goo

霊場巡り

昨日は本当に良い時間を過ごせました。娘が生まれてからはじめて山形の湯殿山、大日坊、宮城県の秋保大滝不動尊とお参りに行ってきました。

湯殿山ではあいにくの雨でした。しかし即身成仏行人の行場の霊気でそんなことは吹っ飛んでしまいました。道中の参道で先述した学生時代の修行の前に頭そってこいと私達に言われた行者さんとすれ違いました。向こうは多分気づきませんでしたがこうしてすれ違うのもやはり何かのご縁と不思議な思いがしました。私は湯殿山にお参りする前に私は必ず滝で水行をとります。その日は土砂降りで水量もまして冷たい水でしたがなんとか気合いをこめて修行ができました。妻と娘と義母は近くでお祈りしてくれていたのですが、皆傘をさしていても雨でずぶ濡れになっていました。でも気持ちよかったと言ってくれたので安心しました。そして無事湯殿山をお参りをして次は即身成仏の真如海上人さんがお祀りされている大日坊へ。

私は毎日、真如海上人様の御衣が入ったお守りを肌身に身に着けてもっているので六年ぶりということで、お守りはボロボロでした。ようやく新しいお守りと取り換えることができて安心しました。とても優しい御上人の波動にふれて再び気持ちを入れなおして精進していこうと心に決めました。大日坊の仏様も特別な年の御開帳でお参りができて本当によかったです。

そして山形から今度は仙台の秋保大滝に向かいました。ここのお不動さんはお酒を一升お供えすると一生苦労しないという言われがあるので酒屋でお酒を買いました。もう着いた時は四時をまわっていたのですが丈六の立派な鋳造物のお不動様に久しぶりにお参りができて感動しました。義母は秋保のお不動様と不思議なご縁があってたまたま成田山の骨董屋さんで購入したお不動様がここのお不動様のレプリカだったのです。私達はそれからのご縁でお参りに行くようになりました。時間はせまっていましたがマイナスイオン日本一の滝つぼまで行きお参りしました。皆で真剣にお経をあげてお参りをする中、娘はカメラで私達や滝を撮っていました。この場所の撮影は霊気が強くてよくないと感じた私は辞めさせましたが、やはり撮った写真を見てみるとオーブが沢山映り込んでいました。見せられたと思い気持ちは悪くなかったですが、すべて消去しました。そして駐車場についた頃にはもう暗くなっていました。

それから帰途につき、途中安達太良のサービスエリアで夕食をとりました。八宝菜の中華定食がとてもおいしかったです。
娘はテンション高くずーとしゃべり続けていました。子供にこうした霊場巡りをさせられてとてもよかったです。残念なのはせっかく大日坊で買った子供腕輪念誦を娘が失くしてしまったことですが、厄落としと思えばすれはそれで良かったと思います。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« ゲームから 心の風 »
 
コメント
 
 
 
Unknown ()
2016-10-14 00:37:02
ご家族で霊場巡り、とってもいいですね。羨ましいです。私も行ってみたいのですが、願望ばかりでなかなか実現しません。
御朱印張がいっぱいになるくらい、巡るのが夢です。
昨日ニュースで、御朱印がネット上で売買されているとやっていました。なんだかとっても残念で悲しい気持ちになりました。人それぞれ、考え方も捉え方も違うので一概にはいえないのですが…。
やはり自分の足で行き、頂きたいものです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。