鬱病患者の徒然なるままに

鬱病により会社を退職。1年間の休職期間とリハビリを経てようやく社会復帰。自身の鬱病の考察を徒然なるままに綴っています。

一ヶ月振りのブログ

2008-04-30 19:59:34 | Weblog
一ヶ月振りのブログ更新です。今月1日より先月ハローワークにて見つけた企業に仮採用、現在は試用期間でパートとして勤務しています。就職先はお煎餅屋さん。きっと楽だろう・・・と思ったら大間違いで、覚える煎餅の種類は200種類、価格も全て覚えなければならず、お茶の量り売り、人形焼、揚げ煎餅の実演等など、しかも全てが手作業でやらなければならず、毎日腰痛と肩こりに悩まされています。いい所といえば、比較的に通勤時間が短い事、24時間営業ではないこと位でしょうか?第二の人生は誤りたくないとの気持ちと、鬱病で休職していたんだからぜいたくは言えないな・・・という気持ちで選んだ企業ですが、本気で腰をすえて仕事しようという気持ちにはなりません。余り一所懸命取り組んでしまうと、鬱病が時々顔を覗かせ、たまにお店に行く事が恐怖に感じることさえあります。なので失敗しても「この野郎!」と思う反面適当に聞き流しています。体力的にもハードですが徐々に慣れていくしかありません。6月の本採用目指して適当に頑張ります!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

出社第1日目

2008-04-01 19:17:02 | Weblog
今日から一年ぶりに社会人として復帰、無事に出社できました。1年前と違うのは家族の応援があること、今まで積み上げてきたキャリアが活かせる仕事であることです。本社は自宅から30分以内の所で出社前にドトールで一服してから出社。私の他にもう一人新入社員がいるということでしたが、既に来ていてユニフォームに着替えていました。彼女は23歳で私と同じサービス業出身で転職組。男性はユニフォームがないとのことで、ワイシャツの上に制服代わりのベストと名札を着用。最初に社長以下役員との顔合わせ、そして会社の歴史を学んだり、のしがみの種類を勉強したり、お茶の入れ方を勉強したり・・・。でも16時には終了し、初日としては丁度良い疲労感でした。はやる気持ちにブレーキをかけながら、ゆっくり会社に馴染んで行こうと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加