「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

稲盛和夫著『考え方』 - ほれぼれとするような人になれ

2017-07-17 01:20:01 | 「身の丈」経営

考え方~人生・仕事の結果が変わる1620円

 

 ほれぼれとするような人になれ
                       出典:p27~p29

  本書は、素晴らしい人生を送るために、正しく、清らかで、強く、純粋な「考え方」を持つこと、すなわち美しく高邁な人格を築き上げることがいかに大切であるかということを、私の体験を交えて述べたものです。
 本書を構成している九つの章は「大きな志を持つこと」「常に前向きであること」「努力を惜しまないこと」「誠実であること」「創意を凝らすこと」「挫折にへこたれないこと」「心が純粋であること」「謙虚であること」「世のため、人のために行動すること」から構成されており、それぞれが独立したテーマとなっています。しかし「人生は考え方によって形づくられる」という本質の部分では互いにしっかりと結びつき、一体となって、人生に幸福をもたらす「人間のあり方」を指し示しています。

 たった一回しかない人生を、生きがいに満ちた、素晴らしい人生だったと言えるものにしていこうと願うなら、自らの「考え方」を美しく、気高いものに磨き上げることに努めていかなければなりません。つまり、全人格的に優れているという意味でのまつた「全(まつた)き人」を目指す努力をしなければなりません。
                         
 私が理想とする「全き人」とは、書き思いに根ざし、人間として正しいことを貫く姿勢を持つ人であり、誰もが「ああ、あの人は素晴らしい人だ」とほれぼれするような人柄の人物です。また、単に能力に長けているだけではなく、自然と皆から「あの人と一緒に人生を歩みたい」「共に仕事をしたい」「あの人がいてよかった」と思われ
るような人物のことです。
      
 しかし、「言うは易く行うは難し」です。実行していくのは容易なことではありません。自分はこうありたいと強く願い、反省を重ねつつ、一日わずかなりとも進歩できるように努め続けなければなりません。
 大切なのは、「こうありたい」と思い続けることです。「こういう自分でありたい」と思って一生懸命努力し続ければ、必ず人間は成長するものです。
 もともと、生まれながらに立派な人格を持った人はいません。人間は一生を生きていくなかで、自らの意志と努力で高邁な「考え方」を持った人格を身につけていきます。
 本書が、そのように絶えず自分自身を磨き、素晴らしい人生を歩んでいこうとする皆さんにとって、少しでも役立つことを願ってやみません。

>>>稲盛和夫(いなもり・かずお)
1932年,鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年,京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長,会長を経て,97年より名誉会長。84年に第二電電(現・KDDI)を設立し,会長に就任。2001年より最高顧問。10年には日本航空会長に就任。代表取締役会長,名誉会長を経て,15年より名誉顧問。
このほか,1984年に稲盛財団を設立し,「京都賞」を創設。毎年,人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また,若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として,後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(サンマーク出版),『働き方』(三笠書房),『稲盛和夫のガキの自叙伝』(日本経済新聞出版社),『成功への情熱』(PHP研究所),『君の思いは必ず実現する』(財界研究所),『人生と経営』(致知出版社),『燃える闘魂』(毎日新聞出版),『ど真剣に生きる』(NHK出版)などがある。

稲盛和夫オフィシャルホームページ http://www.kyocera.co.jp/inamori/
 

 

 

考え方~人生・仕事の結果が変わる

 

 京セラ創業から第二電電(現KDDI)の設立、そして、2010年の経営破綻からわずか2年で日本航空をスピード再生させた当代随一の経営者・稲盛和夫が、自ら一貫して実践し、社員一人ひとりに語り続けてきた、「自己成長を促し、真の充足をもたらす」唯一つの方法を示す。渾身の書下ろし新刊!!

大和書房   1620円
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲盛和夫著 『考え方』-人... | トップ | 週間ベストセラー 【単行本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。