「心をひとつに、愛は無限に、わたしはここに」  -ここに還ることをあなたは知っている-

あなたがあなたに届けてください。
思いで全てが繋がりひとつになる。
命はあなたの為にある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実力もないくせに

2016-12-20 07:51:03 | 02爽快と痛快の真霊正
ガンダムネタはいかがでした?
まぁ、たまにはあんなものもね。
戦争そのものが不毛なものだし、愚の骨頂としか思えない類いだからね。
アニメといえど、それを織り込めないドンパチしかない内容の薄い作品は、これから更に作れなくなっているのじゃないかな?



「爽快と痛快の真霊正(ことたまし)-まき-」です。
エゴでも爽快を感じられるし、真心でも痛快に陥るものでもあるから、この両者が見極めがつかなくてみんな困るのね。
だから、師が必要だし、実践の中で身につけていくしかないのね。
一人ひとりの解釈も価値感も違う中で、その人に必要なものを与えることは難しくもあり、簡単でもあります。



心のメカニズムを紐解くのが大好きなので、やっているうちにいっぱい色んな事が分かる様になったのが言霊師です。
今日は真霊正と名乗ってますけどね。
まぁ、どっちでもいいです。



今だと、簡単に誘導もできるので、どんな状態にならないとダメなのかもわかるから、その状態はNG。この状態ならOK。と伝える事さえ可能です。
とはいえ、初心者がいきなり内観の門を開けようと、深みに入り込むものではないです。
来てもいいです。
いきなりの大変容を望むと、そのフィードバックは結構しんどいです。
徐々にってやっていても、寝込む事があるので、その実どちらも変わりないのかも知れないって思う事もあります。
ま、頭痛やしんどいときは回復に努める事です。



「実力もないくせに」


今日は、こんな台詞を取り上げたいと思います。


この鼻で笑う感覚。
見下し感満載の言葉。


言う方、言われる方、それぞれあるかと思いますが、「実力がない」という目に見えてわかる結果について攻撃してくるので、反論のしようがありません。例え、実力を隠しとぼけた姿を演じていたとしても、程度の低い評価に対して関わる気がないので、自己弁護などする気もないので、相手には「実力がないまま」として映ります。



これはプロモーター(立役者)に見られる心の傷から出て来る言葉の一例を挙げてみましたが、現実の結果を重視する傾向があります。役に立つか、使えるか、必要なのか、ごたくはいいから、結果を残せ! 的な辛辣克つ、完結な目的意識があったりします。



「実力もないくせに」


この心を支えるのは何か?


実力があったとしても決して認めてもらえない寂しさがあるのです。


プロモーターの傷はどんなことがあっても埋め合わせられないものだと思ってください。
シンカー、パシスターよりも根深く、手に負えない類いとも言えます。


結果を残そうが、何を示そうが、満たされない空虚感が残り続けるものです。


プロモーターの心の傷を辿るには、現実とは裏腹の世界を望んでいることを認めて行くしかありません。


「実力もないくせに」


と、言い放ってしまう人でも、自分が一番望んでいるあの人からの褒め言葉はないのです。
実力を認めてもらう事は決してありません。


心の傷は、現実でも同じことが起きます。
追体験的に、繰り返し傷に塩を塗り込むこととなります。


プロモーターの場合、大体は両親との間に軋轢(あつれき)が生じます。
夫婦、恋人など親密な間柄との間の問題です。
だから特定の人にしか出てこないことが多く、その人以外は実力を認めてくれても、肝心な人だけがいないのです。
これがたまらなく辛いのですが、実際はシャットアウトして無視する境地に逃げ込みますのでどうにもなりません。
親とて、疎遠にしていたり、形式通りに付き合っていれば、実力を認められなくても問題にならないのです。



心を掘り返していく上で、自分にとって触れたくないものに触れていく勇気が欠かせません。



親とて人の子です。
欠点もあれば、汚いところもあるものです。
親が偉大だと見ていた思いが崩れ去るのを恐れている人もいれば、親の程度が低くて幻滅していたのは、本当はそうじゃないよね? って期待大な思いに溢れていることもあったりします。


何よりも、親やパートナーの実態を知るのが怖かったりするのです。


愛していないとか、見せかけでしかないと気づきたくない場合です。
確かめようがなくなります。
例え確かめても、安堵できればいいけれども、「嘘つかれた感」が湧いた場合はどうしようもなくなります。
本当だと思い込もうとしても、出来ないからです。



結局、落ち着き先は見せかけの良好な関係になるか、険悪な関係で疎遠を続けるところに落ち着きます。



親やパートナーに「実力はない」から「実力もないくせに」というのか、「実力はあったけど、それを隠されて見えないことに気づいていない」から「実力もないくせに」と歪んで見てしまっているのか?



