千代の写真とリウマチ日記

千代の写真と、2005年にリウマチを発病したので、その治療経過を書いています。

霧氷の下を歩く

2016-12-28 15:58:34 | 2016内科クリニック・眼科

 

  冬の渓流はいろいろな形の氷が張るので撮影が楽しいです。この冬はどうですかね~。

 26日(月)、眼科に行きました。駐車場は一杯で、待合室も混み合っていました。ところが、意外に早く呼ばれて、まず視力の測定、眼圧の測定。今回は視野検査などの詳しい検査がなかったので早く済みました。そして案外早く診察になり、視力も眼圧も悪くなく次は半年後の診察になりました。

 今日は、昨日の雨が皿ヶ嶺では雪や霧氷になっているかもと、皿ヶ嶺に行きました。上林林道の雪は、16日のような大雪ではなくて風穴へ右折する辺りから積もっていましたが、スタットレスタイヤに替えたので難なく走れました。上林トンネルの向こうの空き地に車を停めて、上林峠から竜神平へ上がりました。霧氷も出来ていて、楽しかったです。

 昨夜、1016回目(右腿)のエンブレル注射をしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっと どっこい生きている! | トップ | さる »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
随分以前に、メル友で (yoshibei)
2016-12-28 23:22:36
長く連絡の無かった友人に、初めて会いました、
緊張したのと、嬉しかったので、ついメーターが
上がり、帰りは、階段で転んでしまいました。
せっかく頂いたボージョレを割ってしまい、
お姫様達から、どやされました
ことしの初物だったのに、と。
で、どうやって寝たのか覚えてないんですけど、ね。
Unknown (千代)
2016-12-29 09:25:57
yoshibeiさん 転んだだけですんで良かったですね。
前にスェーデンで足の骨を折られたんですよね。
ボージョレが身代わりになってくれたと
思うしかありませんね。

鹿児島へ帰る前に
送別会などお酒を飲む機会があると思いますが
気をつけてくださいね。
Unknown (おいわさん)
2016-12-29 19:51:43
私も昨日は皿ヶ嶺でした。霧氷が良かったですね。
竜神平に到着の時間が違うので会えるタイミングでは
なかったようですね。
樹氷を見ることが出来ない (yoshibei)
2016-12-29 21:17:51
環境になってしまい、寂しいことこの上も
ありません、
向こうで足を折りましたのはターミナルの
階段で将棋倒しに巻き込まれ
少女を庇おうとした、名誉の負傷(笑)でしたが。
にしても、ボージョレが勿体なく、
当分、禁酒です。
お正月が来るというのに、あ~あ。
おいわさん (千代)
2016-12-29 23:07:59
帰りに水の元にお車があったのを見ました。
時間がずれていましたねぇ。
薄い霧氷でしたが、この冬初めてでしたので感激しました。
そう言えば、水の元に自転車があったのを見ましたが
ランスケさんだったとはね。
yoshibeiさん (千代)
2016-12-29 23:14:44
鹿児島では霧氷は見えませんか?
九州でもできる所はあるようですが・・・。

ところで、あの骨折、名誉の負傷だったとか
知らないものだから失礼致しました。

二日酔い(?)が治まったら
たしなむ程度は許してもらって下さい。
年の瀬 (摩耶山さん歩)
2016-12-30 21:03:51
あと 一日になりましたね。
千代さん waiwaiさんと なべちゃんの 掲示板で
知り合って もう何年が過ぎたのでしょう。

来る年が お二人にとり よい年となりますように。

私はここ数年ハードな年でしたので 来年はまったりと 過ごしたいものです。
Unknown (千代)
2016-12-31 08:29:10
照美さん ここ数年ハードな年だったのね。
時には休んで、次の活力にして下さい。

私の方は、ここ2年は、わいわいさんの病気も寛解となり
まったりと過ごしていました。
それに伴い、写欲もなくなり・・・。

最近、やっと戻りつつあるかな~
というところです。
来年は少しは奮起したいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。