LOVE モータサイクル 団塊世代のバイクライフ

バイクに乗ってから50余年、今は02年式のロードキングでツーリングやキャンプを楽しんでいます。

修理開始

2017-07-13 18:07:41 | 日記・エッセイ・コラム

梅雨明け宣言が出ましたね。 ついに暑くて長い夏がやってきます。 

ギンギンギラギラの太陽なんです ギンギンギラギラの夏なんです』と、日本のロックシーンを牽引した【はっぴいえんど】は夏なんです】の中で唄っていましたが。『モンモンモコモコの入道雲です ホーシーツクツクの夏なんです』などとも唄っていました。

 

ところでやっと、テンショナーやガスケット類のパーツが届いて、修理が始められるようです。 

裏側につかってあるテンショナーも、残り厚1mmほどで使用限界に達していましたが、高速で上下してロッカーアームを動かしているプッシュロッドは、損傷も無くとても綺麗でした。
昔乗っていたバイクではタペット調整などもしていましたが、ハーレーは油圧タペットなので楽ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レースシーン | トップ | 修理、少しずつ進んでいます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カムに変更? (DON)
2017-07-14 08:59:31
減ってしまうパーツはカム化すると安心感は違いますよね。カチカチ音や異音は私の場合はクランクシャフトの上部のベアリングが原因であった事を思いだします。
何度もヘッドを開けてタペットやカムやスプリングなどを交換しても治らなかった異音はそこにありました(;^_^A
Unknown (ろ~きんぱぱ)
2017-07-14 12:08:05
17万kmも走って、今更カム化もどうかな?って思ってしまいます。 
現行エンジンのような油圧テンショナーに交換するのも、対費用効果を考えると。
3万km事に交換と覚悟を決めて、バイクを楽しむことにしますかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL