クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

それでも主役は園児達です。

2016年11月05日 | ボランティア
先日、保育園の園長さんが来訪され私に“宝物”を贈呈されました。ハーモニカ演奏時の写真を盛り込んだ記録ですが、保育士さんの作品だけあって私の感性では絶対に到達できない想像を遙かに超える豊かな内容、やさしい表現、綺麗な彩り、かわいい雰囲気になっています。B4版でラミネートしてあります。通常は私は撮影者ですので写真に写ることはありませんが、今回だけは被写体になっています。そういう意味も含めて私にとっては貴重な記録であり宝物です。ただ、この場合でもあくまでも主役は園児達である、と思っています。私は脇役です。園児達があの演奏に何を感じ、何を学びそれらのことが将来の彼等、彼女等にどう影響するか、が大切だからです。戴いた“宝物”の写真を添付します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遂に、漸く、やっと、やっぱ... | トップ | 外に出ると会話が生まれる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む