「心をひとつに、愛は無限に、わたしはここに」  -ここに還ることをあなたは知っている-

あなたがあなたに届けてください。
思いで全てが繋がりひとつになる。
命はあなたの為にある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言霊ブログ 引っ越ししています

2017-01-15 16:10:03 | 01見えないものが見...
長らくgooブログを活用させていただいていましたが、ブログの引っ越しのご案内です。


「真の道」真霊正の言霊ブログにて、続きを書いています。


仕切り直しは、何度目か。

アメブロも閉鎖して、ブログ記事全部消しましたからね。


ここも、言霊士の段階から、真霊正となり、言霊師に至っている変化もあります。


ようやく穴蔵から抜け出してきた感じですわ。

社会生活復帰です。www


今まで、社会生活していないってもんでしたわ。


なるほど、納得です。出て来てみればですがね。とはいえ、あまり変わりもしないかも知れませんが、この世の中の偏り具合をもちっと正していきませんとね。

しかもわかりやすくです。


そんなわけで、このブログはいずれ閉鎖の憂き目に合うやも知れません。
膨大なカウンセリング技術というか知識も溢れております。


これ、読み込むだけでもわかる人なら、独立して開業することが出来るってレベルのことが書いてあるとは思うんですよ。
難解なのは、それだけ知識差があるってだけで、伝えることよりも、真道の心の整理の為に書き記したものって扱うと、解釈は変えられるんじゃないかな。


人に伝えようとして書いている類いじゃないってことね。


みんなさ、出力(書き出すこと、口で人に伝えること)することを舐めすぎているよ。
話すこととかね。語ることは誰だって出来る。といっても、語ることさえ出来ない人もいるけどね。
語ることも出来ないなら、何もする気などないってことにもなる。


詰め込みの知識で、この先の時代に対応することなんて出来やしないよ。
全て、コンピューターや機械が代わりにしてくれるし、安価な外国人労働者や、海外に委託して済ませられるものは全部移してしまう。



なんの苦労もせず、難しいことにも挑まず、わかりやすいものだけ選んで、読めないものは読めないとしたままの精神性で、何をしようっての?


そんなんだから、人とのコミュニケーションひとつまともに出来なくなるの。
そして、人を批判して見下して、自分は正しいと意固地になって、捨てられていくのよ。



まぁ、わたしも思いっきり捨てられてみましたわ。
んで、捨てられてやりましたよ。社会からドロップアウトして、自分を立ち直らせるまで何年かかったやら。


揺るぎない自分を確立するまでに、莫大な時間と労力を費やしましたけど、それに見合うだけの変化を手にしました。
まだ変化の余地はいくらでも残っていますが、あとは社会復帰しながら、リハビリがてらやっていきます。



自分を変えられるのは自分だけです。


真の道、よろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

まさか! 全然違うやん!

2017-01-11 09:58:00 | 08力を与える言霊師
言霊師まきのブログへようこそ。

わざわざ読みに来ていただけるということは、何かしら「見えない世界」「心について」「不快さを解消したい」「苦しんでいる」ことについて、出口を探し求めているからこれを読んでいるのです。

言霊師として自称していますが、「真言宗」の「真言」=「言霊」と捉えて差し障りはありません。言葉→言霊に転換する力を持っているので「真霊正(ことたまし)」と名乗らせていただいています。

ペラペラの葉っぱと変わりない言葉は、これはこれで大事です。
けれども、伝わって欲しいものが伝わらないもどかしさ、不愉快さを乗せるとか、優しさが仇になるとか、誤解の元となるものでもありますが、言葉しか知らない者同士だと円滑に交流が出来たりもするので問題になっていないとも言えます。なので、今更言葉から言霊に転換して、力を取り戻す必要があるのか? というと「ない」とも言えるのです。ただ「ある」と言う方が、わたしは好きです。何故なら、それが自然体でいられるからです。


わたしはかつて、誤解されることが嫌でたまらず、自ずと誤解なきように、言葉を重ねて、あらゆる方向性から嫌われぬようにフォローする言葉で補っていた時代がありました。結果、嫌われていくのです。仲良くなるほどにね。気兼ねがいらなくなると、ダメになっていきます。



このように、言葉のやり取りで、人間関係を悪くしている人はたくさんいると思います。

じゃ、その言葉ってなんなの?
言葉の意味って知っているの? 別の言葉で解説できるの?
と、問われたこともない質問をされたとき、答えられる自分がいるのかどうかが、その言葉の深みを掌握しているかです。


【言葉】覚醒
1.口から出て来た思い。
2.口にしたくない気持ち。
3.苦痛が伴う行為。
4.わかっていない感覚から出る誤魔化し。


これを言葉として認識してみてください。
言葉の本質を追究すると、このように解釈が生まれます。
ここでは、辞書にないことを説明しています。
失われた言霊から言葉になってしまった理由はさておきとして、今は言葉を使うしかありません。
それでも、言霊に切り換えることが出来るなら、人とのコミュニケーションは円滑に回るようになるものです。

【言葉】想念(誤解されている解釈)
1.正しい思い。
2.気持ちが表れたもの。
3.意味を要約してまとめられた一句。
4.人それぞれ解釈が違う曖昧なもの。


これが現在、自然に使われている言葉としての感覚だと捉えてください。
言葉ひとつ解釈を取り上げても、想念から覚醒とした意味を持ち直すだけでも、言葉を使う度に苦痛を抱くことがわかり、相手からも伝わることがわかれば、それを正していける道が拓けます。
言葉にした瞬間、それは識別できるのです。
言わなければ分からない。というものです。
言わずとも分かる領域は確かにあり、それを感じ取るのも霊性ではありますが、「言葉ありき」として考える力を養ってください。


【言霊】覚醒
1.放てば伝わるもの。
2.望まれた思いが込められている姿。
3.その通りになる力。
4.知っていること。


【言霊】想念(一般的な解釈)
1.何か力がきっとあるに違いないもの。
2.よくわからないもの。
3.使えないから協調して伝えるもの。
4.言葉が姿を変えるだけで騙されてしまうもの。


一般的な解釈を見ると、4つ目は、「言葉遣い」を「言霊使い」とするだけで、人はコロッと騙されて「なんか凄そうだ」と思い込ませる力があるってことを言うんです。覚醒の方では、4.知っていること。ですから、言霊で話されると、心地よい訳です。不思議と深く頷いてしまう自分に気づけたり、様々な誤解が紐解ける体感がやって来てしまうものです。



これらは、言霊師まきのセッションやスタッフ陣のカウンセリングを受けると実感することが出来る筈です。ただし、あなたが頭を下げることが不可欠です。「相談を受ける」には、「困っている」という事実を認める必要があります。「それ、本当のこと?」とカウンセラーに騙されたらいけないとして、疑って関わり、真偽を確かめてから、受け取ろうという姿勢でいる限り、何一つ受け取れません。

カウンセラーがクライアント(相談者)を仮に騙したとしたら、それは信用問題に関わり自分の首を絞めるだけです。「信じたのに」「確かめたはずなのに」「あの人がいいって言ったから」「こんな扱い受けるなんて思わなかった」など、クライアントさまが、カウンセラーに対してそんな感想を抱くことになるとしたら、それをクレームとして伝えることが適切な対処法です。それをせず、自身の知人や別のカウンセラーに相談するのは間違いだと心得てください。

クレームを正しく言える心が、自身に気づきをもたらせてくれます。
当人に言わず、別の人に相談する限り、「不快な気持ちをまき散らす行為」をしている自身に気づけないのです。別のカウンセラーはあなたの味方になるものです。そしてしばらくしたら、そのカウンセラーに対してもダメ出しして、別のカウンセラーを捜し求めることにもなります。
これが悪口でない場合も生じます。「あの人はもういいかな、次の人素敵〜」と転々としている場合も、自分の心を改める気がないときだと疑う気持ちは必要です。自身の姿勢がどうなのか? 自分で気づくしか手立てはありません。



ここでは、【言葉】と【言霊】の違いを明確化してみました。
そして解釈の誤解の程を区別して見せて、言葉のニュアンスがどんな具合に含まれているのか定義づけしました。これらを踏まえて言葉にすると、それは言霊としての力を帯びてきます。
その為、「知る」ということは、そのまま力になるということです。
霊性の道は、知ることでもあります。
知る為には、知らないことだと自覚する必要があります。
それを認めることは苦しいことですが、「知りません」と言える心を養ってください。
養う力は、あなたにしか出来ません。
自分で自分に対して、どのように扱っているのか自覚し、切り換えていくことです。


同じ言葉を使いながら、含まれている意味が違うものなのです。



このブログに辿り着いたことの意味を考えてみてください。
必要とし続ける価値があるか、自分の今の力で判断してみることです。


反射的な心の作用に翻弄されて生きるのをやめて、自分を生きる道に踏み出すには、心の構造そのものを作り直していくことが不可欠です。そのお手伝いをするのがこのブログです。



自分が今何を必要とするのか感じてみる心が大事です。
「続けて読みたい!」
「何これ、面白い!」
「為になるわ」
「当たり前のこと書いてるわ」

と、感じたのか。
「何だか責められている気がする」
「気分悪い」
「頭に入ってこない」
「高圧的で気に入らない」

と、感じたのか。
人それぞれ、感じ方は違います。

同じものを見ながら、同じ解釈や感じ方をしないものです。
それだから、人との関わりにおいてトラブルが生じるのです。


なぜ、感じ方がこれほどまで違うのか、それを探求する心があれば、ついてきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直感? 閃き? 霊性開花? 何からはじめよう?

2017-01-10 16:20:18 | 19眠り続ける言霊師
新しくはじまります。

2017年は「壊れるはずのないものが壊れていく年」として
記憶されるのではないかと思います。



んじゃ、2016年は? と振り返ると、
「ありがた迷惑な年」だったんではないかと思います。

皆さんにも、当てはまることが思い当たるのではないでしょうか?



何でも取り組んで行きますよ。
「言葉を無くした真言使い-言霊師まき-」です。
今まで以上に、わかりやすさをモットーに真理の道を紐解きたいと思います。
難易度 Eから、Aにしてやっていきます。



真(まこと)の道と称して、自分の名前を屋号に使ってしまうなんて、大胆なことを思いついたのは昨年末です。方向性に行き詰まりを感じて、切り換えることにしました。
道は常に続いていきます。ありがたいことです。



お陰様で、年末、年始と大変動を体感して、捉え方、関わり方がガラリとまたまた変容致しました。HPも引っ越し、担当者変更ということで、新装していきます。

もっと間口を広げて、誰にでも参加でき、気軽に「直感冴え渡る感性」を手にしていただきたく思っております。まぁ、霊性開花のことですけど、霊性ってつくとホント胡散臭くなるんだよね。



でも、こっそり気になってしまう文字でもあります。

【霊性】覚醒
1.わたしの思い。
2.愛してくれる人からの気持ちに触れること。
3.知らない自分との出会いによって得られる知性。
4.何もない自分を用意することで広がる意識。




これらを霊性と呼びます。

つまり、霊性とは、本質である「わたし」に触れ、その思いが引き出されている状態のことを指すわけです。ここでは、「我(が)」であるとか、「自分」という自らが分離している状態をいうのではなく、また「私」という創り上げられた仮想の自身の思いを示している訳ではないのです。

ただし、こういう解釈もあるので知っておいてください。

【霊性】想念
1.怪しさを感じさせる発想。
2.建設的な気持ちを踏みにじる思い。
3.何も出来ないように良心の振りをして操る心。
4.もっともらしいことを並べ立てるものの、その通りにしても良い結果に繋がらない類いのアイデアなど。




こうしたものも、霊性として扱われています。
よって、霊性開花とすると、いかがわしさが伴うため、他人に相談したくても出来なくなり、このブログやHPを信用していいのかわからなくなるのは、この想念としての解釈が邪魔するからです。

「霊性」として、覚醒と想念の二パターン見せました。
今後、意味を伝えるとき、この想念も合わせて紹介していくことで、物事をより深く理解出来るように導いていきます。意味を問われたとき、それを明確に文章として他者に説明出来る力があるか、ないかによって、説得力が違いますからね。
自分の身を守るためにも、霊性=直感力というものが、どういったものか正しく理解しておいてください。



ここで、「覚醒」とか「想念」に対しても意味づけが不可欠となります。
言葉はこうして、何かを解説すると、その解説した文字や単語の意味をさらに知っておかなければ、理解出来ないものです。何となく、で文字を覚えた気になり、意味を知っているつもりでいることが、結果的に何も知らずに生きていることとなり、人生の岐路において、適切な直感力で判断する力がなくて、苦しい現実に直面することに至るのです。



ですから、霊性というもの、直感力というものは、とても大事なものなんですよって伝えるブログであり、カウンセリングや講座を通して教えていくHPです。



【覚醒】覚醒←意味解説では、こちらを活用します
1.迷いがない姿。
2.肯定的な気持ちに従えている状態。
3.後ろめたさがなく、明確に返事ができ、自身が相手に疑念を抱かない関わりが出来ること。
4.相手が素直に頷ける関わりが保て、願いを叶えており、継続的に気持ちが引かれ、優しい気持ちが引き出され、打ち解け合う心に変えていく力のこと。


【覚醒】想念
1.許しがない姿。
2.張り詰めた状態で、あらゆることが敏感に感じすぎてわかる状態。
3.背徳心に悩まされ、置かれている状況を曲解し、自分だけが特別な存在として自覚でき、端からは陶酔し切っている異常さにしか感じられない人のこと。
4.気味悪く、攻撃的、威圧的、征服欲が見られ、痛覚が麻痺しており常人では考えつかないことを思いつくことが出来る精神疾患のことを示したもの。


2つを比較してみればよくわかります。想念の覚醒は、いただけないものですね。覚醒剤とかで覚醒している姿を指すわけです。純粋に覚醒している姿というのは、他人を穏やかに変える力を有しているものです。このブログで、「あー、なるほど」という深い合点がいくような体感が来るとしたら、その文章に覚醒のエネルギーが込められているということです。



【想念】覚醒
1.大切な人に対して、湧き上がる優しい気づき。
2.人に知らせても微笑ましくなる思い。
3.許そうとしているさま。
4.気持ちを切り換えようとし、これまでにない着眼点を持とうと努力し、継続している人を近づかせない雰囲気を持つもの。


【想念】想念←意味解説ではこちらを活用します
1.恨み、妬み、蔑(さげす)み、妄執、嫌悪感、責め苦、覗き、重圧などを思い抱き、相手にぶつけ続けている。
2.嫌いな人に意識を合わせている状態。
3.執拗に同じことを繰り返し考えている癖。
4.破壊衝動を抑えるためにイメージで、それを終始させ、繰り返し閲覧している人のこと。


こうして、「覚醒」の覚醒と、「想念」の想念での解説を見ていただけると、4つにそれぞれ分けて説明している意味が入りやすくなると思います。

自分の心が、「想念」側としてネガティブな思考パターンに囚われているかどうか、解釈が変わるということが、これで少しでも実感していただければと思います。

人の心に影はつきものです。それはある意味仕方のないことです。
人を悪く言わない、うがったものの見方をしない、優しい心で見る、美しい眼差しを向けるということが、言葉の解釈ひとつで引っ繰り返るのです。



【霊性開花】(覚醒)とは、
1.霊性に従う。
2.霊性に問う。
3.霊性で答える。
4.霊性を掴む。

ことを示し、わたし自身の真心に触れて行く道を指すのです。

【霊性開花】(想念)とは、
1.邪心に従う。
2.邪悪に染まる。
3.憎悪を募らせる。
4.醜聞をまき散らす。
ことが蔓延し、本質である純粋さがかき消されてしまっていることを示します。


こうして2つを比較してみれば、同じ言葉も、見る角度によってまるで違った意味を放つようになります。同時に2つの意味を見比べたとき、それぞれがどのような解釈で自身が判断していたかがわかるものです。

本来、国語辞書などは、こうした視点の違いによって解釈が様変わりすることを掌握できるものでなければ、意味を為さないものです。にもかかわらず、現代における辞書は、辞書としての機能が十二分に備わっていないと言わざる得ないほど、低下しているような側面が見受けられます。
それ故に、言葉の行き違い、捉え違いが蔓延することとなり、他者とのコミュニケーションの障害の温床となっていると危惧するのです。



堅い言葉になりましたが、ようは霊性=【直感力】を取り戻す道が、ここにはありますよ。と宣伝しているのです。

【直感力】覚醒
1.閃きのこと。
2.善いことへの道筋が見えたこと。
3.間違っていると知らせてくれる感覚。
4.無意識のうちに正しいことをしている状態へと導く何か。


【直感力】想念
1.悪巧み(いいこと思いついた)。
2.不快感に従う邪念(恐怖を避ける気持ち)。
3.正しいことが悪く見え、悪意を善意と履き違える感情的感覚(知らない人に注意されたら要注意)。
4.話していないことを妄想して結論づける歪曲した発想。




このように、直感力として解説しても、ネガティブ的な想念での解釈を見ればわかる通り、霊性においても直感力と比喩表現を使ったとしても、歪んだ発想を持つ人は、どんな言葉に切り換えても否定的なものの捉え方から抜け出せません。自分の感性は、客観的事実を捉えることが出来ると自負しているのです。その感性が歪んだ知識に裏付けられているものだとわからないのです。

それ故、このような二重の解説を通すことで、自分がどちらを向いていたのか気づけるというのです。「真の道」では、こうした陥りがちな誤解する道にはまり込まぬように細心の注意を払って指導に当たっております。

霊性開花講座にみなさん関心を抱かれます。
それも当たり前のことで、日本は元より雰囲気や、間の美学を持つ情緒豊かな感性がある民族です。つまりは、霊的資質が備わっているのです。しかしながら、近代化文明の影響により、その霊的な資質は退化させられて、使えなくなってしまっています。

それを取り戻す方法がここにはありますよ。という案内所がこのブログの役割です。
ブログを読み込んでいくだけでも、様々な思い違いに気づき、霊的資質を高める補助をしております。セッション代、講座代は決して安いものとは言えません。けれども、高い対価をいただく以上に、お届けできる気づきは確かなものです。

自身で最終的には、直感力を取り戻して、開かれた霊性により、本来のわたし自身の真心の思いを触れられるようになると、様々なことが自力でわかるようになれます。



霊性開花に興味を抱かれている皆さまへ
セッションだけで、霊性開花を果たし、自力で真心を読み取れる段階になるまで、ざっと18〜38枠、もしくは40〜180枠ほどの時間がかかるものです。安易に飛び込めるものでもないことを心得てください。

数年がかりで開いていくものだと捉えておくことが大切です。
簡単、わかりやすい、誰でも、などという誘い文句に乗らぬようにお気をつけください。
真言や言霊を自在に使えるように至る霊性開花の道は容易くはありません。



◆言霊セッション 0〜32,400円/50分(担当:まき)
一般にセッションというと、言霊セッションを指します。
単価は時価相場となります。難題ではなく、簡単なものであれば安く、言霊師や真霊正(ことたまし)でなければ気づかせられない深淵な領域に触れて行くものですと、高くなるというものです。
初見の方や、物は試しにという方でしたら、10,800〜16,200円程度になるかと思います。内容が簡単なものだと判断できる場合は、スタッフをオススメすることもあります。
霊性開花にまつわることなども全てここで対応します。講座と併用しながら、受けるのが良いです。

◆言霊セッション一人で6枠括り 162,000円(1枠あたり27,000円)
一日借り上げコース
高額になるに決まっていると思われる方で、ガッツリ受ける気満々の方へのセッション枠です。
出張など地元に呼びたい方にオススメです。経費使って出かけるより、経費使わせて本人を地元に呼ぶのが賢いやり方です。

◆言霊分割セッション43,200円/50分を頭割り(担当:まき)
これは、2人以上〜6人以下で、同時に受けたい場合に有効です。内容は言霊セッションと同じです。
6人集めて受ければ、7,200円/50分一人あたりになるので、かなりお得になります。




HPも徐々に作り込んで行きます。
ひとまず、ブログでざっくりと告知です。
言霊師まきのセッション受付は全然出来ていない状態で、出張で呼ぶ方が確実な状態です。

新規にユーザー登録していただいた方々に何かしら、セッションなり触れ合える機会でも作れるといいのですけどね。って思うんですけど。25分/7,200円の小言相談枠とか、やりたいわ。方向性など示すなどするもので、リーディングアドバイザーみたいな軽い奴とかね。

楽しみにしていてください。



こんな感じで、霊性とはなんぞや、直感力とは何それ? という視点で、このブログやHPの概略をお伝え出来たらって書いてみました。進むべき方向性に対して、その認識でいいの? ってことで、みんながよくよく考えていないことをテーマに、今後とも「深く考えていない」ことなどクローズアップして解説していきます。セッションは、「どうしても聴きたい」「会いたい」「関わらないとまずい」「弟子にしてください」みたいな衝動が湧いてからでいいからね。



つらつらと、初っぱなから書きましたが、霊性の基礎知識として覚えておいてください。



HP引っ越し中につき、ランキングもお休み。
この内容も新しいブログ用です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカライズのPCM

2017-01-04 16:09:37 | 04後ろから支える言...
あけましておめでとうございます。
三が日をのんびり過ごしていました。
またまた、多大な変貌を遂げて、すんごいことがわかったけど、きっと近しい者にしか興味を抱かないくらいコアな話なので、ここで話すことは致しません。


「後ろから支える言霊師-まき-」です。
何事も、ベースになるものが大事です。
言葉も、その解釈をどのように捉えているのかで、意味は変わります。



PCMの6つのパーソナリティをわかりやすく、日本語ライズしていたりしています。
この霊性の能力をフル稼働した場合、表現がいかになるか楽しみです。
シンカーは、熟知者。
パシスターは、功労者。
ハーモナイザーは、親和者。
イマジナーは、安心者。
レベルは、発明者。
プロモーターは、立役者。


と、表現しました。


これは、日本人ベースとして「親睦者」として表現したものです。
しかし、PCMはアメリカのものです。
人種というベースを無視してはなりません。



なので、アメリカ人にこの翻訳を伝えても、ピンと来ないはずです。



じゃ、アメリカ人のベースって何だろう?
って読み解いて見たら「善良者」って出て来たんですよ。


もっと正義者とか、自由者とかになるかと思ったけど、なるほど納得、アメリカ人って「善良」だよね。
っていえば、みんなニコニコするんじゃないかと思うんですよ。
日本人が「親睦」ある人たちだよねって言われて「こいつ、わかっているな」感を抱くことが出来るって言葉ね。


そんなんで、かくパーソナリティを翻訳してみると、


シンカーは、保険者。
パシスターは、貢献者。
ハーモナイザーは、奉仕者。
イマジナーは、治療者
レベルは、人気者。
プロモーターは、不屈者。



とかなるのね。つまり、PCMを「親睦フィルター」を通すと、日本人ライズになるし、「善良フィルター」になるとアメリカライズになるのね。


じゃ、ちょっと気持ち的に親睦感の強いドイツは何フィルターかっていうと「機能者」となるのね。
ドイツのものとかって、全部機能的だよね〜。ドイツ人は機能美や機能が優秀で長けていて、どの民族よりも機能的な生き様だよね〜って言えば、ニコニコになると思います。www


シンカーは、建設者。
パシスターは、献身者。
ハーモナイザーは、充実者。
イマジナーは、発案者。
レベルは、潤滑者。
プロモーターは、把握者。



とかなります。
どれも、それぞれのパーソナリティーの雰囲気を抑えて居るので、違和感がないかと思います。
日本人の皆さまにも、その国柄を把握するのにいいかと思います。
なるほど納得! ってなもので、こうして人の心は、いろんなフィルターがかかっているので、自分のフィルター、知り合いのフィルターの違いを考慮しないと、会話が成り立ちません。


もう一つ、わたしの個人的な趣味でお国フィルターを見たいと思います。
イタリアです。
イタリアは「抱擁者」フィルターがベースです。
うーん、確かに国民全員が抱きしめてきそうな勢いがあるよね。
お国柄なんですね。
ウケる!!


シンカーは、懐柔者。
パシスターは、便宜者。
ハーモナイザーは、共犯者。
イマジナーは、結託者。
レベルは、情熱者。
プロモーターは、栄光者。



なーんてなります。
どう?
これは、面白い。
お国柄でこーも、表現が変わるとはね。


何でもだけど、4つって数字は安定するし、双方の意見の食い違いとかも起きるけど、4つ全体を見ることで安定感は増します。

幼年、イタリア、抱擁者。
青年、アメリカ、善良者。
壮年、ドイツ、機能者。
熟年、日本、親睦者。


なーんて、構造を考えて、それぞれの国民性から見出せる表情の違いを考慮すると、それぞれのパーソナリティーの色が見えてくるかな? って思うのですよ。


シンカー、懐柔者、保険者、建設者、熟知者。
パシスター、便宜者、貢献者、献身者、功労者。
ハーモナイザー、共犯者、奉仕者、充実者、親和者。
イマジナー、結託者、治療者、発案者、安心者。
レベル、情熱者、人気者、潤滑者、発明者。
プロモーター、栄光者、不屈者、把握者、立役者。



このように、4種で見ると、ぐっとPCMのパーソナリティがイメージし易くなるかなと思います。


言い方変えると、抱擁、善良、機能、親睦にブロックがあると、PCMそのものが受け付けられないなんてのもあると思います。


んで、裏側の4つのお国もあるのね。

幼年、中国、狡猾者。
青年、イギリス、伝統者。
壮年、フランス、改革者。
熟年、東アジア連合(日本含む)、尊重者。



シンカー、厳格者、実務者、結果者、譲歩者。
パシスター、優先者、勇敢者、有能者、優美者。
ハーモナイザー、擁護者、保護者、後援者、支援者。
イマジナー、許容者、容認者、協力者、寡黙者。
レベル、変貌者、冗談者、確信者、表裏者。
プロモーター、追従者、忠誠者、覚悟者、親愛者。



という具合にもなる。


このお国柄のパーソナリティーのベースは、まんま、わたしらの心のベースにも言えることで、日本人だから親睦者だけに染まっている訳じゃないです。善良もあれば機能もあります。狡猾もあれば伝統もあります。
全部あるんです。
どこが特徴的に出て来るか?
そんな問題の違いです。


んで、この8つの表現を統括する表現ってのもあるのね。
それが9つ目となります。数字もこうして9としてまとまるのですよ。


シンカーは、【最新者】。
パシスターは、【一真者】。
ハーモナイザーは、【礼節者】。
イマジナーは、【対等者】。
レベルは、【皆嬉者】。
プロモーターは、【私見者】。



というような具合にまとまります。
数字の10というのも気になるでしょうから、それを踏まえると、こんなのも創り出せます。


シンカーは、   【最新者】←→【現金者】
パシスターは、  【一真者】←→【条件者】
ハーモナイザーは、【礼節者】←→【非礼者】
イマジナーは、  【対等者】←→【不平者】
レベルは、    【皆嬉者】←→【自笑者】
プロモーターは、 【私見者】←→【達観者】



さらに、11という領域を見ると。


シンカーは、   【最新者】←→【現金者】→→→【思考者】
パシスターは、  【一真者】←→【条件者】→→→【義務者】
ハーモナイザーは、【礼節者】←→【非礼者】→→→【共感者】
イマジナーは、  【対等者】←→【不平者】→→→【内向者】
レベルは、    【皆嬉者】←→【自笑者】→→→【歓喜者】
プロモーターは、 【私見者】←→【達観者】→→→【主観者】



といった具合に、PCMを学んだ者からすると、よく聴くフレーズにまとまります。


心は、こうした11の領域があってね。
仏教などでは、11面観音として仏さまの姿として映し出して、教えがあります。
11の領域の言葉でやり取りされるものだけれど、その本質はどこに引っかかっているのか、紐解けるかどうかがカウンセラーとしての腕の見せ所です。



こういう構造を把握したからといって、使いこなせるものではないです。
霊性を開いて、自分の感性を養わなければなりません。



ちなみに、目を開けたまま寝ている人と、目を開けて、目覚めた人とでも表現が変わります。
今年は、その違いを解説していく年になるかと思います。


目を開けたまま寝ている人は、9,10,11の領域はこのようになります。


シンカーは、   【最悪者】←→【褒美者】→→→【傲慢者】
パシスターは、  【自傷者】←→【卑屈者】→→→【卑怯者】
ハーモナイザーは、【恐怖者】←→【憤怒者】→→→【能面者】
イマジナーは、  【軽蔑者】←→【不足者】→→→【搾取者】
レベルは、    【下品者】←→【嘲笑者】→→→【堕落者】
プロモーターは、 【保身者】←→【他責者】→→→【誹謗者】



PCMにしても、ブロック外しにおいても、こういうネガティブな発想や考えに囚われる心から、囚われない目覚めた心に切り換えていくことが大事です。
これも1〜8まで、解説すると、まさにな言葉が並ぶからね。
PCM別、ブロック外し構造解説講座で紹介しようかな?


これらからして、目覚めていない人が、目覚めた人を見ると、自分の姿を映し出すので、たまったもんじゃないです。
どうんなことをしてでも、排除するか、関わりを断つなどしたくなるものです。
しかし、目覚めようとしている心でありながら、眠り続けようとするのは苦痛でしかなく、寝られません。
不眠症などにもなるし、頭痛にも見舞われます。


起きどころ、目覚めどころだと自覚できるなら、尋ねてきてください。


自己保身に走り出したら、危険サインです。
再び、保身できない結末を味わうだけの世界が繰り返し襲ってくるだけのことです。



自分の放ったものを自分で受け取るだけの世界です。
寝たまま同志で連んでも、痛い目に遭うのは避けられません。
何故なら、身体は目覚めたがっているのです。心は寝たがっていても無理なことです。



やっとのことで、わたし自身のカルマの解消が終わりました。
目が覚めました。
少しばかり、ホッとしております。


お陰で、やっと現実というものが見えるようになった感じがあります。
はい、今のレベルでやっとです。



みなさんの眠りこけっぷりも手に取るようにわかるようにもなりました。
まだまだ、難解さが伴う心の案件がありますが、いずれちゃちゃっと片付けられるように上達してみせます。


さて、この寝ている方々に対して、伝えたいことがあります。


「痛みは一切与えません! 苦しまなくてもいいです。優しいだけの世界が出来上がりました。手を引いていきます。安心してください。争う世界は終わりました。嵐は過ぎ去りました。あなたたちの努力は報われました。ここに集いなさい。」


これで、寝ていられなくなる筈です。
多分ね。www



こんな感じで、またまた長文のブログですが、今年もよろしくお願いします。



「三十三宇宙の言霊師/真霊正(ことたまし)-まき- 隣人と共に見つめる今」
Skype&LINEでも遠隔セッション受け付けています。
「green★garden」まきファン用ブログ。
拠点は広島ですが、全国出張承っています。
気軽にご相談ください。
出張先の詳細が知りたい方はご連絡ください。

 
ホームページでユーザー登録して頂いた方にはセッション枠でキャンセルが出た場合や次の講座予定のお知らせを一斉メールで送らせて頂いております。

心を開くおまじない♡
「わたしのなかにあなたがいます」と声を出して唱えてね。

 ↓





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これまでと、今から

2016-12-31 13:51:51 | 20言った通りになる言霊...
大晦日です。
年末として何もしていません。
車も部屋の掃除も。
うーん、日常のまま。年明けです。



「言った通りになる言霊師-まき-」です。
放った言葉通りになるから言霊なんだけどね。
えらいさん(エゴ)は、それがわからんのよ。
もっとも、幸せ言葉を連呼して幸せになる人と、ならない人の違いは結局、言えてないってだけかと思うのね。
言っている?
これね、不満言いたくなる人の前で、幸せ言葉を使えるかが大事なの。
仏頂面の夫の前とか、
キラキラスピリチュアルに毒されている妻の前でとか、
これが言えなくなるんだ。
そこで言えてこそ、幸せ言葉の効力って出るんだけどね〜。



大晦日までのこれまでと、

明日の元旦からはじまる、「これから」ではなく「今から」があるのね。


「これから」と使いたくなるですけど、これ、「今から」に直してね。


時間は、過去と今しかないと見てね。
未来を見ると「これから」と言いたくなるから。

未来を見ていても「今から」変わったんだとしてはじめないと。



2016年はいろいろぶっ壊しの一年でした。
タロットでいう16.は、塔の崩壊(神の息吹)のカードですからね。


色んなものを意図的に壊していく一方で、それが全部必要なことだったと気づく流れだったと言うことです。


この年末にたたみ掛けるように気づきが起きて、色んな事がわかるようになった人もたくさんいます。
嬉しい限りです。


みどりの道もここまで牽引してきました。
来年からは真の道として再始動します。


どのタイミングで屋号を変えるのか、会社として規模を拡大していくか、未知数ですがやっていきます。


自分の事整えることに必死でね。
何もかも、不完全なまま突っ走っている状態です。
HPも中途半端に放置されている感になってしまって、すみません。


立て直していきます。
ブログもお引っ越しになるかと思います。


全部HPにまとめていく感じになるかなと。


セッション料金も値上げでビビっているかと思いますが、上限が32,400円/50分です。

つまり、50分、0円〜32,400円の時価となります。
セッションの内容によって、5,400円もあれば、27,000円もあるよって具合です。
頭打ちをしておかないと、計算も覚悟も持てないので、32,400円としているのです。


2〜4人のグループセッションというのも用意します。
これは50分、0円〜43,200円という上限を定め、人数割り出来るコースです。
これだと、4人集まれば、どんなに高くても10,800円で済ませられます。
4人だと、まず間違いなく43,200円/50分となるので、丸一日6枠取ると、一人64,800円となります。
4人で、一日セッション受けるなら、相当なことが紐解けて合点出来ます。
今後は、こちらの方が主流になるのではないか? と思います。
横の繋がりが大事ですね。


3月5日〜10日にかけて、PCMのパーソナリティ別構造解説講座を特別に開きます。
兵庫県尼崎市アルカイックホール
21,600円/各5時間/16名まで
3/5パシスター(功労者)
3/6シンカー(熟知者)
3/7レベル(発明者)
3/8プロモーター(立役者)
3/9イマジナー(安心者)
3/10ハーモナイザー(親和者)
この日程で10時〜16時で、この後16時半〜、3枠個人セッション枠を用意します。


まだ、告知前のもので、正式にまた告知はじめます。
今は、予告です。
日程空けておいて、告知がはじまったら抑えてください。

今の私は、ブロックを全部まとめて外す、なんて神業なことが出来るようになりました。
ちまちま一つずつブロック外しなんてしていきません。ごっそりまとめてです。
だから、21,600円で構造を解説してもらいながら、自身のブロック外しを体感出来る超絶お得講座です。
生もの(ライブ)ですので、二度とないものだと心得てね。


各パーソナリティーで、ベースが何か? って気になる人が多いでしょうけど、そんなもの関係なく「全部受けろ」が私の言い分です。どれか? はぁ? そんな悠長なこと言ってられる?

このブログ読者向けに、パーソナリティ別の解説を致します。
該当したなと感じたら、受けて見てください。有給はここで使い切りなさい。


PCMについての著書「自分を知る「6つのキャラ」-人間関係うまくいく-」ってのも売ってます。そんなに役に立たないかも知れないかな? パーソナリティを知り、相手を知れば、色々対策できるでしょ? ってなものだけど、人の心はそんなに簡単じゃない。じゃ、ブロック外して学んだら? ってことでの講座です。著作権には引っかからんと思います。PCMを教えるのではないのでね。


■パシスター(功労者)
疑ってかかることが常で、自分の客観的目線を絶対視するタイプ。
見返りを要求し、「お礼の一言」がないとブチ切れます。
取引で物事は成立していると認識しており、筋を通すことは当たり前なので、筋がないと憤慨します。
イライラしたら、このタイプが暴走し始めていると心得たら良いです。
不利になることを嫌い、負けないためには、ありとあらゆる手立てを駆使します。
自分から負けを宣言することで、プライドを守る性質もあります。
卑屈さも、このタイプの特徴です。
見下しが大好きです。



■シンカー(熟知者)
計算高く、根拠や、肩書きを重視するタイプ。
自分は冷静だと思いながら、吐き捨てるような言葉や態度を無意識に取っていることに気づいていません。
計画性があるようで、ないです。
なので、計画がうまく行かないと人のせいにして、自分の計画性の不備を決して認めません。
欠点や注意や改善を要求し始める心は、このタイプだと思ってください。
自分の考えは言いたくありません。
考えを述べはじめると、その考えの根拠や、穴が見つけられてしまうため、「こうですか?」と確認を求めて、自分から自発的には決して動きたがりません。承認が不可欠です。これは、いざという時の為の保険であり、人のせいにする為の人質を取る行為です。
考えが浅はかであることがそもそもわかっていないのがこのタイプの特徴です。
自発性の人が大っ嫌いです。



■レベル(発明者)
物事をおかしく、楽しく、愉快にする為に、ありとあらゆる裏をかくことに情熱を燃やすタイプ。
ひねくれ者です。
歪んで解釈するのが大好きです。
あー言えば、こう言います。
「じゃあ、こういうことね」
わざと、わかっていながら、相手を困らすことをして、自分を人質にして相手をコントロールし始めます。
見捨てにかかられると、「相手の弱みにつけ込む台詞を連呼して気を引く」ことをします。
大体の人はそれに釣られて、従わされます。そしてほくそ笑みます。
天敵はパシスターです。
コントロールが効かないからです。
証拠が弱点ですから、自分の言動に縛られるところがあります。
「どうせ」の言葉が大好きで、多用します。
人と比較して、自分のダメさ加減をアピールして「そんなことはないよ」と慰めて欲しい作戦をしたがります。
自分より上手には従順です。
真道の前ではなりを潜めます。
絶対出て来ません。瞬殺されることを心得ているので、大人しくします。
だから、真道に見つめられると「怖い」と感じるなら、こいつが怯えている時の心境です。
自分に歩調を合わせない奴とは連みません。
基本、真道が嫌いです。
物事を斜めに見て、楽しんでいるつもりになっているのがこのタイプの特徴です。
正しいことを言う奴は煙たいです。



