アンバランスなヤジロベエの扉

突き詰めれば全てトレードオフ 成立しないアンバランスの中の・・バランス感をひたすら探すだけ  

爺ショックデジカメでは

2017-05-14 15:43:25 | 電脳
運動怪等には向かない事がわかってはいたけど、
やはり身を持って理解したわ。
持ち歩きを優先してタフな爺ショックデジカメだったが、
こう言う場ではやはり望ヤンいや望遠がいるわな。
しかし一眼裸婦いや一眼レフでは我が身にの使用には合わない。
となるとコンデジで望遠が効くのとなると、
ニッコールのA900とかは候補になるな。
まあまあコンパクトで35倍2000万画素あるし。
ただ年間を通して望遠を使う機会が使うのは限られるとすると、
普通のバッテリーはすぐに駄目になりそうだしな。
コンパクトでも爺ショックデジカメの倍の重さだしな。
となると日頃持ち歩かないのなら、
でかくても電池型と言うのもありではないのか?
ニッコールのB500ならば40倍で画素が1600万か。
重さが爺ショックカメラの4倍近いのが気になるところであるが・・・
さて秋迄には回答を出すとしましょう。
それ迄に新型が出る可能性も考慮しながら。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読破533冊目 | トップ | 読破534冊目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL