さつまいも農カフェ きらら by 農プロデュース リッツ

「さつまいも農カフェ きらら」は6次産業化proさつまいも子がさつまいもで小千谷を元気に!と願いの込めたお店である。

人は友人の望み通りの人になっていく。望みの高い友人を持とう。

2017-07-17 09:24:23 | さつまいも子のつぶやき


ふーーーかーーーいなぁ


思わず声に出してしまったとある1ページ。

自分の周りを見回してみると

「友」

いる。

年を重ねれば重ねるほど

その大きさと
その偉大さと
その心強さを
思い知る。

自分の周りに
どれだけの人がいるだろう?

目を瞑ったとき

何人の友の顔が浮かぶだろう?

新潟に来て17年。。。

私の周りには素晴らしい「友」がたくさんいて

その「友」のおかげで

私は刺激を受け、磨かれている気がする。

昨日の枝豆早食い選手権

これを思いつき、仕掛けた彼は

やっぱりすごいと思う。

彼は

丸山豊という農業士

新潟県青年農業士長岡ブロック会長

彼からこのイベントを聞いたのは会長就任が決まる直前。
壮大なプロジェクトに
どこまで大きくなるのか
わくわくしたのを覚えている。

彼の想いが膨らんで
彼の熱意に心動かされて

彼の周りに集まる人がどんどん増えていき

1年目の去年も大変注目されていた。

第2回目である
今年。





「青春時代、いつも隣には枝豆があった」
「枝豆は飲み物」などと豪語する、世界中から駆けつけた老若男女約200人が集結。



大成功を収めたのだった。


準備準備に追われたであろうここ数週間。

昨日の夜は
さぞ
ゆっくり眠れただろう。。。

本当に
本当に
すごい人だと
つくづく思った。

彼と同じ時代に
同じ農業界に生きられたこと

心から
神様に感謝したい。

長岡地域の農業青年は熱いぜ

越路地域の農業青年は熱いぜ

枝豆が

落ち着いたら







いよいよ






さつまいもだもんね
(米だろーーーーーーー!!!みんな米農家だーーーーーーー!!!)




そう
丸山豊さんの働くグリーンフィールドさんを始め、越路地域の農家さんは
さつまいもをたくさん作る「おイモだち」



イモ好きに悪い人はいない

枝豆♪

お米♪

さつまいも♪

愛する気持ちは一緒です☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回世界枝豆早食い選手権!... | トップ | 小千谷市大雨被害・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さつまいも子のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL