「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-1

2017-04-25 15:52:25 | 「身の程」人生

  『島耕作』シリーズでおなじみの弘兼憲史さんと,『東京ラブストーリー』など,時代に合わせて幅広い世代の恋愛ストーリーを執筆し,「恋愛の神様」とも呼ばれる漫画家の柴門ふみさんは,ともに売れっこの夫婦である。

 この漫画界の大物カップルとして知られる2人だが,柴門ふみさんは「婦人公論」2015年6月23日号で,『浮気よりも許せなかったのは家族への無関心』というタイトルで,夫であり漫画家の弘兼憲史さんとは離婚せず,家庭放棄を続けてきた夫を受け入れて,程よい距離感をもって夫婦を続けるとことを選択したとし,それが良い距離感を生んでいると告白した。この冷めた夫婦関係は話題をよんだ。

 この間の事情は,弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見る,「家庭放棄の夫」と「離婚しない妻」の冷めた実態 https://news.allabout.co.jp/articles/d/85273/, 「島耕作」作者の弘兼憲史氏が家庭放棄? 妻の柴門ふみ氏が暴露 http://news.livedoor.com/article/detail/10256746/ , 浮気よりも許せないこと http://ameblo.jp/chie-kiku/entry-12244984195.html などに掲載されている。

 

     
   

 冷めた夫婦関係にある二人。柴門さんが『老いては夫を従え』(2016年12月刊),弘兼さんは『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』(2016年11月刊)と,ほぼ同時期に老いてゆく日々を踏まえてのエッセイを上梓した。私は,この二冊を読み比べ,身につまされ,ほろ苦さで胸が詰まる思いである。

┏┓
 『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』-はじめより-

 「常識」という棚にしまったすべてのものを一度おろして,ひとつひとつ吟味してみませんか。そうすれば,きっとこれからの人生に必要なものと必要でないものが見えてくるはずです。

┏┓
■ 柴門ふみ『老いては夫を従え』--
 
「最後に男が頼るのは,結局女房なんだよな」
 いつも強気なウチの夫でさえ,65歳過ぎた頃からそんな言葉を口にするようになった。どうして,男は妻に頼るのか?それは孤独が怖いからである。(8ページ)
   .........(中略)

 男が最後に頼るのが女房というのは,我慢を許してくれる最後の人間だから,ということなのだろうか。 しかし,いずれに配偶者もどちらかが先立つ。
 夫に先立たれた女は最後に,我慢を聞いてくれる(聞くふりをしてくれる)女友達と,警備会社と,お巡りさんにたよろっと。(13ページ)

                                                            --この稿,続く
 

 

老いては夫を従え
恋愛のエキスパートとして女性向けエッセイも多い著者が,今度は自らを題材に「老い」を綴る。歳を重ねることを怖れず抗わず楽しむ術が満載の「人生の教科書」ともいえる前向きエッセイ全27編。
 小学館 ¥ 1,404




>>>柴門 ふみ(さいもん ふみ、1957年1月19日 - ) 漫画家,、エッセイスト。徳島県徳島市出身。
 バブル期に既発漫画がトレンディドラマの原作として使用される一方で,恋愛エッセイを数多く執筆。恋愛の巨匠,恋愛の教祖等と呼ばれた。夫は同じく漫画家の弘兼憲史さん。弘兼との間に1男1女がある。

>>>弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像 掲載ブログ一

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-総集ページ  2017-05-05

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-5  2017-05-01

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-4  2017-04-28

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-3  2017-04-27

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-2  2017-04-26

弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見るありたい夫婦像-1  2017-04-25

 

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

弘兼流 60歳からの手ぶら人生
弘兼憲史、身辺整理始めました!

漫画も人生もエンディングが大事。
60歳を過ぎたら、身につけていた余計なものは捨てて、手ぶら人生を楽しもう。

第1章 持ちものを捨てる
・60歳とは起承転結の「結」
・実践! 「持ち物を半分にしよう運動」

第2章 友人を減らす
・年賀状、中元・歳暮はやめる
・「孤独力」を身につける

第3章 お金に振り回されない
・使いきって死ぬ
・ゲーム感覚で節約生活

第4章 家族から自立する
・「家族はひとつ」という幻想を捨てる
・定年後の男の価値はゼロ、奥さんからはそう思われている

第5章 身辺整理をしたその先
・60歳以降の仕事探しは求められる場へ
・旅行へ、小さな冒険へ
・どんと来い逆境。カモン、ストレス!

   海竜社  ¥ 1,080
ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒行で知られる鹿児島・最福... | トップ | 弘兼憲史・柴門ふみ夫妻に見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「身の程」人生」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。