■プロモーター(立役者)
様子を見て、全体を掌握するまでなりを潜め、弱点や絶対的に勝てる確信が持てるまで動かないタイプ。
賢いです。
洞察力に長け、物事の本質と構造を把握する方向に努めます。
これが掴めないときは、投げ出します。
やる気ゼロです。
なんでもいい加減になります。
本質も構造も示せない奴に従う気など皆無です。
わからない自分が悪いんでしょ、と詫びる素振りも見せずに謝ります。
人を不快にさせることで、その人が自己制御も出来ない程度の低い人間性しか培われていないことを暴露させることを楽しみにしています。つまり、相手がブチ切れたら、喜びます。
大体の人は、策略に乗り、はめられます。
尊敬できる人には服従するくらいの絶対的な信頼を寄せはじめます。
真道には服従する感覚があるなら、このタイプが激しく同意しているというところです。
裏をかかれることを嫌います。
自分より上手が大の苦手です。
相手のボロを出させるため、自滅覚悟で揺さぶりにかかっていくのがこのタイプの特徴です。
優れたものが大好きです。


■イマジナー(安心者)
自発性がゼロになり、指示や手を引いてもらわないと何も出来なくなるタイプ。
相手が主体です。
幸せであることを望み続けて、相手に委ねることで実現しようとしています。
強く出て来る人がいると、このタイプは相手の相対的な立ち位置に立ちます。
パシスターの攻撃型には、破壊され尽くされようと、困らせることしかしなくなります。
シンカーの自責要求型には、凍結して、何も出来なくなって、シンカーの実力の凄さを示そうと動かなくなります。
レベルの不愉快型には、騒ぎ立てることで、不愉快さを増幅させようと助けようとします。
プロモーターの支配型には、従順さで答え、馬が合います。
イマジナーの安心型には、安心で答えるので、穏やかに過ごせます。
ハーモナイザーの面倒見型には、落ちこぼれに限りを尽くして、面倒を見てもらおうと手間をかけさせてあげます。
生存本能としての安全機能が働く部分であるため、ストレス(苦痛)が大嫌いです。
騒ぎ立てる、喚き散らす、暴れる、歌い出す、ものを壊す(笑わすため)、じっとするのは、どれもストレス(苦痛)解消法です。
誰にも理解されないのがこのタイプの特徴です。
代弁できる人に付き従います。


■ハーモナイザー(親和者)
ことなかれ主義で、現状維持が最善と捉え、変化を望まず、決められた通りに動かないと気が済まないタイプ。
共感型と誤解されやすく、狡猾で、算段深く、人の弱みを巧みに理由するタイプで、連むことで、情報収集して、裏で何を言っているのか偵察しています。
自分から自分の事は決して言わず、聴かれても相手の望む答えを出して誤魔化し、常に本性は隠しています。
客観的証拠を掴まれることが大っ嫌いですから、自身のパシスターを味方に引き入れたハーモナイザーは強力です。自身のパシスターを敵に回すと、自己矛盾のジレンマに陥り、おどおど、ビクビクして、陰口、世を恨む、愛を軽蔑し、きれい事を吐き捨てるダークキャラになります。
自分で自分を奮い立たせることが出来ない軟弱もので、その軟弱さを肯定されるのが好きでたまりません。
優しい言葉に執着し続け、自分の本性を暴かれるのを恐れ続けるため、謎解きには興味がありません。
日本人の大半はこのタイプがベースとなっているため、このブロックを外す気がそもそもないのがこのタイプの特徴です。
自分から他人を褒めちぎりながら、裏でコケ堕としている人です。



これらのパーソナリティにグサグサ来た人、自覚してしまえた人、なとかしようと思えた人、やばすぎると焦れた人、凍り付いた人、目を背けてしまった人、ぐぅの音も出ない感覚を味わえた人、震えた人、全部私のことと思えた人、感心できた人は、このタイプ別ブロック外し構造講座を受けに来てみてください。


全部参加して12万。
高いと見るか、安いと見るか。
PCM学んでいる人なら、是が非でも受けておいた方がいいものです。
マスターコース行っている人なら、尚のことかな。


自分の世界を、今から変えていこう。



今からの真の道を見ててね。


一年間ありがとうございました。


よいお年をお迎えください。


   
「三十三宇宙の言霊師/真霊正(ことたまし)-まき- 隣人と共に見つめる今」
Skype&LINEでも遠隔セッション受け付けています。
「green★garden」まきファン用ブログ。
拠点は広島ですが、全国出張承っています。
気軽にご相談ください。
出張先の詳細が知りたい方はご連絡ください。

 
ホームページでユーザー登録して頂いた方にはセッション枠でキャンセルが出た場合や次の講座予定のお知らせを一斉メールで送らせて頂いております。

ヒーリング贈るね♡
「目が覚めました」と呟いてごらん。
それが受け取りの合図になるから。

 ↓



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加