世間知らず

毎日のやられっぷりを書いていこうかなと・・・

本のこと 4

2005-10-29 | CoSTEP
gooリサーチモニターに登録!

たくさんあります・・・大変です・・・

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

早川書房

このアイテムの詳細を見る


「隔離」という病い―近代日本の医療空間

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


遺伝子組み換え食品の危険性

緑風出版

このアイテムの詳細を見る


暴走族のエスノグラフィー―モードの叛乱と文化の呪縛

新曜社

このアイテムの詳細を見る


洗脳の楽園―ヤマギシ会という悲劇

宝島社

このアイテムの詳細を見る


不平等社会日本―さよなら総中流

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門

有斐閣

このアイテムの詳細を見る


変体少女文字の研究―文字の向うに少女が見える

講談社

このアイテムの詳細を見る


情報の技術―インターネットを超えて

朝日新聞社

このアイテムの詳細を見る


立花隆「嘘八百」の研究

宝島社

このアイテムの詳細を見る


21世紀 知の挑戦

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る


環境ホルモン入門

新潮社

このアイテムの詳細を見る


人体再生

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


クローン人間

光文社

このアイテムの詳細を見る


文筆生活の現場―ライフワークとしてのノンフィクション

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


日本語の作文技術

朝日新聞社出版局

このアイテムの詳細を見る

11月28日追加。
幻影随想の黒影さん、どうもありがとうございました。

環境リスク学―不安の海の羅針盤

日本評論社

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お引越ししちゃうかも??? | トップ | 今、何が食べたいですか?(10... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不平等社会は (9-3)
2005-11-23 03:58:25
名前は数式ではありません。



「不平等社会日本」は、かなり前に購入して読みましたが、庶民が感じているよりずっと前、80年代から不平等化は徐々に進行している事が各種統計から明らかになります。

これはいまから5年前の本ですが、読んでいると背筋が寒くなります。
世の中は (riverparade)
2005-11-23 05:48:39
6???じゃないわけですね…



自分の努力が成果となって返ってこない世の中では、努力し続けるのは大変だと思います。

『見返り』は経済的豊かさだけじゃないと思うし…。

逆に言えば、もしかすると努力してもしなくてもあんまり差がないという意味では、平等な社会なのかも???

ここだけの話 (黒影)
2005-11-28 19:39:31
立花さんの「環境ホルモン入門」はちょっと大げさな主張が多々あってあまりお勧めでないので、

中西準子さんの「環境リスク学」も併せて読んでおくと知識のバランスがとれると思います。
ありがとうございます (riverparade)
2005-11-28 20:17:12
じゃ、その本も追加しておきます。

他にもお勧めありましたら、教えてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
粥川準二さんの講義 (5号館のつぶやき)
 今日はもぐりの聴講生として、CoSTEPの講義「科学技術とメディア」の科学技術ジャーナリズム II を聞いてきました。  今日の担当はフリー・ジャーナリストの粥川準二さん。扱っているテーマが生殖医療やクローン人間など、比較的私の興味範囲と近いこともあって是非と