すべてに信念を持て!

2017年03月21日 | 日光十無語録集

人々を見ていると、ただ生活の為に生きている。

この社会環境に甘んじて、何の目標も夢もなく、ただ普段の些末(さまつ。ささいな)事に追われて生きている。

やり甲斐・生き甲斐と言う人生にこだわりもしないでいる。

そんな動物的な生き方が、人間の生き方ではないのでは?

同じ一生涯・人生を生きるならば、目標を持ち、情熱を持ち、そして、信念を持って生きるのが人間ではないでしょうか。

患者様を診ていると、ただ目の前の病気に快癒の結果だけを望み、何ら人生も生活習慣も見直さず、諦めて惰性で生きている人がほとんどであると感じています。

ただ、自分の人生の課題とも知らずに、その課題を乗り越えることもしないでいます。

私は、人生は自分の思い方、考え方次第で、どのようにでも変えることが出来ると思います。

もっと、勇気と元気とやる気を出して、前向きに生きる人生を見出して頂きたいと思います。

 
 < 日光十無のひとこと >
 
日光十無のひとりごと』にアクセス頂きありがとうございます。
記載した文章には「神」、「魂」、「霊」という言葉がありますが、私は宗教家でも霊感師 でもありません。
あくまでも病気の快癒のお手伝いをする「氣功師」です。
この『日光十無のひとりごと』の考え方は全てにおいて、治療家・氣功師としての実践(言行)を伴なった上で語っていることや、独自のインスピレーション(感受)によるものです。
ですから、ご覧になられた方はご自分の解釈と判断を大切にして下さい。
生においては、すべて「自己責任」が原則として輪廻転生して来ているのですから、その考え方が『日光十無のひとりごと』に共鳴されるかどうかは自由なのです。


このブログは、1ページごとに完結した文章で記載しています。
しかし、関連する内容を事後追加掲載させて頂きます。
今、何故このブログを“足らん目”に記載しているかと言うと、このブログをお読みになっている方の意識・考え方・感情というものの自覚をしていただくことが目的だからなのです。
決して、私の自論を誇示するつもりはありません。
私、日光十無は、あくまでも実践治療家の観点から、地球人・人間・日本人(外国人)・社会の人生観・宇宙観を語っているのであり、個人の見解の位置を見極めて頂くことが目的なのです。
即ち、人間は自分を知る為に生まれて来たと言うことです。
その為、他人がいるのです。
その為、他人の存在を認め、
その為、他人の言行が参考(相手は鏡)になるのです。
他人の存在があってこそ人生なのです。
「悟」(さとり)。吾(自分)の心を知ることの為に、少しでもお役に立てればと思い出稿しました。


『日光十無のひとりごと』にコメントを頂きありがとうございます。
このブログへのコメントは仮名にてご投稿ください。
また、ブログについてのご意見は拝聴・拝見させて頂きますが、このブログによる個々への対応は致しかねます。
もし、個々の課題(精神的・肉体的悩みなど)に関する事や、もっと日光十無の話し(講話・セミナー・勉強会・氣功の学びなど)をお聞きになりたい方は、直接下記にご連絡ください。

<連絡先>
癒しの氣功 日光十無(とむ) 那須本院
TEL:0287-48-7377
FAX:0287-48-7375
〒324-0206
栃木県大田原市中野内1825-1
グリ
ーンハートヒルズ内

※ご連絡の際は、本名・年齢・性別・職業・ご住所を明示下さいますようお願い致します。

 

 

 

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は幸せになる為に生まれて来た | トップ | 他人。合って我あり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL