大人になれないオヤジたち

プラレールで育った団塊世代2世たちは、いつしか国鉄車輌の幻影を追う様に。僕たちは、徐々にオールドタイプに飲み込まれる。

かつての北斗星カラーが貨物を牽引する

2017年06月20日 | 鉄道写真(JR貨物)

JR貨物 EF510-512号機 1250レ 稲沢貨物線(名古屋貨物ターミナル-稲沢)

今年度から名古屋地区にやって来るようになったFE510。これまで銀釜、赤釜と撮影に成功し、今回が残る青釜の撮影で全色コンプリートである。
ブルートレイン北斗星牽引の頃と比べると側面の汚れが著しいが、これもまた貨物牽引機の勲章と思うと力強を感じる事が出来る。
しかし金帯が入っているだけで同じ青釜であってもEF210桃太郎と比較すると重厚感や気品を感じてしまうのは私だけであろうか?

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養老鉄道ラビットカラー | トップ | 赤電と銀電の連結運転。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む