしまうものです。そうしたものを与えられる人であることです。人から教わった教えで、人の心は動かぬものだと知りなさい。大切なのは、あなたの心がどれだけの苦難を乗り越えてきているかに寄ります。望まれたときに、望まれた姿で現れることが出来るなら、それを菩薩と呼ぶこととなるでしょう。望まれていないのに、表れるのは名を語る者です。生きた言葉は話すものです。死んだ言葉は語るものです。その場その時、その人にしか届かぬ物言いをしてあげなさい。相手の心を見ていれば、そのように振る舞うしかないことがわかります。教えではそれは出来ません。心を通い合わせなさい。こんな教えなど捨てて、あなたの心で人と繋がることが、何よりの気づきをもたらすものです。言う前に動いているあなたは、菩薩です。




とまぁ、4番目は辛辣な言葉とは裏腹に、あなたこそ菩薩だと知らせているものなのですね。
こうして教えは、捉える領域によって変わるものです。


1度目の菩提薩埵は、個として。
2度目の菩提薩埵は、全として。


感じられるものがあれば幸いです。



「三十三宇宙の言霊師/真霊正(ことたまし)-まき- 隣人と共に見つめる今」
Skype&LINEでも遠隔セッション受け付けています。
「green★garden」まきファン用ブログ。
拠点は広島ですが、全国出張承っています。
気軽にご相談ください。
出張先の詳細が知りたい方はご連絡ください。


ホームページでユーザー登録して頂いた方にはセッション枠でキャンセルが出た場合や次の講座予定のお知らせを一斉メールで送らせて頂いております。

自分から動きなさい♡
 ↓




『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうじゃないだろう般若心経.... | トップ | ここに来なさい(PCMにおける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

空海ワールド」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。