アンバランスなヤジロベエの扉

突き詰めれば全てトレードオフ 成立しないアンバランスの中の・・バランス感をひたすら探すだけ  

読破522冊目

2017-03-20 14:21:47 | 
歴史街道平成29年4月号
ロシアをひっくり返した諜報の天才
明石元二郎
軌跡を成し遂げた熱と胆力
と言う事で日露戦争の立役者の明石元二郎です。
海と陸での直接の戦いで勝った話は良く知られてますが、
ロシアの中からかき回して、厭戦に持っていった男。
しかし正々堂々が善で、
裏工作は悪な理想的武士道が大多数を占める中で、
なかなか日本では評価されなかったですが、
世界的には逆に諜報のお手本と言われる程の評価されています。
この辺りのきちんとした評価が出来てたら、
こんな結果にならなかった気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読破521冊目 | トップ | 今更だが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL