後期高齢者 残照録

広島市、広島県の老人大学卒業者OB会役員、地区老人会役員として、我が人生消光生活の考察。

高齢者いきいき活動ポイント事業(必須)

2017年06月20日 | 老人大学

 

 広島市 高齢者いきいき活動ポイント事業

 私は現在、広島県の老人大学「高齢者健康福祉大学校(通称健福大)と広島市の老人大学との
OB会、地区老人クラブ、3団体の幹部役員をしている。そこで、最近大いに話題と課題に
なっているのが、広島市が今秋導入する「高齢者いきいき活動ポイント事業」である。

 これは、70歳以上の高齢者が、社会参加の活動、いわゆる”外出活動”の活動実績に基づき、
ポイントを付与し、1年間貯め多ポイント数に応じて奨励金(最髙1万円)を支給する制度
である。

 ポイント付与の活動団体は、市に団体登録をし、その責任者・副責任者がポイント付与をする。
(広島市が、70歳以上の高齢者全員に[ポイント手帳]を交付する。)

 ポイントは4ポイント(指定された介護等のボランテイア等)、2ポイント(一般的なボランテイア等)
1ポイント(自らの健康介護予防の取り組み…グラウンドゴルフ参加等)の3段階ある。
 年間獲得ポイントの上限が100ポイントで、1ポイント100円なので、1万円が最高獲得金額となる。

 しかし、その予算の”振り替え措置”として、現在,一定の所得以下の人に支給されている6,000円の
交通費助成が、半額の3,000円となり、さらに将来は制度がなくなるようである。(高齢者の7割程度が該当者。)
 該当者の上限は70ポイント(7,000円)

 

 さて、現在は活動団体になる組織をどうするかが、既存団体の課題となっているが、とりあえず申請しておく
傾向にあるようだ。また3段階あるポイントに関する質問が集中して、市の担当部署は大わらわだそうな。

ヒネクレ者の小生の本問題に対するコメント(順不同 思いつくままに…)

1.若者から老人優遇制度との批判が出ないか。高齢者優遇の年金制度等への不平等感もある。

2.予算の振り替えに対する、既得権所有者からの批判。

3.70歳未満の老人団体実務担当者の冷淡(私には恩恵がない…将来のことだ。)

4.1日3段階のポイント事業のそれぞれに参加OKなので、1日最大獲得ポイントの
  理論値は7ポイントである。半月(15日)あれば、最高額に達する。

 

5.”反撥”による不参加者
  プライド高き老人、ダンダイズムある老人、上級管理職経験者等が、スタンプに押印を求めるであろうか、
 小学生の夏休みのラヂオ体操手帳宜しく、手帳を差し出すかな。(馬鹿にするな!と言わないかな)。

 私はこの5項が一番の見ものと思っている。私は手帳を差し出すか。ノーコメントとしておこう。

☆☆ この制度に興味がある方は、広島市のホームページか、「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」で、
  検索されたい。

                                           以 上

 


 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の夢 4家族懇親会 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。