真理を求めて20年

ハズレの方が多い占い。
そうです。
人生にハズレはつきものです。

ドローン軍団(2)

2018-01-15 00:23:54 | 日記
UAVには小型爆弾が搭載されていた
即席で作ったと思われるUAVの写真からは、紐でつなぎ合わせたかなり不恰好なものであることが窺える。
しかしその解析からは、爆発物を搭載しており、50キロ以上離れた場所から発進し、GPSと高度制御センサーによって飛行してきたらしいことが明らかになった。
技術解析によれば、UAVの有効攻撃範囲はおよそ100キロと恐るべきものであった。つまり、新時代のUAV戦においては、これまで敵の手が及ばないとみなされてきたポイントであっても、最早安全ではないということだ。

いったい誰が?米軍の関与を疑っているロシア
攻撃を実施した者の正体は不明で、これに関する声明も特に発表されていない。しかしロシア側は、地元民兵を実行犯とするには技術的に高度すぎるとも仄めかしており、米軍の関与を疑っているようだが、だが米国防総省はこれを否定した。
「情報の正確さについて確かなことは分からないが、基地を襲ったというドローンの数が多少なりとも事実に近いものなら、敵の射程外から飛ぶ自律型ドローンによる大規模な協調作戦が軍事基地に対して行われた最初の事例だと思われる」とザ・ドライブのタイラー・ロゴウェイ氏は報じている。
「ドローン群の時代が到来したようだ。理解するには恐ろしすぎる未来だ」とロゴウェイ氏。 
不明な点だらけだが、これは恐るべき新時代の幕開けを告げているのだろうか?専門家が警鐘を鳴らし続けてきた暗黒の未来へと続かなければよいのだが。
すでにドローン迎撃用の対空レーザー発射装置も開発されているようだけどね。相変わらずいたちごっこの技術進化だね、軍事界隈は。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CPUに新たな脆弱性 | トップ | ドローン軍団(1) »
最近の画像もっと見る