ヘッドスパ 頭皮ケア 東京 渋谷 新宿 Ritt's/リッツ ブログ

トータルヘッドケアサロン リッツ/東京新宿・渋谷からのヘッドスパ・頭皮ケアの情報。

【頭皮ケア栄養学】コレステロールと中性脂肪について

2017-05-09 09:14:06 | 頭皮ケア栄養学

ヘッドスパ・頭皮ケアリッツ

 おはようございます。ヘッドスパ・頭皮ケアリッツです。

昨日に引き続き、脂質のお話しです。今日は『コレステロール』について詳しく見ていきましょう。

コレステロールは細胞を覆う膜や、脂肪の消化を助ける酸をつくるのに役立っています。人間のコレステロールの約3分の2は体の中で生成されているんですよ。

以前からよく言われているのが善玉コレステロール悪玉コレステロールの2つ。善玉は『HDL』悪玉は『LDL』で表されます。

なぜLDLは“悪玉”なのか?…LDLは肝臓から全身にコレステロールを分配する役割を持っています。過剰に運びすぎると血管の内壁にコレステロールがくっついてしまい、脳梗塞や心筋梗塞の危険性を高めてしまうからです。

これに対して、HDLはこれらの余ったコレステロールを回収してくれる役割を持っています。こちらが善玉と呼ばれるのはこういう理由なんですね。健康診断ではこれらの数値をよく見かけます。特に中年期以降は注意が必要です。

では、HDLコレステロールを増やす食習慣とは?

中性脂肪(エネルギーとして使いきれなかった余った脂)とHDLコレステロールは相関関係にあります。中性脂肪が増えるとHDLは低下し、HDLが増えると中性脂肪は増加しやすくなります。

●まず、中性脂肪は増やさないこと。健康診断の“TG”トリグリセルドという項目が中性脂肪です。150mg/dl以上は危険値になります。

食生活が大切ですが中でも注目したいのが食物繊維青魚

  

食物繊維は腸の中でコレステロールを吸着して排泄を助けてくれます。
青魚(イワシ・サンマ等)に含まれるEPAは血液中の中性脂肪の増加を抑えてくれます。

●そして、腹八分目に抑えること。
基本的に食べすぎはNGです。空腹を感じているときは中性脂肪が分解されている時。 お腹いっぱいまで食事を摂ると余分なエネルギーを蓄えすぎてしまうことになります。

【頭皮ケア】からは少し話がそれましたが、体内の脂はたまってくると頭皮の毛穴にもつまりが出てきますので、脂の代謝は押さえておきたいポイントです。

今日出てきたEPAは『脂肪酸』と呼ばれるものの一種で、体の中をきれいにするために必要なもの。次回はこの『脂肪酸』について書いていこうと思います。また読んでみて下さいね。

 ★★ご予約はこちらから★★★★★★

ヘッドスパ・頭皮ケアなら東京新宿・渋谷のリッツ
渋谷店03-6418-5075
新宿店03-5909-5676

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ランキング参加中♪ 良ければポチっと押して下さいね★ にほんブログ村 美容ブログ エステ・スパへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【頭皮ケア栄養学】脂質との... | トップ | 【頭皮ケア栄養学】脂肪酸の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL