防犯について

防犯知識・防犯対策・セキュリティについて綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犯罪者の行動条件

2017-01-04 14:46:04 | 防犯
・やりやすいか
・逃げやすいか

上記2つが前提となり実行されます。

被害に遭うもの(人・建物)が、無防備であり、かつ人の目(監視性)が無く、追いかけられる心配も無いということです。


~建物編~

犯罪者(プロの侵入盗等)は、獲物を狙う際に下見を必ず行います。
狙いのつけた建物がある地域・街から下見を行います。

街の雰囲気(汚れているか、住民のコミュニケーションの度合い)

実際に狙う建物や周囲を確認(前後左右の家からの目、建物のセキュリティレベル)

逃走経路の確保(隣家との間に通路があるか、大小入り組んだ不規則な道路)


上記から、少しでも犯罪意欲を無くさせる為には、

・街の汚れを無くす(放置車両・放置自転車、不法投棄、色褪せた古いポスター類、落書き、植栽の手入れ、廃墟の管理等)

・住民同士の挨拶励行(見知らぬ者に対しても)

・建物のセキュリティ強化(扉や窓を確実に施錠する、足場となる梯子等を周囲に放置しない、敷地境界線の確保)


管理されていると、犯罪者は非常にやりにくいと言うことです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 始めに | トップ | 犯罪者の行動条件② »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

防犯」カテゴリの最新記事