クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

2年半ぶりに日の目 フィルムと薬剤

2016年10月20日 | 写真
昨日は午後、2年半ぶりにフィルム現像の準備をしました。それ以前には頻繁にその作業をしていましたので久しぶりの暗室作業でしたが、順調にそれは運びました。ただ、使用する容器類が埃を被っていて全てを洗浄することが必要でした。今回の作業に入る前に問題として存在していたのはフィルムが古いことと6種薬剤の内、肝心の現像液と定着液が不足するのではないか、また、各薬剤がその効能を保持し続けているか、ということでした。これらは今日現像してみなければ分かりません。非常に幸いなことに現像、定着両液とも偶然にも必要量ぎりぎりで賄えました。数CC程度が残りました。そのことで今回の現像は実施可能となりました。フィルムに画像が出て来ない場合、フィルムに問題が在るのか、薬剤が不適なのか、悩むことになります。その場合、薬剤に問題がある可能性が高い、と推量しますが、その時は新品購入の必要が出てきます。先ずは1本のみを現像してみようと思っています。どちらも冷蔵庫で保管していましたが、それらの役割について期待と自信が6割、不安4割です。なお、フィルムは35mmがあと7本、ブロニーが10本、未使用がありそれらを現像する場合少なくとも現像、定着両液購入の要が発生します。店に頼めば1本600円のようです。なお、今回の準備段階でも水の使用量については最大限の節約に努めました。

氏神様の例祭
例年10月19日は私達の町に在る氏神様の例祭です。ご案内を戴き参列しました。地域人口は減り続ける上に転入者の人達はあまり関心を持たれないこともあり、毎年、こぢんまりとしたお祭りになっています。しかし、祭りの内容はあくまでも厳粛です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 快音、快感 シャッター切る... | トップ | 順調に運び無事終了しました。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む