ロードバイカーごんのLOOKな生活

7大会連続PB更新中!いつかはサブ3!
山行は久住、祖母傾山系!
海風を切るroadbikeもいいね!

屋久島宮之浦岳縦走 3日目

2016年06月03日 | Mt.

2日目の夜は、近くのテントの熟年夫婦の話し声が少々うるさかったものの意外と暖かくぐっすりと眠ることができました。

実は初日の淀川小屋のテン場が寒くて寒くて、モンベルのダウンシュラフ3番にシュラフカバーで大丈夫だと思っていましたが、夜半過ぎには寒さで目が覚め、ダウンジャケットからレインジャケットまでありったけの服を着ても寒くて、禁断のザックに足を突っ込み、何とか寒さをしのぎました。

朝起きると、他の2人も寒くて目が覚めたとのこと。

それもそのはず、2日目の朝は氷が張っていました。



さてさて、万全を期して臨んだ2日目の夜は拍子抜けするほど快適な夜でした。
2日目な行程は比較的長い行程でしたので、疲れもあり、寒さも忘れぐっすり眠れたのかもしれません。

さーて、今日はお楽しみの白水雲水峡です。
夜明け前にテン場を出発し、縄文杉に朝のご挨拶を済ませ、よく整備された登山道を進みます。



しばらく進むと大王杉



杉の皮を剥いではいけません。当たり前です。



そろそろ、ウィルソン株のはずなのですが、なかなか到着しない。
小休止さ地図で調べると持つちょっとかなということになり、気を取り直してスタートするとすぐ目の前でした(笑)



ここの株の中には祠があり、株の中から空を見上げると素晴らしい光景が広がります。



これでもなく



これでもなく、冒頭の写真です。



なかなかいいポジションが見つからず、ベストショットは冒頭の写真ということになりました。

誰が見つけたのか知りませんが、最初にこの位置から写真撮った人はえらーい!

ウィルソン株での大休憩を済ませたら、翁杉



いたるところで、立派な杉に出くわします。



そうこうしているうちに、突然、トロッコ道が見えてきました。



この場所、大株歩道の終点には、なんと綺麗な水洗トイレがあります。匂いもなく快適なお勤めができました。

トロッコ道に降りていくと、下界からの登山客が増えてきます。
どんどん増える増える!
トイレのある場所では、ツァー客が長蛇の列を作っていました。
さすが、屋久島のハイシーズンです。

たくさんの登山客に目が回り、白谷雲水峡の分岐点、楠川別れを見逃しそうになりました。

分岐から山の中の登山道に折れると、辺りはまた静かになり、ホッと一息です。



辻峠でザックをデポし太鼓岩からの絶景を堪能!



いよいよ、ジブリの森に突入です。



ホント、何かいそうな森です。



マイナスイオンだらけ。



ずーっと、マイナスイオンを浴びていたい気持ちでしたが、泣く泣く登山口へ



登山口で、3日間楽しませていただいたお礼に協力金500円を納めます。



ケガもなく、無事に下山することができました。
ひと月に35日雨が降ると言われる屋久島で3日間通じて奇跡の好天!

山の神様に感謝です。

バスにもゆっくり間に合い、宮之浦経由で楠川温泉で汗を流し、宮之浦港の近くのレストランでプチ打ち上げ。

帰りの高速船の中では、もちろん3人とも爆睡でした。

いろいろなことがあり、決行できるか危ぶまれましたが、やはり行ってよかった。

記憶に残る山行になりました。
帰宅後、しばらく「屋久島ロス」に陥りました(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島宮之浦岳縦走 2日目

2016年05月25日 | Mt.


諸般の事情で、1日目をアップしてからかなりな時間が過ぎてしまいました。

屋久島2日目は予定通り、3:30起床。
今日の行動時間は10時間超を予定。
お昼は行動食のみの予定なので、朝はガッツリいただきます。

アルファ米が出来上がる間を利用して、一個しかないトイレが空いているうちに朝のお勤め。
小屋泊まりの人が動き出す直前でセーフ!

テン場に戻り残りの朝食をかき込みごちそうさま。

夜露に濡れるかと思ったテントは乾いたまま。
気を良くしてそそくさと出発準備を済ませ、ヘッデンを装着し、淀川小屋を4:23スタート!

トップは、昨日同様、宮之浦岳ピストンの経験のある今回のコーディネーター兼キャプテンTくん、パーティの中で山行経験の一番浅いKくんを挟み、年長の私がしんがりを務めます。

ヘッデンに照らし出される登山道は、ハッキリしていて、道迷いの心配はなさそう。

昨日、ペースが早くなりがちだったので、今日の長い行程を考慮し、後ろからK君には少し抑えるよう促します。

我々が一番にスタートと思いきや、前方に人の声。気の早い人たちは他にもいました(笑)
程なく追いつき、参考させていただき先を急ぎます。

視界が開けたところで、ちょうど夜明けを迎えました。



素晴らしい日の出と屋久島らしい風景。幸先の良いスタートとなりました。



少しずつ標高を上げ、花之江河に到着です。
板の歩道は霜が降りていてツルツルで、慎重に進みました。



当初のプランでは、ピークハントは宮之浦岳のみの予定でしたが、最高の天気と早出が叶い、宮之浦岳の勇姿を見るために、黒味岳に立ち寄ることにしました。

黒味別れにザックをデポし、身軽になった体でサクサクとピークを目指します。

0630、淀川小屋から2時間ちょっとで黒味岳登頂。



遠くに見える宮之浦岳の勇姿を見ることができただけでも幸せを感じました。

これからあそこまでいくのかと思うとワクワクしてきます。

黒味別れに戻りメインの登山道に戻る頃には40分ほど要しましたので、結構な登山者の数ですが、黒味岳に立ち寄る人はあまりいません。

山は登るのもいいけど眺める楽しみもあります。
富士山なんて正に眺める山だと思うのは私だけ?
って富士山に登りたくても登れなかったのが現実ですけど(笑)

次のピークハントはいよいよ夢にまで見た宮之浦岳です。
パーティのペースはすこぶる順調、はやる気持ちを抑えつつ宮之浦岳を目指します。



屋久島特有の景色を眺めながら、九州の最高峰にやっと登頂です。



山頂は狭いと聞いていましたが、意外と広いじゃありませんか。



360度見渡す景色は、正に観海アルプスです。


今回のプランについては、諸般の事情でやめようかなとも思いましたが、決行して良かったと思える瞬間でした。



頂上の眺望を楽しんだ後は、今日の幕営地である高塚小屋を目指します。
新高塚小屋もありますが、建て替えられて高塚小屋の方が新しくなっているという紛らわしい事情があります。

高塚小屋には、新高塚小屋を経由して行きますが、高塚小屋の特徴は水場が目の前にあること。さして、この水がうまい!

新高塚小屋では大休止をして、美味しい水をいただきました。



高塚小屋には、女性2人のパーティが先着していましたが、2番乗りでいいサイトを確保。王様のサイトと呼ばれるウッドデッキの上が今夜の敷地です。



各自でテントを張り終え、水の調達を兼ね、歩いて10分ほどの縄文杉へ向かいました。

縄文杉、その迫力に圧倒されました。



何でしょう?
生きているみたいに見えてしまうんですね。
そんなすごい存在感です。



水をたっぷり補給し、夜の宴に突入です。
明日の行程は、今日に比べれば楽勝レベルなので、アルコールも進みます。
それでも19時には打ち上げ。

今夜のテントサイトは、昨日よりさらに混雑し賑やかでしたが、20時頃には静かになりました。

テントサイトに空きがなく、縄文杉の板の間でテントを張って幕営した方もいらしたようで、ハイシーズンは大変ですね。

さてさて、3日目は楽しみにしていたジブリの森を目指します。

明日のためにおやすみーです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島宮之浦岳縦走 1日目

2016年05月11日 | Mt.


初日は、新幹線、トッピーを乗り継ぎ、屋久島安房港に到着。

海上は、小さな波はありましたが、高速船は時速80kmでぶっ飛ばし、ほぼ定刻に接岸しました。



今回のメンバーは気心の知れたオッさん3人組ですが、いずれも縦走経験は皆無。

それでも、全員がフルマラソンを何度も完走していますので、体力にはそこそこ自信がありそうな面々。

今回は、民宿泊からテン泊に変更したこともあり、せっかくだからどんだけ「低予算」でできるかチャレンジしようということになり、安房港から紀元杉まで路線バスに乗車です。



