鬱病患者の徒然なるままに

鬱病により会社を退職。1年間の休職期間とリハビリを経てようやく社会復帰。自身の鬱病の考察を徒然なるままに綴っています。

2016年を振り返って・・・

2016-12-31 18:19:19 | Weblog
こにブログを始めて10年目・・・
毎年の雑感はそれぞれですが、2016年は・・・

自分の身の回りの出来事・・・
6月母親に降りかかった不幸・・・
息子として防いであげられなかったことが悔やまれます・・・
7月以来実家には顔を出していませんが、先日電話を
もらった時は声はその時に比べれば元気そう・・・
一日も早い立ち直りと自信を取り戻して欲しいです・・・

4月念願のBMWを購入したこと・・・
やはり直列6気筒エンジン+FRは素晴らしい・・・
但し購入代金と同額となる修理代金がかかっています・・・
一か月にヘタをすると50キロもいかない走行距離ですが
今度こそ長く乗る予定です・・・
第29代目となる車ですが、果たして車人生のアガリとなるでしょうか・・・

やはりマンション購入の影響か、毎日のルーティンを守りたく
外出が減って友人と会う機会がグッと減ったこと・・・
何とサウナの聖地「名古屋」に行ってサウナ行きませんでしたから・・・
中部精神衛生センターの仲間達ともたまに電話する位で、遂に会うことは
なかった・・・
相変わらず以前勤めていた病院の仲間と小学生じだいからの悪友とは
逢っていましたが・・・
サウナは近所のサウナで済ませ、たまに県庁に出張の際に行く
新しい「聖地」となりつつあるサウナを開拓したくらいでしょうか・・・

自転車は遂にサッパリ乗りませんでした・・・後悔です・・・

仕事では相変わらず健診科ドクターで始まり健診科ドクターで終わった・・・
そんな一年でした・・・
年の瀬に難題をふっかけられ、おかげで気分よく年越しができません・・・
唯一の救いは周りに応援者がたくさんで出来たこと・・・
健診科担当者を置き、彼のところにちゃんと問題が持ち込まれた事です・・・
少しは気分が楽ですが、最終的に判断をして責任を取るのは私の仕事・・・
果たして年明け早々に、この問題は再燃しますが果たして・・・

それと局長が9月より入院され、年末に退院されましたが、仕事に復帰
されるかは不明・・・
誰も怖くて本人には聞けません・・・
おかげで普段は暇な事務長業に少しは仕事が増えましたが、私には未知な
領域・・・
経理の方の言うとおりに伝票書いて、小切手切って、銀行の折衝だとか
行ってはいますが、理事長夫妻も今まで全部局長に任せていたので、お金
の事は全くわかりません・・・状態・・・
何となく私がわかっているフリをしながら、毎月給与が無事に支払われたか
賞与は・・・借入金は・・・はたまた税務調査は・・・どうなるのでしょうか・・・

相変わらずの転職活動は続いているのですが、何だかんだ言って今の
「ぬるま湯」状態が心地よいのも事実・・・
たまに地雷が爆発しますが、助けてくれる同僚に恵まれているのも事実・・・
内定を一社頂き、来年3月一杯まで返事を待って頂いているのですが・・・
12月連休前に本部に赴き、内定受託の意思は示してきましたが、心の
安定剤としてもう少し最終返事は引っ張ろうと思っています・・・
今、暮らしているところも3年・・・そろそろ引っ越しにも疲れてきました・・・
それでも年明け早々、四国に面接予定という、破壊的行動にでています・・・

クリニックは毎月きちんと通いましたが、5月の連休後「会社行きたくない病」
がピークに達し、診断書を書いてもらい「休職」しました・・・3日間だけ・・・
今年はかかりつけ医にも言いましたが、自分で「何でもしょい込まない」が
実践出来つつあった一年でした・・・
悪い意味では自分がやりたくない仕事を部下に押し付けただけかも知れませんが、
周囲の協力を得るということを学んだことは大きな一歩でした・・・
今の職場の雰囲気がそうしているのかも知れません・・・

年明け早々、健診科の問題が解決すれば「残留」の方向で考えていますが
来年はどういうブログを年末に買いているでしょうか・・・

良いことも半分、悪いことも半分、そんな一年でした・・・
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難問・・・ | トップ | 仕事初め・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。