大人になれないオヤジたち

プラレールで育った団塊世代2世たちは、いつしか国鉄車輌の幻影を追う様に。僕たちは、徐々にオールドタイプに飲み込まれる。

DD51旋回窓コンビで重連運用

2017年03月30日 | 鉄道写真(DD51)

JR貨物 DD51-1156,1146号機 5282レ 関西本線 (塩浜-四日市)

今ダイヤ改正でDF200の仕業となった5282レであるが、今だDD51の重連が代走する状況が続いている。そこに北海道の元鷲別機関区出身
である寒冷地仕様の旋回窓機による重連が投入された。旋回窓機の重連は相当久々の組み合わせであると思われ、朝から沿線に多くの人が
撮影に出ていた。国鉄色重連がなくなってしまった現在、旋回窓機の重連は狙うべき最期のターゲットと言えるかもしれない。
しかしDF200が調整を終えて本日、稲沢の機関庫から出場したとの情報もあり、これが稼動しだすといよいよDD51の重連自体がレアな存在になって
行くと思われる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四日市で活躍するDE10 | トップ | 赤ホキを牽引するEF64貨物更新色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道写真(DD51)」カテゴリの最新記事