ヘッドスパ 頭皮ケア 東京 渋谷 新宿 Ritt's/リッツ ブログ

トータルヘッドケアサロン リッツ/東京新宿・渋谷からのヘッドスパ・頭皮ケアの情報。

薄毛・脱毛の2大原因☆“男性ホルモン”と“加齢”について

2017-07-18 08:54:21 | 発毛・育毛

   

 ヘッドスパ・頭皮ケアリッツ

 おはようございます。ヘッドスパ・頭皮ケアリッツです。

気になる頭頂部や生え際の薄毛・抜け毛。これらの脱毛の原因について、何度か触れてきましたが、今回から少し医学的な部分からも見ていきたいと思います。

まず1つ目に押さえておきたいのは“男性ホルモン”によるもの。

男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状は頭頂部や生え際を中心に髪の毛が産毛化し、徐々に地肌が透けるようになってきてしまいます。

男性ホルモンの中のテストステロンが元々頭皮内に存在する5αリダクターゼという酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。これが毛母細胞を攻撃し、脱毛を引き起こします。

▲ジヒドロテストステロンは、脱毛因子“TGF-β”を増やします。これにより、『髪の毛が抜ける信号』が出てしまい抜け毛につながります。

主に男性に起こるものですが、女性にも起こり得ることが分かっています。これはFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。これについては過去の記事も参考になさってみて下さい。

 

そして、もう一つ注目したい原因は“加齢”によるもの。

年齢とともに髪の毛が薄くなる、というのは自然の流れのような気もしますが、それはどうしてなのか? 

これには活性酸素という酸化物質・老化物質が深く関係しています。

▲以前にもこのブログで何度か触れていますが、“体のサビ”とも言われる活性酸素。体内のいろいろな細胞を酸化させて、働きを鈍くさせてしまいます。

この活性酸素は年齢とともにどんどん出やすくなってきます。活性酸素をを除去できる酵素自体が加齢により減少し、消化や代謝も鈍くなってくるために、活性酸素をため込みやすい体になってしまうんですね。

育毛、というと頭や髪の毛に注目しがちですが、加齢による脱毛は体作りからしていくことが大切、というのが分かります。

 

次回から、これらの対策について、このところリッツでも注目している「幹細胞」の話も含めて解説していきたいと思います。いつもより少し難しい話になるかもしれませんが、ぜひご覧になってみて下さい。


 ★★予約はこちらから★★★★★★

 ヘッドスパ・頭皮ケアなら東京新宿・渋谷のリッツ

渋谷店03-6418-5075
新宿店03-5909-5676

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ランキング参加中♪ 良ければポチっと押して下さいね★ にほんブログ村 美容ブログ エステ・スパへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クセ毛で広がりやすい方に☆お... | トップ | 毛根部のバルジ領域に存在す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発毛・育毛」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL