大人になれないオヤジたち

プラレールで育った団塊世代2世たちは、いつしか国鉄車輌の幻影を追う様に。僕たちは、徐々にオールドタイプに飲み込まれる。

DD51国鉄色再び!

2017年06月11日 | 鉄道写真(DD51)

JRF DD51-853号機 5366レ関西線( 四日市-富田)

国鉄色の853号機は何度もラストランが噂されながらも、元気に運用が続いている。そうは言っても、突然運用離脱をした1805機の事を考えると
今日明日引退しても不思議ではない状況にある。この土曜日に何往復もするセメント便に853号機が入るとの情報は瞬く間にネットを駆け巡り、
沿線には多くの撮影者が集まった。ただコンテナやタンク運用とは違い、終日何度も富田と四日市間を往復するので、一ヶ所に撮影者が集まる
パニック状態にはならず、駅間の要所要所にバラけていた感じで、終日落ち着いた雰囲気で撮影が出来たのはありがたかった。
自分も今回はこれまで撮影した事の無い場所で狙って見た。セメント便ならばなんとか後方まで編成を収める事ができるアングルであった。
しかしここは基本キャパ1名、MAX2名である。踏み切りでの撮影となるため、後ろに脚立を組んでいた人もいたのだが、付近は交通量が案外多いので、
列車が来る直前に遮断機が下りてから脚立を組む事となり大変である。

 

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養老鉄道センロクカラーに出... | トップ | DD51国鉄色が近代化産業遺産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道写真(DD51)」カテゴリの最新記事