さつまいも農カフェ きらら by 農プロデュース リッツ

「さつまいも農カフェ きらら」は6次産業化proさつまいも子がさつまいもで小千谷を元気に!と願いの込めたお店である。

イモになる

2017-05-19 06:03:07 | 愛するさつまいも
「母になるって

どういうことですか?」


「あなた
育てただけで
本当の母とは違うわ」
第6話

「母になる」

沢尻エリカが母親役をするこのドラマ

小池栄子が誘拐された子供を自分の子のように育てたことを
ついに告白


かけがえのない存在を想う無償の愛

愛から芽生える芯の強さ


ついつい
感情移入しながら見始めてしまい

勝手に

自分に置きかえて

見ています・・・




「母イモになるって
どういうことですか?」

「イモ子さん
あなた
イモを売っているけど
育ててないじゃない?
本当に愛しているって言えるのかしら?」




「ワタシ


母イモになりたい!!!!!!!!!!!」




ついに今年
きらら農園始めます!!!!!

昨年度は
開店直後のバタバタで

畑仕事ができなくて
さつまいも栽培は
契約栽培のみでした。。。

でも
私の中で

「さつまいもを育ててないのに
本当に
愛しているといえるのか?


本当の母イモになれるのか?」


自問自答があり

悩む前にやろう!!!
やりたいと思うことを あれこれ考えるより

「出来ない言い訳」
ではなく
「出来る可能性」を考えよう!!!

今年は畑を借りることにしましたーーーーーーーーーーー!!!!

といっても

とてもとても小さいのですが

機械も道具も全く持っていないので

少しずつ
少しずつ
始めていこうと思います


いろいろな人に相談したら
農楽のbakoさんが「よし、わかった!」と手伝ってくれて

さらに
まりこさんのお父さんやいろいろな方が機械を貸してくれたり、アドバイスしてくれたりしました

本当にありがとうございます!!!

初日は
畝立

なにもない状態から 畑をやることにわくわくします!!!!

あべちゃんは手慣れたもんで
私たち女性スタッフを指示

マルチがけは

私も得意だぞ?

ポーズをとってると

「ものすごく滑稽な図っすね」

あべちゃんが撮ってくれました・・・




きらら農作業スタッフとして
2人が参加

今年の新スタッフ
ゆうこさん

女性陣が
農作業をやりたい!!!
と言ってくれて
すごく私としては嬉しいのです

あっという間に

なんとか自分たちで畝立終了~~~~~~


畑も田んぼも持たないワタシ

農業体験はあっても

それは法人の中の従業員としてすべてお膳立てしてもらった中でやっていただけ



「Rさんは農家ではなく、

ただの農業法人従業員です」

言われた言葉が身にしみる。


今年は
やれるだけやってみよう!!!!

なんといっても

こうして

自分たちの手で

野菜を育てることを楽しもう!!!!

bakoさん
協力してくれたたくさんのみなさん

本当にありがとうございましたーーーーーーーーーーーーー!!!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私にできることは小さなこと... | トップ | 小さいけど いっぱいになり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL