クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

ケチの証明

2017年12月02日 | ブログ
今年も正月に向けての“つるし柿”作りをしました。私の役割はなぜか自然と、柿の皮むきになりました。数は22個で大きめでした。果物の中で最も好物なのが柿ですので担当作業が発生しても文句は云えません。包丁を使いますので神経を集中させて、もくもくと取り組みました。ところで、私の皮むきはリンゴなどの場合も同様ですが、可能な限り薄く剥きます。今回も使っている包丁の刃が剥いた皮を通してハッキリと見える状態を維持しました。これは他でもありません、私が吝嗇家即ちケチだからです。

ドアの不具合
我が家は築後20年を迎えようとしていますが室内に設けてあるドアの数個に時折、不具合が発生します。床に閊(つか)えて円滑な開閉が出来なくなるのです。ドアは上下2か所を蝶番で固定してあるだけですので構造は極めて単純なので不具合解消にわざわざ大工さんを呼ぶことも憚られます。また、自分で解決したい気持ちも在ります。自分で着手したとき、それがなかなか順調に運ばないことがあります。蝶番を留めてあるネジが緩んだ為の現象であることは分かりますが、それが上部の蝶番かそれとも下部のそれか、ネジも1つの蝶番に8個くらい付いていますのでそのどれが関係しているのか、が不明なのです。その8個もドアと柱に分れていますので厄介です。知識ある方なら簡単に分かられるのだと思いますが私にはそれが在りませんので想像で処理していくしかありません。蝶番と反対側の底が閊える場合は上部の蝶番のネジが緩んでいることによることは想像でき、しかもそれを直すことで成功しましたが、今回は蝶番側の底が閊えていました。この現象時も同様かと思って下部の蝶番のネジを締めましたが閊えは解消出来ませんでした。作業を中止し諦めの境地に入りましたが自分に鞭打って再度の挑戦に入りました。ネジを締めてダメだったことから、今度は反対に緩めてみました。成功に至りました。床に閊えた場合はネジを締めれば良い、と思っていたのは誤りだったようで、そのか所によってネジを締めるか緩めるかが別れることを知りました。多分、このことは真理だとは思いますが・・・。

アサギマダラ効果
外出時に歩く速度が以前のような速さに近づいてきたことを先般、ブログに書き、それがアサギマダラに関わっていることに触れましたが、その回復が確かに身についたように感じています。早歩き時は自然と大股になり背筋も伸びています。ただ、歩きを始める前の過ごし方次第で時には胸に違和感が起こることもありますので注意はしています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉4景 | トップ | 本格ウオーキング実施 »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事