goo

そこに「愛」があるか。

昨日は久しぶりのお休みだったので張り切って走りすぎました。いままでそれほど足を痛めたことはないのですが、今日調子づいてタイムトライアルしたら完全にアウトになってしまいました。
難しいです。調子がいい時はこれはいけると思えるのですが、そうでないと悪循環におちいってしまいます。やはり流れみたいなものがあるような気がします。

スポーツでもそうです。よく野球解説者が「流れが〇〇(チーム)に来ています」、なんてコメントします。ピッチャーも前の回までパーフェクトだったのにも関わらず不用意な一投が突然崩れだす。そうなるとまるで流れを失った船のように別人のような投球に変わりだします。

世間の流れもそうです。昨日まではまるでそれが正当なものだと思われていたものがあることをきっかけにすべてが信じるにたらないもののように思えてきて最終的には世の中から否定されたものになってしまう。

でもよーく考えるとそうなる前とそうなる後ではほとんどその本質が変わっていないのです。つまり普通に今まで通りにしていたのにも関わらず、ある時いきなりそれが受け入れられなくなってしまう。とうの本人はあまりにもその幅がありすぎて能力でその振り子をおさえられずに自分の意に反してふりまわされてしまうのです。

それを考えると周りの先入観とはおそろしいものでどう大衆心理を操作するかでいくらでも世の中の流れを操作できてしまうということになります。それを操作する側と操作される側も「思い込み」という単純な人間の心理のみで大きな世の中の流れをつくってしまうのです。

ただ「思い込み」の加速はその先に何があるべきかでその勢いが変わってきます。「怒り」や「罵倒」も何に信念をもつかでその意味に違いがでてくるの同じです。
聖書を読むと必ず「愛」があるか、ないかと行動の基準に「愛」をかかげます。私たちの心理の先にも「愛」があるか、ないかが試されているようにも感じます。

今ちまたにあふれる情報の中で本当にこの国を愛し、国土を愛し、人民を愛する判断の上での情報は何なのか「思い込み」から抜け出し、自分自身で考え切らなくてはなりません。昨日伝えたことと、今日伝えることがコロコロ変わるようなご都合主義の「刷り込み」からは距離を置かなくてはいけないのです。

また自分自身もそう。勝手な自分に対する判断はいったいその先に何を求めてのものなのかをよーく考えなくてはいけません。その為にはいつも自分自身の感ピューターを磨き続けなくてはならないのです。そこに「愛」があるかです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 後悔先に立たず 愛おしい »
 
コメント
 
 
 
 (kojikoji)
2017-07-11 16:12:06
インターステラーという映画を借りてきて観ました。(観るのは2回目なのです)
宇宙に移住先を探す旅に出る壮大なSFです。(ちょっと簡単に言い過ぎですが)
その中で、宇宙は謎に包まれていて目に見えない何かに力を感じる。私は愛を感じる。これこそ人間がまだ理解していない未知の力なのではないか。(これも簡単に言い過ぎですが)ざっとこのような事を言っていました。愛は本当にまだ計り知れない可能性を持っているのかもしれないですよね。
私も愛を持って過ごしていきたいです。
 
 
 
 (麗華)
2017-07-12 00:11:12
人が生きていく上で一番大切な事だと思いました。

親と子の純粋な愛。教師と生徒の信頼の愛。夫と妻の絆の愛。

今日、とっても愛を感じる出来事がありました。コンビ愛です。相方を気づかう心にとても感動しました。

blogのコメントには程遠いと思いましたが、心温まる出来事でした。

本日(7/11)も1日お疲れ様でございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。