さつまいも農カフェ きらら by 農プロデュース リッツ

「さつまいも農カフェ きらら」は6次産業化proさつまいも子がさつまいもで小千谷を元気に!と願いの込めたお店である。

農業新聞に「ほっしいも」登場♪

2016-11-07 08:42:24 | 6次産業化プランナーとして
春から

6次産業化プランナーとしてアドバイスさせていただいていた

新潟市のあどばんすさんちと弥次郎農園さんちの
コラボ商品が
ついに完成☆

農業新聞で
大きく紹介していただきましたーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


これぞ
農福連携事業


農家さん・・・生産
障害者施設・・・加工
農プロデュース リッツ・・・販売

それを
チーム化して

商品を作り
販売していく。

とても
素晴らしい事業の構築が出来たと思います!!!


「干しイモ」は新潟県では天日干しでは絶対できないので
乾燥機とコンベクションオーブンを上手に使って
「干しイモ」を仕上げます。

その分
じっくり甘い干しイモができたのです

名前も施設の利用者さんたちが考えてくれたんですよ~~~~~

今回良かったのは
どちらも受身ではなく、自分たちの意見を出し合い、協力し合い

よりよい商品つくりが出来たこと

とーーーーーーーーっても
嬉しく思います

そして
販売・・・に関しては

きららでも
ついに干しイモの販売が始まります!!!!

あどばんすさんちでじっくりおいしく仕上げてくれた干しイモを

さつまいも農カフェきららで販売します!!!!



そして

私の名前まで書いていただいているのにびっくり


起業して一年。。。

さつまいも農カフェきららのオーナーだけど

6次産業化プランナーとしての仕事が本業!

いえるような
仕事を

ひとつ

成し得て

ひとつ

小さな

自信を

持つことが出来ました

本当に
ありがとうございました!!!!!!!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足ぽかクッションキャンペーン中 | トップ | 愛しのmama@cafe~ローズブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6次産業化プランナーとして」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL