Bonne Pêche !

川に行ったこと、川に行かなかったこと
などなど

フライでハゼ

2016-10-14 09:54:10 | 海釣り
8月に船橋港へハゼ釣りに行って、ボーズを食らっていたので(クサフグは釣れたんだけど)、捲土重来、10月13日に、再挑戦してきました。



釣場は小型船が係留されている港の最奥部。
昼過ぎなのに気温上がらず肌寒し。が、風がないのが幸い。

夏のボサ川用蜘蛛の巣キャッチャーとして購入の2.7メートルの振出し竿に1号ライン+0.6Xのティペット別名ハリスを取り付け、浮きにはニンフ用の自作マーカーと必殺のイソメフライを装着しました。

目の前でボラが群れていますが、ハゼらしき魚は見られません。
あー、ボラが釣れたら嫌だなー、と思いながら第1投、2投、3投...。
何投しても何の反応も無し。
クサフグも来ず。
ボラでもいいのに、来ず。

場所替え!

左手方向に歩いていくと、船橋漁協の建物があって、その前が何か良さそうです。


ここは海老川が船橋港に注ぐすぐ隣。


後から聞いたところでは、「海が青っぽくなっても、川の水が入るから、釣りになる」と言うことでした。
解読すると、冷たい北東の風が東京湾に吹いて(まさにここ数日の天気ですね)、青潮が発生して海水の酸素濃度が下がって魚が釣れなくなっても、海老川から通常の酸素濃度の水が供給されるから海水の状況はそれほど悪くならない。そして、それをめがけて魚が湾外から逃げ込んでくるから釣りになる。だけど、今日はこれから満潮になるから、水門を閉めている。そうじゃなかったら、もっと釣れるのに。と言うことです。
海釣りもなかなか複雑だ。

近づいてみると、自転車で来ているちょっと怖そうな顔のお父さんがハゼ釣りしてます。
で、いきなりアタリがあって、良型のハゼを上げた。
ここだね。
泳ぎ回る魚が見えていて、これがハゼなのでしょう。
実は、釣ったことがないので、良く分からないのです。

並んでフライ投入。
しかし、アタリはあるが、なかなか針掛かりせず。
何度か空振りして、やっとフッキング!





かわいいハゼちゃんが上がってきました。
フライはこちら。


しかし、その後は全く釣れず。アタリさえなくなって、フライを投げると、ハゼが逃げて行きます。
隠し持ってきた、ガルプの青イソメワームを使ってみたけどNG。

見かねた、隣のお父さんがこれ使ってみたらと何やらプヨプヨした白い餌をくれました。
顔は怖そうだけど、優しい人だったんだ。
聞けば、スーパーで売ってるボイルホタテの貝柱とのこと。
教えてもらったように細く割いて、針に掛けて投入すると、すぐにアタリ。

しかし、やはり針掛かりせず。
どーも、針に問題がありそうです。
使ったのは、TMC902BLの#14のアイの後ろにガン玉装着。
ハゼの口には大きくて、重くて、吸い込めないと見た。

次回は、がまかつの袖針4号+ホタテ貝柱で再挑戦だ。
フライじゃなくても良いことにしよう。

だって、ハゼの一夜干しってのが旨いみたいだから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ア・フライ・フィッシャーズ... | トップ | オイカワ!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。