「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

熊本地震-避難所における被災者支援に関する事例等報告書避難所運営マニュアル作成など-2

2017-06-30 14:48:32 | ブレークスルー

熊本地震-避難所における被災者支援に関する事例等報告書避難所運営マニュアル作成など                 
     出典:内閣府 平成29年4月 「平成28年度避難所における被災者支援に関する事例等報告書」
                
 東日本大震災や熊本地震などをはじめ,近年発生する災害は規模が大きくなる場合も多く,また,その発生状況は様々であるが,どのような災害においても,ひとたび避難所が開設されれば,高齢者や障害者,妊産婦や外国人,食物アレルギー患者など,様々な方々が生活を送る場となる。

 内閣府は,熊本地震を踏まえた応急対策・生活支援策の在り方について調査 http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/houkokusyo.pdf  を行った。その実施内容は,地方自治体や社会福祉施設,障害当事者,熊本地震において避難生活を送った被災当事者へのアンケート調査及びNPO団体,障害者団体,熊本県在住の障害当事者,避難所運営に当たった被災自治体の担当職員などへのヒアリング調査で構成される。

 このブログでは,熊本県に関する報告内容を要約して取り上げるとともに,運営マニュアルの作成の具体策を考察する。


◆運営マニュアルの作成について

 

  熊本県内の自治体に限った調査では避難所のマニュアル作成済みが40.6%,作成中が12.5%,具体的に検討中が15.6%,未作成が31.3%だった。福祉避難所のマニュアルは作成済みが22.6%,具体的に検討中が22.6%,未作成が54.8%だった。

 

                   出典:http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/houkokusyo.pdf


     ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●                              

電子書籍-KINDLE版--  ○無料 Kindle 読書アプリを入手

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。


仕事力がアップする! マニュアルのつくり方・生かし方 (PHPビジネス選書)

 マニュアルは「融通のきかない画一的なサービスを生む元凶だ」という声がある。はたしてそうだろうか。おそらくそうした声が出る背景には、マニュアルを「唯一絶対の手順書」と誤解し、それに縛られているからであろう。しかし、マニュアルは暗黙知を形式知に変え、その企業の行動規範ともなる大事なものである。仕事を要領よく効率的に行なうためになくてはならない指針であり,実際,多くの企業がマニュアルを上手に使って持続的に業績を伸ばしている。

本書は、多くの一流企業でマニュアル作成に携ってきた著者が、その実務をわかりやすく解説したものである。本書を活用することによって、例えば、◎社員を早期に戦力化したい、◎クレーム対応などの非定型業務を定型化したい、◎作業効率アップ、コスト低減、非社員化を推進したい、などの目標を実現することができるであろう。

電子書籍-楽天Kobo版-- 

 

紙書籍版も取り扱ってます!

楽天Kobo 電子書籍版 仕事力がアップする! マニュアルのつくり方・生かし方 1,200円
紙書籍版 マニュアルのつくり方・生かし方 1,620円




『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本地震-避難所における被... | トップ | 鹿児島市「猫カフェ」経営者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブレークスルー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。