クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

「お泊まり保育」

2017年07月29日 | 日記
近くの保育園の毎年恒例の「お泊まり保育」撮影に出掛けました。昨日も今日も早朝から同園を訪れ、初日の昨日は貸し切りバスで天草へ。昨年までは私が経験した範囲では山行きが続いていましたが、今年は海行きとなったようです。私が関わる保育園から少し離れた所に在る別の保育園と合同だった為、そのように変更になったのかも知れません。いずれにしろ子ども達にとっては大きな喜びであったと思います。海での時間が終わった後は園所在の地元の温泉で子ども達は汗を流し、その後は園に戻り庭で花火の体験でした。大変な酷暑の中、何事もなく無事に終了したことは非情に良かった、と思います。今日の退園の直前、関係行事が全て終了した段階で保育師の方がその旨の挨拶をされるや否や子ども達は親御さんの所に走り、抱きつきました。話せば殆どのことが分かってくれていましたので彼等彼女等が幼児であることに関して強い意識は殆ど隠れていたのですが、その時の姿を目撃してあ、そうか、そんな年齢なんだ、と私は気づかされました。
 
 泊まりの部屋 海で使ったライフジャケット
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前途洋々、次代を担う若い人 | トップ | パネトーネ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事