クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

「忖度」は「忖度」でもこちらの「忖度」は・・・

2017年07月08日 | ブログ
昨日午後、NHK-TVの衛生放送で映画「赤穂浪士」がありました。かなり以前の作品でしたが内容に加え、出演俳優が大物揃いの為もあって実に迫力ある、中身の濃い作品だったと思います。釘付けで観入って仕舞いました。ところで、大石内蔵助に接する周囲の人達はその地位の高低に拘わらず殆どの場合、大石内蔵助に対して「忖度」が存在していました。しかし、その「忖度」は現在、社会を騒がしているそれとは全く性質が異なる別世界のもので、純粋で汚れがなく、お金や権力も絡まず、筋が通っていて人々が充分に納得する次元の高いレベルのものでした。この時期にその映画が放映されたこと、NHKに何かの思いがあったのでしょうか。これは私の忖度になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の1景 | トップ | 心を鬼にして »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事