トッピーにもたくさんの登山客がいましたが、ほとんどの人は民宿の車かレンタカーを借りて移動されるみたいです。

路線バスは、10人程度の登山客を乗せ、港からグングン高度を上げます。

バスの運転手さんは、バスガイドよろしく景色の良いところや屋久猿を見つけると、停車していろいろとガイドしてくれます。

程なくして、ほとんどの人が右側の列に座っている理由が分かりました。

私の座る左側は崖しか見えません(笑)
景色を見るなら右側でした。

バスは、ヤクスギランドを過ぎ、港から1時間ほどで紀元杉に到着。



やはり存在感ありますね。



道幅が狭くなるので路線バスはここまで。
我々貧乏パーティは、ここから淀川登山口まで歩きます。



森林浴を楽しみながら30分ほど歩くと、淀川登山口に到着し益々テンションが上がります。



登山口で登山届を提出し、綺麗なトイレで用を足し、いよいよ本日のテン泊地に向けスタート。



登山口から45分程度でテン泊地、淀川小屋に到着しましたが、既に小屋は満員、テン場も広い空きが見当たりません。

仕方なく森の中を物色し、テント3張りが張れそうなスペースを発見し早速今夜の宿を設営します。



その間にも、山小屋には続々と登山客が到着。

山の夜は早い!
早速、夕食のペペロンチーノとスープとアルファ米で2日目長丁場の活力を補給。
同行者はビールや焼酎を楽しんでいます。
私も港の売店で買った麦焼酎をチビリチビリ。

天気予報では三日間とも快晴。
フェリーの乗客からも登山客も多い予感。

夜の焼酎ミーティングで、明朝は山の鉄則「早発早着」に則り、出発時間は午前4:30に決定!
出発時間に合わせ各自準備のこと!
解散、就寝となりました。

時計は19:00、山の夜は早い(笑)

屋久島縦走2日目に続きます👉








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縦走訓練!

2016年04月09日 | Mt.


「おっさん達の旅GW屋久島編」に向け、本日は縦走訓練でした。

天候にも恵まれ、最高の山行でした。

装備は16.5kg
今日のルートは水がないので、荷物のうちテント他を水タンクに取り替え、初めての縦走ルートをのんびり歩きました。



16.2km を7時間以上をかけての訓練でした。
獲得高度は、



でしたので、まずまずの訓練ができました。

途中、団体さんとも何組かすれ違い、いい季節になったなぁと改めて思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食堂だけが有名ではないタニタから

2016年04月05日 | グッズ


乗るだけで測定できるなんて、世の中、ドンドン便利になっています。

乗るだけでスイッチが入って、登録者の中から測定者を認識してくれるなんて、びっくりぽんですわ。

したがって、乗るだけで、体重はもちろん、BMI、体脂肪、内臓脂肪まで表示してくれます。

面白いのは、性別設定に男女別だけでなく、「アスリート」かどうかを設定できます。

誰にもばれないので、迷わず「アスリート」と設定してしまいました。

アスリートを選択する条件があり、

①週に12時間以上のトレーニング
②体育会やスポーツ事業団に属し競技会を目指す
③プロスポーツ選手
④ボディビルダーのような筋トレオタク

らしいのですが、

条件の中で、別大マラソンに参加するための、「なんちゃって陸連」ランナーであることだけがクリアしました(笑)

でも、アスリートを選択した時、何がどう変わるのかは取説にも記載されていないので結局「謎」です。

本日の測定結果は、
62.2、20.9、10.3、5でした。

やはり、三連ちゃんの結果は、如実に表れています(笑)
少し節制が必要のようです。

元々、これ、山行の荷物の重さを測るために買おうと決断してポチしたのですが、こんなに便利なものなら、飲み会一回我慢してもっと早く手に入れるべきでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

念願の「洋上のアルプス」へいざ行かん!屋久島宮之浦岳縦走!

2016年04月01日 | Mt.


念願の遠征のオファーを頂き、思わずamazonで、ポチッ!

楽しい楽しいプランの計画中です。
2泊3日しか時間がありませんが、無理のない欲張りなコースを検討中です。

エイプリルフールではありません。念のため(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々是好日…

2016年03月31日 | 生活雑感


風邪の調子も回復基調なので、ストレス解消も兼ね、思い切って布団から跳ね起き、朝練。

桜も満開に近づいてきました。
朝靄の中、満開を待つ桜の向こうにお月様🌙

週末は大勢の人出となることでしょう。

お気に入りのジョグコースはすっかり春景色。
夜明けも早くなりました。



これからは、早起きしないと綺麗な朝焼けを拝めなくなりそうです。

季節の移り変わりは早いものです。
明日から新学期。
学生ではないので、あまり代わり映えはしませんが、29年間、かじられ続けた脛も、細くはなりましたが何とか持ちこたえることができました。

これからは少しずつ筋肉質に変えていきたいものです。

「日々是好日」明日からの季節替わりの座右の銘です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花見ランキング九州2位 市房ダム湖畔

