さつまいも農カフェ きらら by 農プロデュース リッツ

「さつまいも農カフェ きらら」は6次産業化proさつまいも子がさつまいもで小千谷を元気に!と願いの込めたお店である。

保育ママのいるお店

2017-07-13 05:50:18 | さつまいも農カフェきらら情報

「保育ルーム」って

子育て中のママさんにとって

とってもありがたい場所

15年前
私が育児真っ最中のときは

そういうのがまだあまりなくて

いっつもおんぶしていたっけ

農産加工の勉強をしていたときも

「おしん」のように(←古い
教室の一番後ろでおんぶして立って授業を聞いていた(笑)

講演会を聴きに行ったときも

イベントで売り子をしていたときも

いつも
おんぶしてた。

初めて
とある農業女性のフォーラムで保育ルームが設置されたのも
県の女性普及員さんのおかげで
保育ルームってありがたいな

ちょっとの時間だけ
子供を預かってくれる人がいるって助かるな


思っていました。

次男のときも
保育園が水疱瘡が流行って、登園禁止になってしまって

2時間だけ仕事に行きたくて困っていたら

メル友のsatoさんが

預かってくれて

それ以来
うちの子たちは
すっかりsatoさんちにお世話になっているのです



「きらら」に来るママさんたちが

少しでもゆっくりランチやおしゃべりが出来たらいいな

いつもいつも
そう思っているので

遠慮なく預けてくださいねーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











スタッフまりこさん

彼女
元保育士さん

先日
生後1か月の赤ちゃんが
おばあちゃん、お母さん、3歳くらいのお兄ちゃんとご来店

いい子でねんねしていたんですが

ランチタイムにちょっとぐずってしまって

ママがご飯を食べられないでいたのです。

するとまりこさんが
「私がちょっと抱っこして上げられればゆっくり食べられますかね?」

言ってくれて

「おこがましいようですが
良かったら
うちのスタッフが抱っこしていましょうか?」

お声をかけたのです






私はまた泣かすと悪いから遠目で見守りましたが(笑)

まりこさんは

お母さんがランチを楽しむ時間
ずっと
抱っこしていてくれたんです

しかも
あとちょっとで寝ちゃいそう!!ってくらい赤ちゃんも気持ちよさそう

さすが!!!!!


店内が大忙しのときはできないかもしれませんが
ちょっと落ち着いた時間であれば「見守り隊」やりますよ~~~~~~

そんなサービス
普通のお店じゃないかもしれないけど

うちは
「そういうお店」


それでいいかな、と思うので



はいローチェアを
ブログのお友達がくれたので

こんな風に
ママの隣に置いています

イケメンくんや可愛い子ちゃんがやってくると

まるで
孫を見るかのように
近寄っていって

写真撮っていいですか?

いうワタシ

お店の中に
赤ちゃんがいて
小さいお子さんの声が聞こえて
ママたちの話し声が聞こえて

ゆっくり
のんびり

流れる時間

焼きイモデビューはぜひきららで^^

子供は地域の宝


スタッフ全員で
お子さん連れのお客様のサポートをしていきたいと思います

大好評のHAPPY ランチコースは18日 25日のみ空いております
ぜひ
お問い合わせくださいね~~~~~





女性陣は全員 お子さんがいるきららスタッフ

働ける時間をお互いにやりくりしながら働いてもらっています



本当に
本当に

働いてくれる方がいることに感謝します

同じ想いを持って働いてくれる方がいることに感謝します

一緒に働くというのは
常に信頼関係が大切なんだと思います

大切なスタッフさんたちが
信じられるからこそ
こんな風に
仕事を任せられるんだなあと
思ったり
しました



育児中は子供が最優先☆
そんな中で
働くママの姿を

子供たちに見せられたらいいね!!!!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちのお母さん | トップ | 【まちゼミ】あなたも今日か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL