クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

“守り神”に今年も新芽が・・・

2017年06月17日 | 植物
大火災から我が家を守ってくれた蘇鉄が今年も無事に新芽を出しました。相当古い木ですので外観もそれらしく且つ、蘭が自生しています。何時まで生き続けるのかを心配するのですが先ずは安心しました。蘇鉄は3本の大きな幹として別れて存在しており、写真はそのメインとなっている最も大きな幹ですが、それが途中で更に2つに別れています。写真には入っていませんが他の2本にも新芽は出ています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳島阿波踊りが危機らしい | トップ | 幼い苗、危機か? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む