鬱病患者の徒然なるままに

鬱病により会社を退職。1年間の休職期間とリハビリを経てようやく社会復帰。自身の鬱病の考察を徒然なるままに綴っています。

半年ぶり・・・

2014-08-24 17:07:46 | Weblog
に以前勤めていた病院に行きました。
但し患者としてです・・・

金曜日帰宅すると妻が開口一番
「指、包丁で切った」と・・・
どうやら縫わないと無理みたいです。

市民病院に電話しましたが「外科の先生不在」
ということ。
税金払ってるのだから救急病院としてちゃんと
揃えて欲しいものです。

結局以前勤めていた病院の救急外来へ・・・
何か物凄く懐かしい気持ちともう一度ここで
働いてもいいかな・・・とちょっと考えたり・・・

患者も他におらず直ぐ診て頂きありがとうございました。

明日は勝負の一日・・・
経営会議用の資料を直ぐに作ってもらえるか・・・
医師事務の件で納得してもらえるか・・・
医事課長と対決です・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはり・・・

2014-08-23 15:09:54 | Weblog
自分は病院で働くことに向いていないことが
よくわかりました。

朝の会議で「問題児」扱いの医師から医師事務
が体調を崩したので当分医師事務なしで診療を
行うように院長から指示がありました。

本来は医師事務を束ねている医事課長が伝えに
行くのが本筋かと思いますが、今日は休み・・・
ことは月曜日からなので私が言いに行くことに・・・

結果・・・
見事玉砕・・・

「月曜日から休診にする」
「月曜日から医師事務をつけるよう約束しろ」
と言われ、返す言葉もなく結局は院長に尻拭い
をして頂くことに・・・

これで院長からの信用も失い(尻拭いをしてもらったのは
これで2回目)医師とのやり取りができない奴・・・と
烙印を押されていることでしょう・・・

いよいよ試用期間突破が難しくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしい職場・・・

2014-08-15 18:43:52 | Weblog
今週月曜日に出社したら、院長に「○○課長の件知っている?」
と聞かれ、何のことかと思えば試用期間満了に伴う解雇でした・・・

彼は確かに病院という不思議な組織には余り合わないとは
感じていましたが、前任の管理職ができなかった仕事を
いっぺんに背負わされ、病院には向いていないという理由で
解雇・・・

経歴を詐称し、職場を1日だけで退職したりと人の道を外れた
私がどうして試用期間が突破できるのでしょうか?

そして毎日のように届く看護部長への匿名文書・・・
明らかに職員が看護部長のやり方に反感をもって
投書しているのが事実・・・

2日前、院長と一緒に同席して看護部長に投書を読ませて・・・
開口一番「事実無根です」・・・
処分は恐らく降格・異動・減給
受け入れられなければ退職するでしょう・・・

1ヵ月後の自分を考えると自分が人の解雇に携わるとは
何とも皮肉です・・・

無事に試用期間を突破できるか・・・
かなりハードルは高そうです・・・
やはり経歴詐称にツケは払わされます・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繰り返される毎日・・・

2014-08-09 19:49:53 | Weblog
今の会社に入職して一カ月・・・
毎日、逆流性食道炎と今回はそれに付け加えて
下痢も加わり、毎日の通勤はスリリングです。
片道1時間の通勤がこんなに辛いとは思いませんでした・・・

仕事は日々プレッシャーとの闘いですが、
社会保険の手続きは問題なかったものの
「能力不足」の烙印を押されないか、そっちの
方が心配です・・・

果たしてこの先も持ちこたえる事ができるでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の出来事・・・

2014-08-03 17:09:16 | Weblog
入職して早一カ月・・・
毎日の不安感との闘いの日々です・・・

先月は無事に医療監視・ヒアリングを終え
(といっても実際に行ったのは部下達ですが・・・)
やれやれ・・・と思った矢先、今度は理事長交代の手続き・・・

相変わらずコミニケーションが取りづらい医事課長・・・
でもこの人今月末で多分退職・・・
権威主義の看護部長はどうも他部署に異動の気配・・・

この法人は理事長は一見優しいですが、実際の所
成果を出さなければ、即「クビ」です・・・
私もいづれそうなるのでしょうか・・・

クレーマーとの面談は院長同席の元、無事に終了・・・
歓迎会も開いて頂き感謝です・・・

来週もエキサイティングな毎日が続きそうです・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加