真理を求めて20年

ハズレの方が多い占い。
そうです。
人生にハズレはつきものです。

727で暮らしています(1)

2017-05-16 06:52:18 | 日記
森の中で一人、ボーイング727旅客機で暮らす男性(アメリカ)
アメリカでは晩年、キャンピングカーで全米各地をまわりながら老後を過ごす人も多い。だが中にはこんな人もいる。
とてるもなく巨大な中古物件を手に入れた男性。そこに住みながらコツコツと修復および住宅化に取り組むのが日々の日課なんだそうだ。
その物件とは役目を終えた旅客機、ボーイング727である。彼はスクラップ寸前だった飛行機の機体を購入し、自分の家にしているというのだ。
オンボロ旅客機を買ったエンジニア
米オレゴン州ポートランドの郊外には、木々が生い茂る広大な敷地に1機の旅客機がたたずんでいる場所がある。
その旅客機は古びたボーイング727。そして役目を終えてオンボロになったこの機体を買い取り、住み込みでコツコツと修理を続けている珍しい男性がこちらのブルース・キャンベルさんだ。
飛行機で暮らすなんてアリ?って気もするが、広い世界の中には車内どころか機内生活をしちゃってる人が何人か存在するという。実はブルースさんがこうしているのも、そんな好事家の存在を知ったからだ。
というのも、機械作業を得意とするエンジニアのブルースさんは、もともと普通の住宅には興味が無く、当初は中古の貨物用ワゴン車を家にするつもりだった。だが、飛行機もアリだと知り、廃機になった旅客機を手に入れたという。
広い土地に飛行機を設置
こんな巨大な機体がそのままスクラップになるのはしのびない。自分が新たに命を吹き込んでみよう。そう決断したブルースさんは、自分が20代の時に2,300ドル(現在の日本円だと約26万円)で買った土地に飛行機を置くことにした。
ブルースさんは幸いにも広い土地を持っていた
それはおよそ10エーカー(約40470平方メートル)。オリンピックの競泳用プール (25 × 50 m)が32面まるっと入るほどの広さだったのだ。
しかし、機体のほうはそう安くはなかった。いくら廃機とはいえ22,000ドル(約245万円)もした。破格だった土地代と比べると正直高い買い物だったが、彼はこの飛行機をとても気に入っている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 727で暮らしています(2) | トップ | ドローンスカイダイビング »
最近の画像もっと見る