鬱病患者の徒然なるままに

鬱病により会社を退職。1年間の休職期間とリハビリを経てようやく社会復帰。自身の鬱病の考察を徒然なるままに綴っています。

若い頃・・・

2017-03-21 16:13:06 | Weblog
連休中は妻が実家に里帰りしたため、犬達と留守番・・・
一人暮らしってこんなに味気ないものだったっけ・・・
と今更ながら妻の有難味に気付かされ・・・

昨日はほとんど寝て暮らし、今日はそれでも引きずる
ことなく無事出勤・・・
やはり事件は起きます・・・

当直をしてくれている整形の医師に話をするまでは
良かったのですが、その後リハ科の責任者に呼ばれ
別室に・・・

すると急遽1名退職が発生することに・・・
これにより施設基準に大きな打撃を与えます・・・
次長も交えて善後策を協議・・・
その席でリハ科の責任者は「私は科長補佐なので責任は
負えない」と発言・・・

あのね、肩書で仕事はするものではないのです・・・
と毎回同じ事をいわせるな・・・とどなりつけたい所ですが
ここはぐっとこらえて・・・

立場上、苦しいポジションにいるのはわかります・・・
けれどここで踏ん張れるかどうかで、その人の評価は
決まります・・・
私も若い頃、そういう時期がありました・・・
けれど周囲の後押しがあって初めて昇格できるもの・・・
残念ながら彼にはまだそれがありません・・・

次長の陰ながらの説教?も効いたのかその後は何も言って
きませんが、どこかで又、再燃するでしょう・・・
どうか彼がこの壁を乗り越えられますように・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断念・・・ | トップ | 懺悔・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。