Takashi の部屋
    
徒然なるまゝに日暮し
 



最近、「護憲」「改憲」の話題が世間を賑わせている。
私はどちらかというと「改憲派」だ。
平和憲法を金科玉条のように崇めるのは、現代においては現実離れしている。
専守防衛や自衛隊を軍隊としての明記は、当然のことだと思う。

もっとも、「改憲派」の一部から出ている「押し付けられた憲法論」はナンセンスだ。
それを言うなら、敗戦後の「民主主義」も押し付けられたといっても過言ではない。
押し付けられたものであろうと良いものは良い 問題はその中身だ。

「改憲派」だと書いたが、ただし今の政権下では真っ平御免である。
今時「教育勅語」など 話にならない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« フォルダのサ... フォルダ内の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。