あれやこれや考えて、答えが出ないのがプロモーターの傷の特徴です。
袋小路に追いやられていくか、巡ってしまうかです。



それだけ触れたくないものです。



もっとも触れたくないものに辿り着ける覚悟がある人は、掘り下げていけます。



「愛されていない」もしくは「愛されていた」ことを認めていく道でもあります。


尊敬できるところ、実力があるところ、真っ当なことを伝えてくれたこと、などなど、様々な状況証拠で「愛されている」としておきたい思いがあったりします。


もしくは、全く尊敬できない、実力がない、デタラメばかりで苦しめられたこと、などなど、様々な状況証拠で「愛されていない」としておきたい思いがあったりするのです。



単純に、それらをひっくり返せば答えに辿り着きます。


やっぱり愛されていなかったんだ。


なーんだ愛されていたんだ。



この両者の結末には、過程が大事で結末だけ知らされても納得が行きません!!
プロモーターは結論から言え! ってタイプですけど、結論を見せられても動揺するだけで、ブロックは外れたりしません。
難解さはそうした部分にあります。



みんな答えくらいは知っているのです。辿り着いているのです。教わっているのです。
でも、過程を見たがらないのがプロモーターの特徴です。
シンカーのように過程だけを大事にして、結論に辿り着かないと、イライラしちゃう訳ですね。



と言っても、いろんなことが複合的に育たないと、結論から過程を導き出す力も、過程の結果そもそも何が間違っていたかを導き出す力も養えませんけどね。



内観など、自分を知る道は一筋縄には行きません。
転んで転んで、また転んで、その中から這い上がっていく道しかないと思っていいほど容易くはないです。


苦行や修行の時代は終わっています。
だから、里の行で交流しながら、自分の姿に気づいて行く道を歩かされているなんて表現があります。


じゃ、本当に苦行や修行は終わったの? 里の行って納めた者が言っているの? 納め中の中途半はな奴が言っているの?


「実力もないくせに」もっともらしいことを言っている奴の事を真に受けて従っているの?


マジ?


正気?


わたしからしたら、実力があるってさ、釈迦とかイエスとかの境地に立って見せてこそいうとかじゃない? なんて辛辣なことを書いてみたりする。んでもって、相も変わらず気づきが起きている点からしたら、実力は備わってない訳ですよ。


だから、わたしに対して「実力もないくせに」と言われるのは致し方ない訳ですね。残念だけど、仕方がない。自分の見たいようにしか見られない世界ですからね。


心の裏側を覗いていくのは大変だけれど、実力は身につけていくしかありません。
現実としてお金を稼げない人では、端っから話にならないところもあります。


稼ぐ事さえ出来ない人が、ごたくを並べることなど許される訳がありません。
金銭的な重要性を今日まで、養えない精神性の脆弱者は、言い訳にもならないのです。


相対的な想念の結果、身動き取れない精神状態に追い込まれることはあります。
でも、そこから抜け出すことも出来ない訳じゃありません。
結局は、自分が甘んじてそれを受け入れている心があるのです。



稼げなくて困っているから、お金のブロック外してと、心の傷のせいにしないことです。
傷はあっても稼げます。実力もないくせに、すぐブロックだとか、何かに影響受けているんだとかといって言い訳する。
なーんて、辛辣な言葉が並びます。


そして、「どーせわたしなんか」と言い出します。


変わりたいといいながら、変わりたくない心に染め上げていくので、覚悟の程が知れます。



自分で道を切り拓いていく気がない者が、強者や、上に立つ者、親やパートナーに対して、不平不満を言い出します。


この場合は「実力があるくせに」と内心思っている訳です。
実力があるのに、わたしを大事にしないってどういう了見? とかなんとかです。
浅ましいですよね。


気づいて行くには、自分から安住の地を離れる必要があります。
こここそが常識的にも、倫理的にも適切な場所だと思えたところを自分から捨て去る勇気がいります。


そこまで辿り着ける精神性を身につけてください。
その時、世界は変わり出します。


「三十三宇宙の言霊師/真霊正(ことたまし)-まき- 隣人と共に見つめる今」
Skype&LINEでも遠隔セッション受け付けています。
「green★garden」まきファン用ブログ。
拠点は広島ですが、全国出張承っています。
気軽にご相談ください。
出張先の詳細が知りたい方はご連絡ください。

 
ホームページでユーザー登録して頂いた方にはセッション枠でキャンセルが出た場合や次の講座予定のお知らせを一斉メールで送らせて頂いております。

残念な気持ちに浸ることで見えてくる世界がある♡
 ↓




『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認めたくないものだな | トップ | 奴とのざれごとはやめろ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひで)
2016-12-20 16:33:41
わたしに出来ることしか出来ません、出来ないことは出来ません、認められたら出来るようになるのにと

出来ないことすらも認めてくれていたんだと気づきました

わたしの出来ることをしていきます
Unknown (ひで)
2016-12-21 10:54:24
あれ、言葉が足らない

「なのに認めてくれたら出来るようになるのにと思ってました」

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

02爽快と痛快の真霊正」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。