クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

好奇心に駆られて

2017年11月21日 | 日記
今朝はこの11月で最も冷え込んだ朝となりました。霜が降り、我が家の門扉は冬のいつものように開ける時に支柱と扉が接触してかき氷みたいなものが出来ました。勿論、今年初です。そういう中、まだ朝が明けきらないというのに所用で出掛けました。車で約40分ほどの所です。その帰途、いつも目に止まり関心を抱きながらも実行に繋がらずにいた道路へ車を向けました。好奇心からです。何処に繋がる道か、どんな場所を通るのか興味は津々でした。道路は舗装はされていましたが山の中を通るルートで、一部は幅員が狭い所もありました。朝の明るい時間帯であり、未知の道でも進む方向さえ自覚していれば少しぐらいの道の間違いは生じても心配は要りませんが、それでも神経は集中させて進みました。そして結果、道路が合流した地点は往路で通った、そしていつも利用している国道でした。新しいルート、初めての地域を経験することができ満足しています。道中に出会った霜の朝の光景3点を添えます。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “もどき”のホームシアター、... | トップ | 昨日の続きです »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事