鬱病患者の徒然なるままに

鬱病により会社を退職。1年間の休職期間とリハビリを経てようやく社会復帰。自身の鬱病の考察を徒然なるままに綴っています。

居心地悪いです

2008-05-29 17:26:13 | Weblog
今週より新しい部署にて勤務再開しました。要は都内にある各店舗に配送するルート配送の仕事な訳ですが、方向音痴の私にはナビの付いていないハイエースを運転するには結構大変です。道を覚えるのに一苦労しそうです。自費でナビつけちゃおうかな・・・と密かに思っています。しかも店舗は商店街にあるので中には人ゴミを掻き分けて運転しなければならない場所もあり、こちらでも神経使いそうです。転職して約2ヶ月経過しますが、未だに居心地が悪いというか社風に馴染めません。転職ってこんなもんですかね?時間が解決してくれるならばいいのですが、一社が長かった為でしょうか・・・。ただドライバーの仕事は色々神経は使いますが、車に乗ってしまえばそこは一人の空間。今まで店長として人に使われるのが嫌いだった私には天職ともいえます。今週末にはセンターでの仲間達と月一回の飲み会です。おおいにグチをこぼして来ようと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退職にはなりませんでした

2008-05-21 19:35:30 | Weblog
昨日は辞表片手に店舗に行ったのですが、人事担当者(常務)が来店されておらず、する事もないのでバックヤードでボケーッとしていました。そうしたら退職願に書いた社長の名前が違っているいる事に気づき、慌てて退職願を書き直し所在なげにしていましたが、周りの人に神経を使わせていることを読み取り、隣のドトールでお茶することにしました。しばらくするとようやく常務が現れ話し合いの席へ。こちらとしては退職する気満々だったのですが、先方から出た提案が思いがけない方向に。「要はお客さんと接するのが一番苦痛なのだから、違う部署でやってみない?」ということでした。たまたま配送に携わっている方が来月定年退職を迎え新しい方を採用したのだけれども、その方から断りの電話が今日入りそのお鉢がこちらに回ってきたという訳です。部署は「商品部」という最もらしい名前ですが、要はルート配送と商品管理の仕事。サービス業には向いてないと思っていた自分でしたから、この申し出は願ってもない事。即座に受け入れ明日本部に行って仕事の説明を受ける予定です。人生には何が起こるがわからない!を体感した一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社を退職しました

2008-05-17 19:53:14 | Weblog
4月から勤め始めた会社を退職する事になりました。あまり頑張り過ぎないよう手を抜いていたいた訳ではありませんが、上司から見るとそのように見えるらしく、暗に退職を勧告され、こちらも自分にとっては合わない仕事だと思ったので、退職することにしました。これで去年から3社退職したことになります!ただ一つ言えることは自分は働けるだけの体力と意欲は残っていたこと、単に仕事の選択を間違えただけだと言い聞かせています。当分はバイトでもして(果たして42歳フリーターというのが歓迎されるかわかりませんが・・・)社会との繋がりを維持しつつ、もっと楽に生きようと思います。今までは社会復帰をしたらすぐにバリバリ働く事しか考えておらず、人生の選択筋を自分で狭めていたように感じます。これからは色々な選択筋を試しつつ、自分にとって一番生きやすい選択を選ぼうと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一ヶ月経ってはみたものの・・・

2008-05-05 17:20:05 | Weblog
毎年4月は調子が悪く5月に入ればツキも変わるだろうと思っていたら、いきなり会社の上司から暗に退職を勧告されました。理由は仕事が遅い、手が遅い、包装が出来ない、接客態度が悪い、レジ誤差を出す、お茶を出す時手が震えている・・・等。サービス業出身の私にとって見れば屈辱としか言い様がありませんでした。鬱病と上手に付き合いながら続けられる仕事だと思って入社したのですが、とんだ見込み違いでした。やはりマイペースで働こうとするのは無理があり、上司はすぐに結果を求めてきます。そのギャップに今苦しんでいます。直属の上司である店長やパートの方は大変フレンドリーで良く仕事を教えてくれるのですが、本部の方から見た場合そういう見方はしてくれ無いようです。やっぱり復職には早すぎたのでしょうか?今思えばセンターを退所する人達のペースに合わせて、早く自分も退所したいばかりに就職を焦っていたのかも知れません。今週主治医と良く相談して、このまま最後まで頑張るか、もう一度一から出直すか考えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加