2016年03月28日 | 生活雑感


ちょっと早いかなと思いましたが、そんなにチャンスがあるわけではないので、ちょっと出掛けてきました。



平野部の桜は花冷えのせいかまだまだですが、ここは一足早く満開を迎えることで有名な場所で、県外ナンバーもチラホラ。



アクセスが悪いので、意外と渋滞知らずというのもいいところです。



これだけの桜の種類が長~い湖畔に咲きほこっています。



天候にも恵まれ、今年も桜を見ることができました。感謝。



やっぱり、桜は青空に映えますねぇ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花冷え

2016年03月24日 | 生活雑感


春の陽気から一転、花冷えと冷たい風

ちょっと季節が逆戻りの感がありますが、部屋の中では日差しが暖かい。

通勤途上、こんな花見つけました。



どんな花弁を付けるのか、ちょいと楽しみが増えました。

答えはあと冷え込みが緩む数日後かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝坊は三文の得?

2016年03月23日 | Run


寝坊したら、久し振りに朝焼けに遭遇。
どんどん日が長くなっています。
そろさろ、鴨も帰り支度の季節でしょうか?

そういえば桜もチラホラです。



開花宣言ラッシュですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチお花見🌸 2000kcal

2016年03月13日 | Run


なんか、毎日、花見です。

今日は、久し振りのロング。



途中、たった一本だけ、小さな桜の木が、精一杯、花を咲かせていました🌸



終盤、膝がガクガクしましたが、まあ、別大から1ヶ月ぶりなのでこんなものでしょう。

テレビは名古屋ウィメンズマラソン。
日本選手の位置どりは完璧のようですが、ここからどんなドラマがあるのかな?



今日は、水も含めて無補給で走ったのでお腹ペコペコです。
失った2000kcal、補給しないと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初桜🌸

2016年03月12日 | Mt.


近くの里山で見つけた今年初桜です。
日が落ちてからのシャッターでちと光量不足だったので、露出補正かけましたが、ちょっと無理がありました(>_<)

河津桜は見頃を終えましたが、これからの季節、主役は次々と交代していきます。

これから春を見つけて歩くのが楽しみな季節ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれから5年…

2016年03月11日 | 生活雑感
東日本大震災から5年

当時、都内で暮らしていた私は、衝撃的な揺れを体感し不自由な生活を体験しました。

記憶は少しずつ薄れていきますが、報道を見る限りでは、被災地の復興は道半ばの感は否めません。

この時期、行方不明者の一斉捜索の様子が映し出されると、胸が痛みます。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。
合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶景を求めてbike練🚴

2016年03月10日 | Roadbike


週末、気温がグングン上がりそうだったので、迷わず愛bikeを引っ張り出しました。

ここに来るのは2回目です。
いつ来ても絶景です。



いつの間にかこんなものもできていました。
他に誰もいなかったので、意味はありませんが思いっきり鳴らしてみました。



風強いのがわかりますねぇ

すぐ近くの展望台も独り占め。



お昼は、久し振りにちょっと贅沢な物をた企んでいましたが、1時間待ちとのことで諦めました。

途中で雨もパラつきだし、諦めて結果オーライでした。

70kmほどのライドでしたが、久し振りでちょっとお尻が……(>_<)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VDOTについて考える…

2016年03月09日 | Run
ジャック・ダニエルさんのVDOT理論、なかなか面白いです。



こんな感じで入力すると、自動計算されるサイトがあります。

VDOTを簡単に説明すると、その人のベストタイムから算出されるパフォーマンスみたいな数字でしょうか。

ハーフのベストタイムから算出されるオッさんのVDOTは「52.6」



そこから算出されるフルのタイムは、サブ3までもうちょっと!
とは言え、そう単純にはいかないのが世の常。

ランナーの中にはウルトラマラソンのような長い距離が得意な人もいますし、ハーフマラソンが得意の人もいますので、一概にVDOTのとおりにはいきません(^^)

でも、ひょっとしたらいけるかもなんて思うと、このままトレーニングを続けるべきかなぁなんて迷うところです。

他にトレーニングのために、Eペース、Mペース
、Tペースなどがあり、それぞれのトレーニング別の目標ペースが示されているので、オッさんのように「ぼっち練」しかできない者にとっては心強い。



しかし、このトレーニングメニューをこなすには、かなりのレベルと根性が必要のようです。

Mペース以上は明らかなゼーハーレベル。
そんなペースで練習した経験ありません。

一人で追い込む精神力、オーバートレーニングによる故障リスク付きまといますね。

目標レベルを落として、身の丈にあった目標タイムから、トレーニングペースを算出してもいいかもしれません。

来シーズンに向けて、のんびり考えることにしましゃう^_^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加