さつまいも農カフェ きらら by 農プロデュース リッツ

「さつまいも農カフェ きらら」は6次産業化proさつまいも子がさつまいもで小千谷を元気に!と願いの込めたお店である。

絵紙で彩る小千谷ひいな祭り @さつまいも農カフェきらら

2017-02-25 22:45:17 | 「きらら」イベント情報

2月25日から
絵紙で彩る 小千谷のひいな祭りが始まります!!!!!
さつまいも農カフェ きららでは初参加☆

協力店として

はるかの間を開放し、お雛様と絵紙の展示を始めます!!!!!


小千谷市内では
主催の横山表具店様に次いで展示数が多いそうです

はるかの間が
とってもステキになっているので
それだけでテンションあがりますよーーーーーーーーーーーーー!!!

ではでは

絵紙ってなに??

いう方のために・・・


~絵紙のこと~
小千谷は、江戸時代から縮(ちぢみ)の産地として有名でした。
商人が江戸で縮を売った帰り、土産や販売目的で絵紙を買ってきたと言われています。
そのため、交易の中心だったところには、特に多くの絵紙が残っています。

小千谷の人は親しみを込め「絵紙」と呼んでいますが俗に言う「浮世絵」のことなんですね~~~~


以下抜粋になります☆


絵紙で彩る 小千谷のひいな祭り」
2017年2月25日(土)~3月5日(日)
10:00~17:00【観覧無料】

「小千谷に伝わる浮世絵展13」
2017年2月23日(木)~3月14日(火)
9:00~17:00【水曜休館・入場無料】
市民学習センター楽集館
--------------------------------------------------------------
今年も「絵紙で彩る 小千谷のひいな祭り」を開催いたします。

小千谷には、雛飾りのある部屋の壁をぐるりとたくさんの絵紙(浮世絵)で飾るという風習があります。
メイン会場の和順会館ではその風習を再現、何百枚もの絵紙が皆様をお迎えします。
また、各協力店内でも絵紙の展示を行います。こちらも併せてお楽しみください。

そして、「小千谷に伝わる浮世絵展13」も同時開催いたします。
今回は、歌川国芳の「誠忠義士伝」。絵師は歌川国芳、略伝は渓斎英泉によるもので、当時も人気が高かった揃物です。
小千谷に残る47枚、ぜひご覧下さい。


とても近い距離で絵紙をご覧いただけるチャンスです☆

大変貴重なものなので
決して手を触れないよう よろしくお願いします。

スマホ等の写真撮影は可能ですが
フラッシュ撮影はご遠慮ください。

お雛様は触ってもよいとのことですが、壊したりしないように気をつけてくださいね!!

さーーーーーーーーーー
週末は
おぢや風船一揆

そして
小千谷ひいな祭り

どうか
いいお天気になりますように!!!!!!!!!!!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進化するフライドイモ子 | トップ | ありがとうございました!!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「きらら」イベント情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL