ヘッドスパ 頭皮ケア 東京 渋谷 新宿 Ritt's/リッツ ブログ

トータルヘッドケアサロン リッツ/東京新宿・渋谷からのヘッドスパ・頭皮ケアの情報。

【頭皮ケア栄養学】鉄分の力☆貧血予防にも◎吸収しやすい鉄とは?

2017-05-19 09:06:34 | 頭皮ケア栄養学

 

ヘッドスパ・頭皮ケアリッツ

 おはようございます。ヘッドスパ・頭皮ケアリッツです。

久し振りの頭皮ケア栄養学。今日は体内の赤血球を作り出す『鉄分』についてです。ミネラルの一種ですが、赤血球の主成分である『ヘモグロビン』をつくるための材料になります。名前はなんとなく聞いたことがありますよね。

●機能鉄、貯蔵鉄、組織鉄について

鉄とヘモグロビンは体内のいろいろな場所に酸素を運ぶ役割を持っています。この鉄のことを『機能鉄』と言います。肺から取り込んだ酸素を全身の細胞に送り届けているんですね。全体の鉄の約60パーセントくらいはこれにあたります。

そして『貯蔵鉄』。これは肝臓や骨髄などに蓄えられていて、出血したときに鉄分が足りなくならないように準備されているものです。いざという時はこれが機能鉄に変わるんですね。

最後に『組織鉄』。全体の10パーセント程度が組織鉄にあたり、これが髪の毛や皮膚、爪などの一部になっています。貧血などにより貯蔵鉄が少なくなると、髪の毛のパサつきや肌荒れなどにつながってくることもあるんですよ。

あまり髪の毛とは馴染みがなさそうな鉄分も、このように関わっていたんですね。

●ヘム鉄と非ヘム鉄について

食品に含まれる鉄分は『ヘム鉄』『非ヘム鉄』に分けられます。その最も大きな違いは体内への吸収力ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収されやすいと言われています。

一般的にヘム鉄は動物性食品(レバー等)非ヘム鉄は植物性食品(ホウレンソウや小松菜、乳製品や卵等)によく含まれます。手軽に不足を補うには動物性食品がおすすめ、植物性の非ヘム鉄でも、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂ると吸収率がアップしますよ。

▲ほうれん草のおひたし・大豆製品などで鉄分の吸収アップ☆

※以前はヒジキが良く鉄分を含んでいると言われていましたが、それは旧来の鉄鍋で製造していた時代の話ですので、現代のようにステンレス製の鍋で作られる場合はそれほど鉄の含有量は多くありません。食品としては栄養価が高いので食べるのは良いことですが、このように鉄製の調理器具が少なくなったことも現代人の鉄分不足の原因の一つと言われています。

特に女性は月経のたびに鉄分が失われていき、成人女性の一日に必要な鉄分:12mg/1日(男性は10mg/1日)が十分にとれていない方が多いです。さらに妊娠・出産の時期は20mgが必要になると言われています。女性は特に鉄分不足になりやすいんですね。

つまり、最初に書いた『貯蔵鉄』が使われてしまいやすい、という事です。髪の毛や肌に影響が出るのは鉄分不足でもありますので、きちんと摂って貧血予防と同時にツヤのある髪や肌をキープしたいですね。

体の中の仕組みが分かっていると、食生活にも変化が出てくるものです。少し見直してみて、鉄分が足りていない・・と思う方、参考にしてみてください

 

 ★★ご予約はこちらから★★★★★★

ヘッドスパ・頭皮ケアなら東京新宿・渋谷のリッツ
渋谷店03-6418-5075
新宿店03-5909-5676

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ランキング参加中♪ 良ければポチっと押して下さいね★ にほんブログ村 美容ブログ エステ・スパへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お友達を紹介してマッサージo... | トップ | 週末はヘッドスパへ☆渋谷店で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL