クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

初蕗の薹と餅入り七草粥

2018年01月08日 | 日記
裏庭に、今年は今のところ1個のみ蕗の薹が顔を出していたのだと思います。昨日、それを収穫して炊事場に置いてありました。やがて味噌汁に入れられて味わうことになりましたが香りが今いちでした。この後、次第にその数が増えていくと同時にその個性も強くなっていくのかも知れませんが、今年はその一角に剪定した枝類を積み重ねていますので果たしてどの程度の数の蕗の薹が見られるか疑問です。七草粥も昨日の朝食でしたが材料揃えが整わずにいくつかの草だけになったようです。言わばバージョンダウンになっていました。それは兎も角、七草粥は餅で疲れ切った胃袋に休憩を与えるもの、と聞いていますが何故か我が家のそれは餅入りです、伝統的に。「肥後モッコス」の表れかも知れませんが・・・。

今後は私の感性が問われます
先のブログに書きましたPCアプリのインストール、それで得た内容を実際の文書等の作成で活かさなければ何の意味も持ちません。その導入前でも相当数のフォントがPC内にあったのですが、それに加えて105種ものフォントを新しく採り入れたのです。どういうフォントがその中に在るのかを表示することが先ず必要且つ重要ですので、その方法を考えました。最初は“恋ソフト”利用で着手しましたが、それではかなりの手数と時間を食ってしまうことに気づいて中止、別のソフト利用に切り替えました。その変更は正解で、極めて合理的に作業を進めることが出来、完成した表にも一覧性を備えることができました。A3版4枚にも及ぶ資料となりました。ただ、今後は偏に私の感性に懸かっていて、フォント使用のT・P・Oで私が試される時が訪れます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霧のちぽかぽか

2018年01月07日 | 日記
昨朝は凄く深い霧が立ちこめていましたが、その後はポカポカとした過ごしやすい条件になりました。昨日もメジロは番で来ましたが所用で出掛けることにしていたため、撮影には入りませんでした。用務先は徒歩で片道80分、先日の3社参り時とは異なり“アサギマダラ効果”で歩くことが出来ました。途中、植木を日が当たる場所に移動しておられる男性を見かけましたので挨拶をしました。相手からもお返しがありました。そのまま通り過ぎようとしたときです、エッ!!と閃きました。振り返って確認しますと中学時代の同級生でした。しばらく会話しました。昨日の往復、私が子どもであれば親、特に母親からは厳しく「道草せず真っ直ぐ帰りなさい」と小言をいわれるような場面が何度かありました。即ち撮影です。路傍で目に止まった光景の写真4点を下に添えます。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年元旦 18時55分の満月

2018年01月02日 | 日記
あれだけ大事して正月を迎える準備をしましたのに元旦はアッと云う間に過ぎ去りました。こうして毎日が終わっていくのでしょう。有り難いようでそうでないようで・・・。元旦夕刻の満月写真を撮りました。


くまモンの移動
今や世界的に有名になったくまモン。そのくまモンは地元熊本だけでなくあちこちに出掛けていきます。そこで疑問が生じました。訪問地へ向かうのは遠隔地の場合は飛行機あるいは新幹線利用だと思いますが、そのときその姿を誰1人見た人がおられません。果たしてどのような方法で移動しているのでしょうか。もしかして、大きな段ボール等の中に収まって呼吸をこらえて宅急便で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年1回のことですから仕方ないといえば仕方ないのですが・・・

2017年12月28日 | 日記
今日は窓拭き作業に取りかかりました。私が最も嫌いな、気が乗らない作業です。家に窓が多いのは光が取り込めて有り難いのですが、その掃除となるといやはや、気持ちが重たいこと、重たいこと。窓が多いことに加えて、窓の高さが高くて柄の長い用具を使用せざるを得ない場所も在り、建物に接するような近い距離に植木が在ったり物が置いて在ったりして余分な作業も出てきます。しかもそれが作業に不規則な動きをもたらしたりもします。今日は面積が広い窓のみを処理しました。明日は細々した窓が対象です。脚立も必要になります。体力的にも何時まで、何歳まで出来るのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末恒例行事 餅搗き

2017年12月27日 | 日記
今日は朝から恒例の餅搗きをしました。餅米の量は6kgですが2晩水に浸していたことから9.8kgになっていました。1回に搗く量は3kgとしましたので計3回を専用の機械に掛けました。約39分間が「むす」、その後が「つく」で約10分間です。出来上がりは赤子の肌のように滑らかで米粒は完全に潰されていました。所謂「もち肌」です。出来上がりの最初のものは餡入りにして神仏に供え、残りを3組(神仏と水神様)の鏡餅と餡なしの餅としました。後の2回分は全て餡なしです。準備した餅米が800g残りましたので、初挑戦としてパン焼き機で今、作っています。説明書には1時間15分の所要と記載されています。当初はその機械利用は頭になかったのですが、昨夜の入浴時に突然思い当たり実施に持って行きました。果たしてどんな餅が出来、どんな味がもたらされるか、興味あります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墓掃除 寒さも冷たさも無くラッキーでした

2017年12月24日 | 日記
今朝の早い時間帯は太陽が見えていましたがやがて曇りに変わりました。情報では午後は雨、その為か寒さも冷たさも殆ど無く作業をするにはとても有り難い条件でした。昼前から墓掃除に出掛けました。年に3回、春秋の彼岸の時と正月前に行っています。前2回はポンポン草が茂っていてそれを取り除くのがメインとなりますが、12月は草は全く在りません。その代わりに、綺麗な姿で新年を迎えて貰う為に墓石全てを残らず拭き掃除します。清拭する面の数は墓碑横に設けられている墓誌2基も含めて60を超えます。前回までは地面からジャンプして直接最下段の墓石に飛び乗っていましたが、年齢を考えて今回はコンテナを持参してそれをステップとしました。同じ敷地内に在る親類の墓に、嫁がれて他市に住まわれているその家の方が参りに来られました。相当以前にお会いしたきりでしたので全くの邂逅となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日の始まりと締め括り、というのに・・・

2017年12月18日 | 日記
非常に稀にではありますが物事が順調に運ばず調子が狂うことがあります。昨日がそうでした。早朝、パン焼きを始めたとき2度も作業の順序を間違えてしまいました。1度なら以前にもありましたが、続けて2段階で間違ったことは初めてです。本来なら先ず羽根をパンケースにセットし、次に水、その次に粉を入れます。ところが、昨日は粉を最初に投入してしまいました。その直後に間違いに気づきましたので、粉を取りだし水を入れました。そして改めて粉を入れました。今度は羽根をセットし忘れていることに気づきました。収まっている粉をかき分けてパンケースの中央に穴を開けて羽根を取り付けました。穴開けに使用した器具は、水を得た粉でべとつき要らざる作業が生まれました。パンは立派に出来上がりました。次は1日の終わりの時です。入浴前に早めに着替えの下着を廊下に置きました。入浴本番時は日中に過ごした侭の姿で着替えの部屋へ入り、そこで衣類を脱ぎました。入浴を終えて着替えの部屋へ戻りいざ、下着を着けようとするとそれが在りません。寒さで着ぶくれをもたらしていた多くの衣類を数回、1枚、1枚より分けて丁寧に確認しましたが、下着はありませんでした。入浴で暖まった身体は冷え続けました。暫くして漸く、下着をその部屋に持ち込んでいないことに気づきました。いやはや、全くお粗末でした。1日の始まりと締め括りに起こした珍現象です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も遂に 夜間水出しの始まり 

2017年12月14日 | 日記
今年も遂に夜間の水出しを始めました。昨夜の天気情報では私達の市は最低気温はマイナス3℃でしたが、隣の市ではマイナス5℃と示されていました。以前はマイナス3℃で夜間の水出しをしていましたが、何時の頃からかマイナス4℃で対応しています。その分、僅かですが私の精神的な負担は軽くなっています。この事実から云えば昨夜は対応の必要は無く、そのままで翌日を迎えようと思ったのですがそれでもどうしても心に引っかかったのは隣の市の温度でした。そのことを判断材料にしたのは初めてのことです。気になりながら床についても安眠出来ないだろう、との思いから遂には屋外3か所の蛇口を開きに出向きました。夜9時頃ですが大気は相当に冷え込んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“アサギマダラ効果”に喜びを感じながら

2017年12月13日 | 日記
午前8時45分家を出ました。行き先はウオーキングで片道80分の所、ルートは久し振りに自転車道です。今朝は酷い霜でかなりの寒さがありましたが自転車道の殆どの区間は日射しがありましたので抵抗なく過ごせました。往路、私と同じ方向へ向かう人はゼロでしたが、すれ違った方は9名おられました。犬の散歩が2人で後は私と同じくウオーキングだったようです。若い年齢の方は最初に出会った犬を引かれた女性と終点近くでの男性のみで、他は全て高齢者でした。自転車の方も2人おられました。私はいつものようにできる限り遠回り、できる限り排気ガス拒絶を頭において往復しました。ウォーキングの速度は“アサギマダラ効果”に徹することができ、喜びの中で終えることが出来ました。往復の路傍で撮った写真3点を添えます。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PC関連で疲れ果てました

2017年12月10日 | 日記
プリンターの不具合は依然として存在していますが加えて一昨日夜には、長時間を要するOSの自動更新が入りました。少しの間はそれが終了するのを待ちましたがその時の進捗度が一桁だったことから待つのを止め、床につきました。今朝起きてから確認すると流石に更新は終わっていましたがその後がまた、問題でした。午前の早い時間に500枚の残り304枚の印刷を済ませ、プリンターの問題点を解決したかったことから、なかなか通じない当該社のサポートセンターへ電話を入れました。受話器を耳に当てたまま待ち続けること数分、担当の方が出られましたので経緯を洩らさず伝えましたが、その方は担当でなかったため後刻、返事をされる旨を申されました。1時間半ほどして電話がありましたので担当に方に再び詳しく説明をしました。かなりの長い時間、指導をして戴きましたが、その途中で私の“恋ソフト”までもが機能しなくなっていることが分かりました。それは初めて経験することでした。見たことがない画面が有ったり、クリックしてもファイルを閉じられなかったり、タスクバーに収めている該当のアイコンが生きていて消せなかったり等で、困り果てて仕舞いました。プリンターの問題以上に私にとってはダメージで、そのソフトなしでは私はPC作業が出来ないからです。そのことから私は少々、パニックに陥り指導を受けてもPC操作に手違いが出始めました。その“恋ソフト”から入る印刷作業ですが、“恋ソフト”の異常が印刷時のプリンターのトラブルに繋がっているのかどうかは不明なのです。頭の中がこんがらがって仕舞いましたので問題点にピリオドを打てないまま、電話を切ることになりました。しかし、指導の方の説明でも解決には至らなかったことも確かです。電話による指導では限界があると思いますし、トラブルを抱えている本人しか分からない事がありますから。(指導の方は“恋ソフト”側に問題が在る、との捉え方をされたようですが、“恋ソフト”は元の正常な状態に復帰していますのに、その後のテストでもプリンターでは同様現象が起こります)。なお、“恋ソフト”で発生したトラブルは何が原因だったか今も分かりませんが、OSの自動更新の後はよく、いろんなことが起こることはあるようです。昨日1日、心身共に疲れました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丁寧な説明を待ちましたが・・・

2017年12月04日 | 日記
昨日も又、素晴らしい天気でした。温かく風も吹かず極めて過ごしやすい有り難い好日でした。朝から庭のユズちぎりに挑戦しました。単に果実を採るだけのことに挑戦という言葉を使うのは大袈裟な感じがしますが、あの凄いトゲの中での作業に加えて大豊作となった今年の収穫でしたのでそう、表現しても全く、違和感はありません。周囲の方の家では1個も生っていないとのことですので、何故我が家が鈴なりの状態となったのか不思議です。実の大きさも充分にあります。ただ、肌だけは相変わらずシミばかりで実全てに綺麗さがありません。肌まで揃っていたらそれこそ商品にすることも出来ますが。作業は高枝切り鋏を使用しました。そのお陰で低位置の場所も含めてどんな所でも実を摘んで行け、トゲでケガすることもありませんでした。ユズちぎりの場合は絶対必需品であり、そうでなければ収穫など思いもよりません。ところで、採取中の数時間はずっと上を向いて作業していましたので今日あたり首の後ろ側が凝ってくるかも知れません。なお、作業中、ユズの木に問いかけもしました。「凄く酸っぱくて虫や鳥たちが寄りつかないのに何故、こんな強靱なトゲを持っているの」と。しかし、ユズからの丁寧な説明はありませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好奇心に駆られて

2017年11月21日 | 日記
今朝はこの11月で最も冷え込んだ朝となりました。霜が降り、我が家の門扉は冬のいつものように開ける時に支柱と扉が接触してかき氷みたいなものが出来ました。勿論、今年初です。そういう中、まだ朝が明けきらないというのに所用で出掛けました。車で約40分ほどの所です。その帰途、いつも目に止まり関心を抱きながらも実行に繋がらずにいた道路へ車を向けました。好奇心からです。何処に繋がる道か、どんな場所を通るのか興味は津々でした。道路は舗装はされていましたが山の中を通るルートで、一部は幅員が狭い所もありました。朝の明るい時間帯であり、未知の道でも進む方向さえ自覚していれば少しぐらいの道の間違いは生じても心配は要りませんが、それでも神経は集中させて進みました。そして結果、道路が合流した地点は往路で通った、そしていつも利用している国道でした。新しいルート、初めての地域を経験することができ満足しています。道中に出会った霜の朝の光景3点を添えます。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“もどき”のホームシアター、本当に準備完了

2017年11月19日 | 日記
出席した会でそのテーブルを覆ってあったカバーに目が留まりました。恐らく塩化ビニール製だと思いますが綺麗な白色をしていて映画のスクリーンとして使うには極めて適しているのではないか、との思いが私の頭の中を走りました。会場となった施設の方に何処で購入されたかを尋ねましたら私が日頃、頻繁に訪れている店舗の名前が出てきました。その購入時のエピソードは過日、このブログに書きましたので今回はもう書きませんが、購入したそれをスクリーンにしたものに一昨日、初めて映写してみました。立派に画像が現れ鮮明さはそれまでの映像とは比較にならない良さでした。そのことから映像面では差し当たってもう改善する点はない、との結論を出しピリオドを打ちましたが、何と今度は音が、ステレオスピーカー2個の内1個からしか出ていないことが判明しました。何処に問題が在るのかをいろいろと考えましたが、勿論、私が結論を導き出せる訳がありません。昨日は、救いを求めてその問題点を、図も採り入れたメモにして電器大型量販店へ出掛けました。現在使っているコードなどには全く異常は指摘されませんでしたが、若干のアドバイスを戴きました。帰宅してから教えていただいた事柄を含めて3種のテストをしていますと、偶然にそれまで音が出なかったスピーカーからちゃんとした音が発せられました。結果から云えば量販店訪問は必要なかったのですが、訪問して想像していた問題点を1つひとつ除外していったからこそ良い結果に繋がったのであることは間違いありません。問題はスピーカーのジャック挿入口にあることが分かりました。それまではジャックを深く最後まで差し込んでいましたが、それを途中までで止めることで機能することが分かりました。長年の使用でそのように変化したのだ、と推量します。これで万全の映画会、“もどき”ですが開催出来ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山行き2回

2017年11月17日 | 日記
一昨日に続いて昨日又、竹山へ行きました。竹山とはいえ樹木も混じっています。昨日は午前と午後の2回の足運びでした。午前は持参の、市販の高枝切り鋸、自作の高枝切り鋸、それに普通の鋸2本、計4本を用意していたことから車を使いました。作業内容は公道上に覆い被さっている樹木を除去することです。幸い、足を地に着けておくことが出来る条件でしたので良かったのですが、切り取る部分が鋸がやっと届く高さであった為、進捗の度合いは緩く、切断に至るには忍耐を必要としました。事前の予定では切除した枝から小さな枝を取り除きその段階で午前の部を終えることにしていましたが、妻が車を使用する関係で午前中に帰宅する必要があり、そのことからその作業は午後へ持ち越しとしました。実際に使用した鋸は市販の高枝切り鋸のみでした。午後は竹切り用鋸と普通の鋸の2本を持参しましたが使ったのは前者のみでした。家を出る前まで前者は竹専用と思い込んでいましたが表示を見ると木にも使えることが分かりました。作業は午前に切除した樹木から枝を落とすことでしたが、簡単な内容とは云えその量が多いため時間はそれなりに必要でした。徒歩で現地へ行っていた為、確保した薪として使う木を持ち帰ることは出来ず、1か所に纏めて置いて帰りました。今日、今から車で取りに行きます。

クーチミランはイケメンのストーカー的存在
我が家の竹山の直ぐ前に池が在ります。いつものイケメンの池です。今回もしつこく私はつきまといましたので4点を添えます。
   
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親切だった女性店員さん

2017年11月16日 | 日記
昨日早朝、所用で出掛けました。行きはバスを使う必要がありましたが帰りはウオーキングとしました。まっすぐ帰れば80分ほどですが途中で買い物の予定を入れていましたので結果的には大幅な所要時間となりました。最初に訪れた店に私が求めたい物がなかったためさらに別の店に足を運んだこともその時間的長さに関係しています。ところで、最初の店で対応された女性店員さんはとても親切でした。私が買いたい物がそこになかった為、その場を去っていましたらわざわざ私を追いかけてこられ、その品が在るだろうと思われる別の店を教えてくださいました。品は極めて些細な金額の物なのに。本来の私の目的は達せられませんでしたが気持ち良い時となりました。

私の姿を見られた人達はどんなに思われたでしょうか?
午後、登山靴を履いて竹山に行きました。勿論、竹を採る為で、その場所には登山靴が最も適していて安全です。竹を切るには今の時季が最適だと聞いていますので実行に移したのですが、実際にそれを使用するのは約1年後です。ハイビスカスローゼルが倒れるのを防ぐ為の枠に使おうと思っています。採取する竹は細い物でよく且つ、3mもあれば充分です。10本を切りそろえて持ち帰りましたが、車はないため手で提げたり肩に担いだりして約20分の我が家へ向かいました。途中、多くの車と出会いましたがそれらの人達は私の姿を見られて果たしてどう、感じられたでしょうか。普通なら当然、軽トラックでも使うとところです。今の時代、私の姿は珍しく且つ、奇妙だったに違いありません。


 
写真左は外出時の道中で出会った果実、右は我が家玄関前に咲いた「ヒゴギク」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加