大人になれないオヤジたち

プラレールで育った団塊世代2世たちは、いつしか国鉄車輌の幻影を追う様に。僕たちは、徐々にオールドタイプに飲み込まれる。

国鉄標準色に戻された185系が東海道を下る。

2017年01月04日 | 鉄道写真(JR東日本)

JR東日本 185系  ”踊り子107号” 大宮総合車輌センター A3編成 東海道本線(茅ヶ崎平塚)

昨年末押し迫って、こちらも今後消え行く運命にある185系の撮影遠征に出かけた。当ブログ年始の1枚が富士山バックでの勝負の一枚であったが、
やはり185系と言えば踊り子ヘッドマークで撮影したい。と言うわけで、天気も良いので橋梁での撮影を試みた。しかし当該橋梁周辺は工事中で、
撮影がなかなか難しい状況。周囲にあれこれ移りこんでしまったが、国鉄オリジナル塗装に戻された10連を撮影する事が出来た。
JR時代は様々なカラーリングが試された185系であるが、終焉も近い事から、現在は全編成オリジナル塗装に戻されようとしている模様。
しかしこのストライプ、当時の国鉄としてはなかなか斬新なカラーリングだったなと、今見てもなかなか新鮮な、大胆なカラーリングである。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ←クリックお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 251系おはようライナー新宿26号 | トップ | 185系「踊り子」ヘッドマーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道写真(JR東日本)」カテゴリの最新記事