らんこ先生のようちえん日記

能登半島にある幼稚園での小さな出来事の日記です。

変えるべきもの 変えてはならないもの

2016-12-31 15:19:51 | Weblog

今年ももうすぐ終わります。なんといっても幼稚園にとって今年は100周年の年でした。数年前からずっとどういう「100周年」にするか考えて考えて・・。

普通はこんなふうにするんだろうな、とか。100周年なんだからこのくらいしなくちゃ、とか。いろんないろんなことを考えた末の100周年でした。

正直、もうちょっとゆっくりじっくりしたかったなぁ・・・という思いがあります。自分で企画して、自分で当日も動いて、後片付けもして・・・となってしまったので、ゆっくり味わうことができなかったのが、ちょっと残念。せっかく来て下さった人ともうちょっとおしゃべりしたかったなぁ・・・。

出欠をとらない、寄付は集めない、大きな会場を借りない、現園児にも出席を求めない。それはある意味変わった形式でした。そこで、大事にしたのは「自由」でした。そこがうちの園の大事にしなくちゃいけないもの。いろんな世代の卒業生に出会いましたが、どこかみんな自由。誰がくるのかわからない、どういうことを感じるかわからない、自由。来る時間も来てからの行動も、自由。

そこで見えてきたのは、園の伝統だったり、大事にしてきたものだったりしました。大学生や高校生への教育だと、「こんな教育でした」というのは残りやすい。「私はあのときのあの言葉で変わりました」、なんて言ってもらえるし、大人になってからもつながっていて、いろんなことを発言してもらえる。

でも幼稚園は子どもたちを相手にしている。だから、手を抜こうと思えば手をぬけるし、おしつけようとすれば押しつけられる。そして子どもたちはそんなに細かいことを覚えているわけじゃない。基本、忘れられる教育。

けれどだから、大事な教育。そのことを誇りに思って、続けてきた先輩たちに敬意をいだきつつ、バトンを次の人に渡せるように。

変えてはいけないものを続ける平静さと、変えなくてはいけないものはそれを変える勇気。

そして、いつもそれを見分ける知恵を持ち続ける幼稚園でありたいと願っています。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宴会ごっこ | トップ | テレビで応援 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。