クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

幼い苗、危機か?

2017年06月18日 | 植物
育てている黄胡椒の苗ですが、これまで1日おきに水を遣り順調な成長を遂げてきました。加えて先日は苗を分けて戴いた相手の方が来られて確認され少しの肥料も与えて戴きました。苗を戴いた当初、肥料は8、8、8と言う物を与えるようにアドバイスを受けていましたが、それはチッソ、リン、カリの配合の割合を意味するとのことでしたが、そのものが我が家にはなかった為所有していたものを代用して戴きました。先日の施肥では少し不足だったのか、と思い購入のため近くの店を訪れました。しかし、該当の肥料は売り切れていて9、9、9というものがありましたのでそれを買い求めました。帰宅後直ぐに苗に与えましたが翌日観察しますと何と、1本の苗の穂先に近い部分が全て萎えきっていて折角咲いていた花も含め数本の枝が落ちてしまいました。再度の施肥が拙かったのかも知れません。あるいは肥料が強すぎたのでしょうか。

パン焼き応用編
今回初めて、説明書に掲載がないパン焼きに挑戦しました。黒糖+きな粉の食パンは掲載がありましたので先日、実施済みでしたが今回はそれにゴボウを加えてみました。私の狙いはゴボウの香りを楽しみながらパンを食べる、というものだったのですが、結果は殆ど香りは感じませんでした。ゴボウの切り方に問題があったのでは、との疑問もありますが果たして・・・・。今回は単純にゴボウを輪切りにしただけですので狭かった切断面がその理由だったのか、あるいはまた、水分を飛ばすため前日に1回、翌日の本番前に更に1回、オーブンで230° 5分の熱を加えたのがその結果を招いたのか、次回の検討課題となりました。なお、味には問題ありませんでした。今後は色んな野菜を採用して試してみたい気持ちに浸っています。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “守り神”に今年も新芽が・・・ | トップ | アガパンサス »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む