「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

「やすらぎの郷」・1-「老い」の悲喜をユーモアたっぷりに

2017-05-17 00:00:01 | 「身の程」人生

「慕情」中島みゆき ドラマ「やすらぎの郷」主題歌 本人からのコメント

テレビ朝日系で毎週月曜~金曜日 ひる12:30~12:50放送中
・BS朝日(再放送)毎週月曜~金曜日 あさ7:40~8:0

  「人生は,クローズアップで見ると悲劇だが,ロングショットで見れば喜劇である」(チャールズ・チャップリン)

      Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

やすらぎの郷--人生最後のときを過ごせる場所として提供されているとある施設。ここに入居した往年の大スターたちの「老い」の悲喜をユーモアたっぷりに描いています。
『北の国から』で名高い倉本聰氏が手がける脚本とベテラン俳優のいぶし銀の演技に魅了され,画面に引き込まれていきます。

>>> スーリー
テレビの全盛期を支えた“テレビ人”のみ入居する老人ホーム“,やすらぎの郷La Strada”。主演は石坂浩二。浅丘ルリ子,有馬稲子,加賀まりこ,五月みどり,野際陽子,八千草薫,藤竜也,ミッキー・カーチス,山本圭と,ベテラン俳優が多数脇を固めています。

   菊村栄(石坂浩二)は単身,海を臨む山の斜面にひっそりと建つ,『やすらぎの郷La Strada』に入居しました――。ここは大手芸能プロダクション“加納グループ”の総帥・加納英吉がグループを突如解散した後,私財を投じて作った,テレビに功績があった者だけに入居がゆるされた無料の老人ホームです。

 この施設を仕切るのが,加納の長女・名倉みどり(草刈民代)と,みどりの夫で元大学病院院長の名倉修平(名高達男)です。会員になるにはただひとつ資格が必要で,それは全盛期の映画,テレビを真剣に支えた役者、監督、ミュージシャン,アーティストであること、というものです。なお,一時期でもテレビ局にいたものは,オフリミットです。その理由は,テレビを今みたいに駄目にしたという罪によります。

 

>>>高倉健をモデルとする高井秀次(藤竜也),さっそうと登場--第27話~第38話

 高井秀次(藤竜也)らしい華麗なる登場に『やすらぎの郷』は,沸き返ります。そして,騒動が起きます・・・・・・・。

 

           
少年時代 高倉健 Ken Takakura
1956-2014 (文春文庫)
旅の途中で (新潮文庫)            
集英社刊 1836円 文藝春秋刊 864円 新潮社刊 594円            
                 
                 
                 

 


 脚本の倉本聰さんのコメント 出典:http://gogomiegon.com/miyuki-nakajima/

暗い話には絶対にしたくない。明るいこと。しみじみとしていること。悲しいこと。そして,あくまで笑えること。
「人生は,クローズアップで見ると悲劇だが,ロングショットで見れば喜劇である」(チャールズ・チャップリン)そんなドラマを創りたいと思います。               

 

 
やすらぎの郷(上) 第1話~第45話 やすらぎの郷(中) 第46話~第90話  
双葉社刊 1,620円 双葉社刊 1,620円  
テレビ朝日系で月曜~金曜 ひる12:30より放送中の連続ドラマ「やすらぎの郷」のシナリオ本  

 


 主題歌-中島みゆきが歌う「慕情」

 愛より急ぐものがどこにあったのだろう
  愛を後回しにして,何を急いだのだろう
    ..............................

中島みゆきさんのニューシングル「慕情」の発売日は,今のところ,未定ということです。中島さんのシングルが発売されるとなると,1995年5月19日に発売された「旅人のうた」以来で,- 22年振りとなります。   


中島みゆき全歌集(1975-1986) (朝日文庫) [ 中島みゆき ]



 舞台となる「やすらぎの郷La Stradaaa」のロケ地は,川奈ホテル



川奈ホテル

 舞台となる「やすらぎの郷La Stradaaa」のロケ地は,静岡県の川奈ホテルです。川奈ホテルは,1936年に開業の老舗の格式あるホテルです。かつて,マリリンモンローやジョー・ディマジオが新婚旅行で訪れています。

                                                続く:次回掲載予定日 5月24日(水)

 「人生は,クローズアップで見ると悲劇だが,ロングショットで見れば喜劇である」(チャールズ・チャップリン)  

    Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

 

                                                      

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マニュアルのつくり方・生か... | トップ | 食品スーパーの「オーケー新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。